2018年7月23日 (月)

フェスタ

ブラジル北東部海岸のアカラウ(ACARAU)に来て、3日になります。 南緯2.5度、人口約2万人の田舎町です。

017pukipuki町の中心地。 まあ、今のところ、本当に何にもない町って感じ。 まあ、ぼちぼち探索します。 まずは、地元の食べ物からですかな。

036pukipukiちょうど仕事先の会社のオーナーの誕生日だったので、土曜日はパーティに参加してきました。 パーティーは、ポルトガル語でフェスタ(FESTA)と言います。 スペイン語では、フィエスタ(FIESTA)。 たいていの言葉が、似てるけど微妙に違うのよね。

町の有数のお金持ちのフェスタです。 生演奏があり、招待客は100人以上です。

068pukipuki邸宅には、プールもあります。

071g豪華なシャンデリアがあるダイニング。 奥にはレストランばりの装備のキッチンがあります。

044pukipukiパーティもたけなわになって、大勢がダンスしてるところに、ぶう~んとドローンが飛んできた。 やばい隠れろ、敵対組織の襲撃だ、なんで慌てたのはOTTOおじさんだけでしたな。 フェスタの撮影のために、息子さんが飛ばしたのでした。 ブラジルは、平和なようです。

016pukipukiメキシコの庶民にはとても食べられないご馳走もたくさんいただきました。

021pukipuki炭火でじっくり焼いた塩味の肉やソーセージの美味しいこと。 こいつを10本も食うと、さすがにお腹が張ります。

ところで、ブラジルって言えば、シュラスコが有名ですね。 でかい肉の塊を、ボーイさんが切ってくれるやつ。 でもね、じつは肉を焼いたのなら、なんでもシュラスコって言うのね。 焼肉の総称がシュラスコです。 だから、この肉串もシュラスコです。

フェスタは、特に何の紹介やセレモニーもなく、ただ食べ物と飲み物がドカンとあって、楽隊が音楽を奏で、みんな好きにやってくれ方式です、メキシコと同じですね。 OTTOおじさんが唯一の東洋人だったんですが、特に珍しがられるでもなくで居心地は良かったです。 ただね、ポルトガル語がわから~ん。 それで、初めは黙々と食い続けてたんですがね。 飲めないOTTOおじさんですが、じっくり時間をかけてビールの小瓶を2本飲んでそれなりにハイになり、傍に来た人にスペイン語で話かけ、向こうはポルトガル語で答え、お互い半分も分からないままぎゃははと肩を叩き合って、なんてことを延々とやってました。 フィエスタ嫌いのOTTOおじさんが、薄暗くなるまでいましたよ、なんと3時間半も。 楽しかったです。 さて、仕事、頑張らなきゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

常夏から常夏へ

003pukipuki_2常夏の、その真夏のさなかのテアカパンを逃れて、今日から出張です。 と言っても、行先は赤道直下なんですけどね。 でも、テアカパンより過ごし易いと思う。 たぶんね。

今回は田舎町に3週間近く居ることになりそうです。 田舎町、大好きです。 庶民が普段食べてるものを食べ、同じ空気を吸い。 一緒に汗を流し。 素敵な旅になればいいな。

旅先から更新しますので、どうかよろしくです。 それでは、張り切って行ってきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

雨季の実り

暑い日が続いてます。 テアカパンの夏と、神戸あたりの夏と、どっちが暑いんでしょうかね? 僕は案外に、今の日本の夏のほうが暑くて過ごしにくいんじゃないかと思う。 でもこちらの夏は長丁場でしてね。 5月から10月は確実に毎日30度越えだし、6月から9月はずっと熱帯夜。 湿気むんむんの雨季の今は、最低気温ですら30度近い。 そう、ここでは夏来たりなば秋遠からじ、じゃないんですよね。 まだまだ3か月以上の酷暑です。 まあ、熱帯の楽園ですからね、よしとしましょう。

そんな真夏日のもと、庭の果樹たち、たわわに実を着けてます。

013pukipukiマンゴー。 これは、優良品種のキーツ種です。 今年はやや外れ年ですが、20個ほどの大玉が成ってます。 去年は60個ほど採れたんだけどね。 まあ、これぐらいが重宝できてちょうどいいかもしれません。 8月に入れば熟れはじめます。

003pukipukiこれは、マチェテっていう品種のマンゴー。 やや小ぶりで、熱帯果の香りむんむんで、濃厚なんだけど癖がある味。 ごらんのように、凄い成り様。 ジュースとか氷菓にすれば最高なんですが、毎年ほとんど利用せずに腐らせちゃいます。 マンゴーはどこにでもあって下手をするとゴミ扱いでして、貰ってくれる人もいないしね。

019pukipukiアボカド。 これも今年は外れ年。 去年は200個、今年は20個ほどです。 でも、数が少ないほど、大玉で美味しい実になるような気がする。 熟期は9月10月です。

008pukipukiトケイソウの実。 パッションフルーツですな。 そろそろ熟れ時で、美味しいジュースが飲めるかな?

022pukipukiライムも静かに鈴生りです。

連中、テアカパンの夏が大好きみたいです、羨ましい限り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

何の花?、何の実?

018pukipuki我が家の庭に咲いてるこの花。 さて、何の花でしょう?

これはね、グァナバナ(GUANABANA)っていう果物の花です。 学名Annona muricata 中南米原産で、世界中の熱帯地方で、広く栽培されてます。 以前に記事にしていますので、ご覧ください。 http://teacapan.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-2.html

013pukipukiこの植物、普通に枝先に花が咲き実が成るんですが、こんなふうに幹から直接花が咲くこともあります。 そしてそのまま大きな実が成ることもよくある。 変な植物ですね。

003pukipukiさて、これはご近所の庭にあります。 何だと思います、この実?

これはね、カシューナッツの実です。 右側の灰色のところが、おなじみのナッツの部分です。

カシューは、南米北部原産で、ブラジル海岸地方では、野山にたくさん自生していました。

ではね、この実、どちら側が上だと思いますか? 正解は、左側。 ナッツのほうを下にして、リンゴみたいにぶら下がって成ってます。 黄色い部分はカシュ―アップルと言って、果物みたいに食べられる。 臭いも癖もあるけど、強いて言えば洋ナシを渋く酸っぱくしたような味かな。 南国情緒は大いにあります。 まあ好んで食べようとは思わないけど。

熱帯地方には、変わった植物がありますね。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

花の宴

003pukipuki_2何度か雷雨があって、野山はすっかり緑になりました。 若葉萌え、生き物たちが生まれ育つ、雨季到来ですな。 湿気むんむん、蒸風呂のような暑気。

003pukipuki_3我が家のゴールデンシャワー。 やや盛りを過ぎて、落花さかんの風情です。

001pukipuki今朝は掃除はやめ。 花の絨毯の上にテーブルをセットしました。

うはは、なかなか豪勢。 \(^o^)/

たくさんお客が来るかと期待したんですが、いつもより少なめでした。 それにね、きれいですね、なんて言ってくれるかと待ってたんですが、どうして掃除してないの、病気でもしたの、なんて言われる始末。 ひらひら落ちる花弁がうざいのか、ここのテーブルには誰も座ってくれないし。

しかたがないなぁ、明後日の休日には、一人で花の宴と行きますかな。 コカコーラとタマレスが良いかな? w(゚o゚)w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

夕方の雲

017pukipuki夕暮れの、テアカパン。 我が家の前からの景色です。 雨季の空模様で雲が綺麗。 椰子の木立の向こうは海です。 夕日を見るのには最高ですが、今日は海には行かず、庭で雲を眺めていた。

さて、Wカップ、日本、残念でした。 選手全員が素晴らしい集中力で、持てる力を出し切りましたかね。 展開もハマったんですが、それでも勝てなかった。 でね、本田選手の最後のコーナーキックが疑問視されてるとか。 確かにキーパーにキャッチされ、期を見て敏なりのベルギーに狙い澄ましたカウンターを食らって負けたんですが。 しかしね、延長戦に持ち込んだとしても体躯と実力に勝る相手、日本はもう体力も気力も限界状態、30分を打ち合って勝ち目は薄く、たとえ引いて守ってもPKに持ち込むのすら不可能に近かったと思う。 あの惜しくもブロックされたシュート、フリーキック、そしてコーナーキックは、決めきるしかない状況での乾坤一擲の勝負だったかと。 思うに、もし引くなら2点目を取った時点じゃなかったですかね? それこそ、あの時点でガチガチに引いて守りに入って回してあらゆる手段でマリーシアでぐずぐず時間を食い潰すのが定石で、どんな露骨な時間稼ぎをしても誰も叩きはしなかったはず。 その辺は、前戦が影響してたんじゃないかと。 僕は監督の采配ミスだと思う。 千載一遇のチャンスを逃してしまいました。 一方メキシコは完敗。 前半は良く動けててワンチャンスを決めればもしかしてと見てましたが、後半は一方的でした。 まあ、お互い、次ですね。 4年後ですか...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月30日 (土)

白いアマガエル

011pukipuki白い、アマガエルちゃん。

この子、ここ2週間ほど、昼間はずっとここ、僕の長靴の下の錆びた鉄格子の上にいます。 夜にはいなくなるんですが、台所の電燈の下に陣取って羽虫をぱくりと食ってる、鮮緑色のやつがそうじゃないかと思ってます。

アマガエルの変色能力って相当なものでしてね。 夜はたいてい緑になるんですが、昼間は環境によって変わる。 ほとんど純白から、灰色、くすんだ薄黄色、茶色、いろんな色調の緑、ほとんど黒に近い緑まで。 でもね、不可能な色調はあるようで。 この錆びた鉄格子の明るい茶色は無理なようです。 それで、白にまだら模様を散らすってことにしたようです。 頑張りましたな。 白って良いですね。 でも、もっと簡単に保護色ができる場所があるでしょうにね。 

さて、この日曜日は、メキシコの大統領選挙です。 左派のロペス・オブラドール氏の優勢が伝えられてます。 対立候補者たちは、オブラドールへの攻撃、中傷に躍起になってます。 極左、反グローバル主義者、民族主義者...、実際そうなのかもしれない。 国営化が進み、市場は閉鎖され経済活動は制限され外国企業は撤退し...、懸念は大いにあります、でもそれら自体は必ずしも悪い事でもない。 反米、反トランプ、アメリカとの対立が深まり、世界から孤立し、通貨も経済も壊滅し、ベネズエラの二の舞になる...、でもね、たとえそうであっても、長年の現与党や保守政党の支配で売国を重ねた末に経済はガタガタ、治安は悪化するばかり、汚職は蔓延し悪貨が良貨を駆逐し尽くし、淫靡な空気に染まりきっている今のメキシコ。 失うものがあるのかって。

正義と風雲を夢見る若者たちを託せる国になるように。 将来に希望を持てる国になるように。 今は苦しくてもね。 

メキシコ国民の勇気ある選択を期待します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

蒸しイモ

016pukipuki道路脇で、サツマイモを売っていました。

メキシコでは、サツマイモのことを、カモテ(CAMOTE)と言います。 メキシコシティとか中央高地では、煙突付きの蒸焼き窯を引いて、ピィーと蒸気で笛を鳴らしながら売って歩く焼き芋売りが、冬場には辻々にいるとか。 砂糖漬けにしたのに、牛乳をかけて食べたりとかもするそうな。

でも、僕が住むシナロアでは、あんまり一般的じゃないです。 八百屋にはめったにおいてないし、スーパーでも古くなって干からびかけたのが、ちょこっとあるだけ、それに、けっこう高いし。

017pukipukiこのサツマイモ、1キロ10ペソ(60円ぐらい)。 売り子のお兄さんのご家族が、栽培してるそうです。 なるほど、どうりで安くて新鮮。 3キロほど買いました。 いやぁ、久しぶりのサツマイモ、何年ぶりだろう(大げさですが、本当にそうなんです)。    

073pukipukiさっそく、蒸しイモにしました。 と言っても、水洗いして、濡れたままをビニール袋に入れて、電子レンジでチンして蒸らしただけなんですけどね。

ところで、このサツマイモ、中身がオレンジ色をしていますね。 サツマイモにも、ほとんど白から黄色、オレンジ色、ムラサキがかったのとか、いろんな色のがあります。

ほっこりと頬張れば、おお、懐かしの味。 ホクホク、美味しい~。

僕が子供の頃(日本での話です)、よく父が蒸しイモを作ってくれたっけ。 それがね、蒸し方なのか、イモの質なのか、ホクホクだったり、べチャベチャだったり。 で、僕たちは、ホクホクイモを栗イモ、べちゃべちゃなのを、びんちゃイモって呼んでいた。

父が、今日はびんちゃか栗イモか~、なんて謡いながら、蒸釜から大皿にあける。 湯気が乾き始めた芋を、あちちと持って、ポンと二つに折って、頬張る父。 息を呑んで見守る、幼いOTTO少年と兄。 はい、大当たり~、栗イモ、一等賞~。 やった~。 歓声を上げる僕たち。 おどけた父の顔。

こうして蒸しイモを頬張ると、役者のような父の声までが、聞こえるようだ。

...50年も前のこと...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

危険手当

008pukipuki雨雲迫る、エスクィナパの教会。 ゴロゴロと遠雷が聞こえ、ひんやりした風が街路樹を揺らす。

おや、ドームの上に、何やら動くものが。

008pukipukisssよく見ると、人影が2つ。 ペンキを塗ってるようです。

頑張ってますな。 命綱もなしで。 

牧師さん、こりゃ、危険手当、相当はずんむんでしょうね。 いえいえ、神様がお支払いになりますから。 う~、ブラック~(^-^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

ビフォー、アフター

036pukipuki_2我が家の前の、金の雨。

日本名では、ナンバンサイカチっていう木なんですがね。 こちらでは、ユビア・デ・オロと言います。 英名、ゴールデンシャワー。 訳せば、金の雨。 雨季の走りの頃に満開になる木でして、こんなふうに枝いっぱいに花を咲かせる。 まさに金の雨の風情です。

034pukipuki掃除しても、掃除しても、毎朝こんな具合。 なかなか見事な、落花の絨毯。

050pukipuki掃除完了! やれやれ。 どうだ、きれいになったぞ。

しかし...。 う~ん、掃除しない方が良かったかもしれませんな。 貴方はビフォーとアフター、どちらがお好みですか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«恵みの雨