2017年10月18日 (水)

草刈り

023pukipukiここ3日ばかり、いい天気です。 今日なんて、朝から雲一つない青空。 10月も半ばになり、やっと完全に雨季は過ぎ去ったようです。

今年はしつこく雨が降ったもんで、裏の空き地の雑草は伸び放題。 いつも喧嘩ばっかりしてる家内と顔を見合わせ、そろそろやるか?

得物は、ちっちゃなストリング式のガソリンエンジンの草刈り機です。 ほら、鉄の歯じゃなくて、プラスティックのヒモが回って刈るやつね。

軽快なエンジン音と振動の中、ぶんぶん草をなぎ倒していく。 草刈りってなかなか楽しい。 ただし、機械の調子が良くて、草が伸びすぎてなくて、それから気候が暑すぎない場合は、ですかね。

雑草どもは育ちすぎて木質化してるし、蔓草もあって軸に絡まり、機械は頻繁に止まる。 そのうちオーバービートなのか、エンジンがかからなくなる。 始動紐をプルンプルン引きすぎて手の平に水膨れができる。 気温はまだまだ気温は30℃。

もうダメ、止めたっと。 結局、1/5も終わらないうちにギブアップです。 まあ良いや、もう少し涼しくなってから、ぼちぼちやろっと。 今年中に終わればいいや、ぎゃはは(*^-^)。

017pukipukiエンジン音に浮かれて、こんな強面のヘビちゃんが這い出してきました。 いらっしゃいませ~。 こういう来客は、大歓迎です。

020pukipuki長さ50cmほどの小さな子ですが、ツチノコみたいに胴太で頭がくびれ、いかにも毒蛇風です。 なんというヘビですかね?

027pukipukiこんな、きれいな花も咲いています。 刈ってしまうのが惜しいですな。 と言うか、今日はそこまで到達できなかったんですけどね。 思う存分、咲かせてあげましょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

風に吹かれて想うこと

097pukipuki10月12日は、民族の日(DIA DE LA RAZA)だったんで、ほんの4日間ですが、町の大学に通う上の息子が帰省していました。 コロンブスがアメリカ大陸を発見した日でして、ラテンアメリカでは祝日になっている国が多いんです。 たった140kmの距離です、バスを乗り継いで4時間なんですけどね。

海洋生物学を専攻する息子。 赤ん坊のころから肩に乗せてフィールドに連れ出し、ともに海浜や野山を探索した、僕の分身です。 4339mのコリマ雪山にも、一緒に登ったっけ。

さっそく浜に繰り出し、週末は隣州の山村へ。

大学の研究を目を輝かせて話し、貝や甲殻類をすらすら学名で言うのに、僕はたじたじで。 逞しくなりました。

卒業したら、どうするんだ? いい仕事有りそうか?

いや、すぐに仕事には就かないで、あちこち旅してみたい。

おいおい、お金、どうするんだ? 外国にも行くんだろ?

ほら、行商っていうのかな、車で物を売りながら旅してる人っているじゃん? ああいうのって、どうかな?

...(○゚ε゚○)...

思えばね、僕も学生の頃、そんなことを考えたっけ。 初めてできた、恋人と呼んでも良いようなコと、ヒッピーみたいにして、世界を旅できればって。 けっこう真剣だった。 畳に世界地図を広げて、肩を寄せて、頬杖ついて、指で辿り...。 下宿部屋の窓から秋の夕日が射し、鉄道線路にセイタカアワダチソウが群れ咲いていた。 あれは、遠い日の、やっぱり秋の日。

もちろん夢はかなわず、あのコは家業を継ぎ、僕は田舎町の大学院に残り、そしてアメリカへ行った。

息子の夢を、かなえてあげたい気もします。

こうして束の間を、昔のように一緒に、夢のような時を過ごしている息子。 もうすぐ、もっと遠くへ行ってしまう。

そして、やがて僕も、遠いところへ行く...。

でもね、息子を送り、荒野のバス停で、一人で空を眺めているとね、それが終わりではなく、始まりでもないような気がしたのね。 何も終わらず、何も変わらず、全ては巡り、いつまでも...、そんな気がしたのね。

野花咲き乱れ、千切れ雲飛ぶ、10月の荒野の、透き通った風の中で、想ったこと...。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

秋というのに

032pukipuki白花のツユクサの仲間。

シナロア南部では、白花は原野に多い。 青花のツユクサは、町の道端や空地で見られる。 白花が在来種で、青花は移入種じゃないかと思っています。

004pukipuki今年は、10月も半ばだと言うのに、いまだに雨季の様相です。 午後には東のシエラマドレ山脈にこんな雲が沸き立ち。 夕方には空いっぱいに崩れ、夜半には激しい雷雨になる。 いつもの年なら、10月の声を聞けば、秋空が広がるのに。

035pukipuki我が家の横の空地。 しつこく雨が降るもんで、雑草が凄い茂り様。 立ったままで、楽々とかくれんぼができます。 全身藪蚊に刺され、引っ付き虫だらけになりますけどね。

011pukipkui午後の浜には、人影なし。 足跡一つなし。 秋の海...。

11年愛用していた、キャノンのバカチョンデジカメを、3週間前に海に落としてオシャカにしました。 安物だったけど、遠くに行ってしまった父ちゃん母ちゃんが、あいやテレビ付きのカメラだんべ、と目を丸くした思い出のカメラ。 どこへ行くにも一緒だったのに。 それで、携帯では写真を撮る気になれず、ブログの更新も減ってました。 そろそろ元気出して行きます。 そう、秋だもんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

貧窮問答

105まだまだ暑い南シナロア、昼間は軽く30℃越え、夜には雷雨。 雨季のままです。 数年前までは、10月の声を聞けば、暑いなりにも秋空が広がったんですがね。

さて、シナロアの10月は、エビ漁の季節。 ところが、今年も不漁です。 原因はいろいろ言われてますが、なんとなく分かるんですよね。 僕がテアカパンを知ったのは、20年ばかり前のこと。 あの頃はね、村も原野も雨季には汽水の湿地になって、生き物の氾濫だった。 カエルやトンボや水生昆虫や小魚や。 凄い数の水鳥が群れ、小亀やヘビやイグアナがうじゃうじゃ現れた。 それがね、農薬をじゃんじゃん使う大規模農業の耕作地や、抗生物質や消毒剤をまき散らすエビの養殖場がどんどん増えて、原野や湿地は消えて行き。 もう生き物の氾濫は見られない。 だんだんエビが獲れなくなっていくのと、見事に重なるんだな。 そして魚も獲れなくなった。 雨季には湿地になったあの原野は、生き物たちの揺りかごだったんだ。

001pukipuki今朝は、漁師のアミーゴ、ロビンさんの濁声に起こされる。

おいOTTO、まだおねんねか? サワラを買え。

あれれロビン、エビ漁じゃないの?

ダメだ、昨日も一昨日も、15キロしか獲れねぇ。 ガソリン代を引いたら残らないんだよ。 サワラはすぐそこだからな。 ほれ、ぴんぴんだ、買え。

ところがですな、サワラのなんと小さい事。 頭を入れて25cmぐらいしかない。

なにこれ、イワシサイズじゃん。 だめだよ、こんな小っちゃいの獲ったら。 ロビン、前に言ってたじゃん、大きくなるまで待つんだって。

待ってる間、何を獲るんだ? 他にいないんだよ。 子供の制服と帳面代がいるんだ、買え!

先月はサメが来てたじゃない、ロビンはお金を持ったら無くなるまで働かないんだから。

金があるのに、誰が働くかい? がたがた言わずに、買え!

...(○゚ε゚○)...

という訳で、キロ25ペソで、4キロ買いました。

しっかしOTTOは絶対に余分な金は払わねえな、サワラの浜値は30ペソだぜ、足元見やがって。

だって、こんなに小さいじゃん。 脂全然乗ってないよ。

どうせセビチェにするんだろ、小さくても同じだよ、っつたく。

いやぁロビン、こっちも子供が4人いてね、楽じゃないのさ、悪いね。

買ってやったのに不機嫌なロビンさんです(^-^;。

005pukipukiそうだロビン、バナナがあるよ、昨日切り落としたんだ、持って行く?

汚ねぇバナナだな。

雨続きだからしょうがないよ、味は同じだよ、採りたての完熟だよ。

しかたねぇな、じゃあ貰ってやるか。

口では罵りながらも、やっと笑顔になって、バナナの房を担いで去っていくロビンさん。 やれやれ( ^ω^ )。

002pukipukiさっそくセビチェ、作りました。 やっぱり脂の乗りが足りず、味はいまいちでした。 まあ、仕方ないですな。 苦しい時は、助け合わないとね。

いつの日にか、あの豊饒な日々が、また訪れますように...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

ロンリーアゲイン

024pukipuki本日の夕食。 豚野菜炒め。 サワラの酢絞め。 一人御飯です。 土曜日なのにね。

上の息子たち3人が町の大学で下宿。 テアカパンに残るは、8歳の末娘とカアチャンのみ。 今日はオバサン会でお出かけ。 女子会と言わんかい、ですか? はいはい┐(´-`)┌。 ...キーッ。

一人分の量を作るのって、けっこう難しい。 ついつい作りすぎて、満腹を通り越して拷問状態まで食う羽目になる。 だんだん慣れてきました。 今日は適量、腹9分半。 腹8分までにしなきゃね。

020pukipuki夕方、海に出ました。 このごろ、投網漁も、いつも一人です。 

001pukipuki_2獲物は、この子。 マナガツオやコバンアジの仲間。 たぶん、Paloma Pampano, Trachinotus paitensis

30cmほどの良い型です。 一匹だけですが、十分です。 魚食いの上の息子と娘がいなくなっちゃって、生魚はOTTOおじさんだけですから。 明日は、丸々刺身にして、独占です。 美味しいぞ~。 子供たちと取り合いしたのが懐かしくて、ちょっと寂しい気持ちですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

雨季の鳥

004pukipukiここ3日ほど、雨模様。 今日は豆ハリケーン、ピラールが直撃。 まあ、日本で言えば、ちっちゃな熱低です。 ところが今日は南シナロアの小中学校は休校。 情けないなぁ。

と思いきや、豆とは言え、やはりハリケーン。 朝の9時から2時間ほどは凄い雨。 あっという間に雨水が押し寄せ、我が家は今季4度目の浸水です。 お見逸れしました、双葉より芳しでしたな。

008pukipuki実は今回はね、度重なる浸水に業を煮やして、準備万端でした。 ほらね、ドアの前に土嚢が積んであるでしょ。

土嚢と言っても、古靴下に土を詰めただけなんですが、濁流が流れ込むのはこれでストップできました。  助かりました、お蔭で部分浸水ですみました。 

シナロアでは、6月から10月いっぱいがハリケーンのシーズンです。 あと2,3発、来るかもしれません。

001pukipukiさて、テアカパン村が、元の湿地帯に戻ってしまう雨季は、多くの鳥たちの繁殖シーズンです。

これは、ミノゴイ、Nyctanassa violacea。 留鳥ですが、雨季に湿地や海岸沿いにコロニーを作り、主に椰子の木に営巣する。

102pukipuki1こちらは、シナロアでピチウイラ(PICHIHUILA)と呼ばれてる鳥。 Dendrocygna autumnales、英名ホイスリングダッグ。 一応和名もあって、アカハシリュウキュウガモとなってます。 しかしながら、生息域は南北アメリカの熱帯、亜熱帯域です。

ご覧のように鴨の仲間ですが、足も首も雁のように長いのが特徴です。

雨季間近の5月に現れ、主に落雷で枯死した椰子の木の幹に巣を作り(写真)、11月には姿を消す、雨季の鳥です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

願い事

012pukipukiメキシコは、また地震。 

僕の住む、シナロアは大丈夫でした。 真昼間でしたが、全然揺れず。 携帯に入ったニュースを見て、びっくりです。 メキシコシティを中心に、すでに死者、数百人。 怖いです。

うちのほうの海岸線の地形は、巨大ハリケーンとか、大洪水とか、大地震や大津波で、数百年以上のスパンですが、大きく変動し続けているそうです。 いずれは、大きなのが来るってことですな。 大津波なんぞが来たら、標高3mの砂州の半島にあるテアカパン村は、消滅してしまうでしょうな。

まあもし、その時に当たったら、愛ネコどもと一緒に、ネコ天使たちに導かれて、ラ・グロリアの光の道を通って、天に行くんだもんね。 よし、日頃から、ネコ達をうんと可愛がっておこう...、それで、合ってますかね?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

アリアケカズラ

015pukipuki我が家の、アリアケカズラ。

黄色い花がそうです。 紫のは、近縁種のムラサキアリアケカズラ。 色違いではなく、別種です。

008pukipukiキョウチクトウ科アマランダ属。

蔓性ですが、にょろにょろ伸びるのではなくて、丈夫な小枝が長く伸びるって感じです。

010pukipuki10cm以上ある、大きな花。

鮮やかな黄色と、ややぼってりとした花弁が、いかにも熱帯花って感じ。

011pukipuki熱帯性の植物で、僕はテアカパンで初めてこの花を見た。 もう、20年以上も前のことだ。 うわぁ、きれい。 おお、とうとう憧れの熱帯に来たぞ。 凄く感動した。

で、とうとうテアカパンに家を買って、いちばんに植えたのがこのアリアケカズラだった。 ところがですな、この植物の成長が遅い事。 大事に育ててるのに、年に30cmほどしか伸びないのね、蔓のくせに。 花も一向に着かない。

初花が咲いたのは、もう忘れかけた頃、確か5年目だったと思う。

今年でテアカパンに移って12年になるんだけど、やっとそこそこの花着きで、格好がついてきたって感じ。

012pukipouki外の空地側から見たところ。 あれあれ、こんもり繁って、花もたくさん咲いてる。 だいたい蔓植物って、フェンスに這わせると、外側のほうが綺麗に咲くんですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

成り過ぎのアボカド

028pukipuki我が家の、アボカドの木。 実生で、推定樹齢14年。 テアカパンに来て、このあばら家を買った時には、膝ぐらいの幼苗でした。 今では高さ7m。 もう成木ですね。

今年は、成り年でしてね。 200個以上の実が成ってます。

017pukipoukiメキシコ在来種系で、皮がつるつる、熟しても緑のままのタイプです。 一個で500grを超える大玉種。 もうそろそろ、採りはじめてもいいかな。 11月末まで、毎日食べ放題です。

味は、日本に出回ってるハス種に比べて、脂肪が少なめで、やや淡泊。 ダイエット系ですかね。 それから、切ってからほとんど黒くならない。 だから、きれいな緑の、サラダやワカモレソースができます。

018pukipukiアボカドって、根の張りが悪くて、ハリケーンの風で倒れることが多い。 それで、下枝を延ばさせてバランスをとってるんですが、鈴生りの実の重さで枝がしなって、地面に付きそうになりました。 放っておくと、枝が折れるか、実が地面に付いて腐る。 ご覧のように、つっかえ棒を入れました。 やれやれ。 

020pukiupkiほらね。 まさに鈴生り。 この枝だけで、20個以上なってますから、総重量は10キロ以上。 枝がしなうわけです。 成り過ぎや~。

めでたいんですが、アボカドは隔年結実でしてね。 来年はたぶん、葉っぱばっかり。 ほどほどにして、毎年成ってくれればいいのに。 何事も、こちらの都合通りには行かないもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

9月の夕空

005pukipuki9月になって、ほらね、空が澄んできたの、分かります?

001pukipuki_2まだまだ暑くって、昼間は優に30度越え。 でもね、何かが違う。 雲の形も、夏秋混在ですが、優しくなって。 

004pukipuki夕日の眩しさ。 雲の影さえ、くっきり。

010pukipuki千切れ雲たち、天駈ける。

こんな夕空を、毎日見たくって。 何もかも、うっちゃって、46歳の時に、シナロアの、海辺の村に、隠遁しました。 ええ、それだけのためにです。 あれから13年。 毎日、夕空を眺めてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«9月だよ