2018年11月11日 (日)

僕のまほろば

005pukipuki


012pukipuki_2


025pukipuki南シナロアは、僕のまほろば。 いつでも幸せです。

インターネットが無い生活になって、19日になります。 いつ繋がるか、わからない。 たぶん最低、あと一週間はダメでしょう。 2~3日に一回、隣町のエスクィナパに来てます。 仕事には支障をきたして迷惑をかけてるんですが、ネットのない生活って、なかなか良いもんです。 ケーブルTVもダメなんで、夜なんて時間がたっぷりある。 久しぶりに、童話なんて書いてました。 ネットが繋がったら、ぼつぼつ公開しますね。 ではまた。 OTTO.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

エコパラダイス再興開始

OTTOおじさんのエコパラダイスレストラン。 14年丹精して木々は育ち、熱帯植物園のようだったのが、今回のハリケーンで壊滅してしまいました。 パラパ(椰子の葉の屋根)もバラバラになって消滅した。

やっと掃除が終わって、まずは店を開けないとまさに飯の食い上げです。 何もなくなってしまったパティオ、日蔭が必要です。 しかし、パラパを建て直す金も気力も無い。 それで、椰子の葉っぱの簡易日除けを作りました。

012pukipukiそこいらに倒れている椰子の木から、マチェテで葉っぱを切り落として集める。 約80枚。

013pukipuki葉っぱを半分に裂きます。

009pukipuki半分に裂いた葉っぱを、瓦状に重ねて並べます。

006pukipuki下から見たところ。 葉柄が並んで、なかなか綺麗。 上手く行ってます。

003pukipuki出来上がりました。 何とか体裁が整いましたかね?

018pukipuki上から見たところ。 まあ、椰子の葉っぱを乱雑に並べただけって感じですが。 雨は素通りですが、幸いにもメキシコは乾季が始まったばかり、来年の6月まで雨降らないもんね。

007pukipukiさっそく、テーブルを並べました。 椰子の葉の隙間から木漏れ日が漏れて素敵です。 今日から、開店します。 エコパラダイス再興、がんばらなきゃね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

10日が過ぎ

007pukipukiハマイカの花。 ハイビスカスの仲間です。 額の部分をお茶のように使って飲料にします。 我が家の前のハマイカ畑はハリケーンでぺちゃんこに倒れてしまったけれど、茎は起きあがり、また花が咲き始めています。

004pukipuki10日間が過ぎ、暴風で折れた庭の木々も、もう芽吹き初めています。

009pukipukiテアカパン村も、廃墟のようになりながらも、日常の生活が戻りつつあります。

010pukipuki今回のハリケーンの風は凄かった。 ハリケーンの進行方向の右側の、ハリケーンの目すれすれの、いちばん風が強いところだったようだから。 電柱が風でグーンとしなり、ボンと折れるのを見た。

023pukipukiコンクリートの電柱も、おおかた折れた。 テカテビールの看板が、我が家の前を新幹線みたいなスピードで飛んで行った。 トレイラーの箱がそれを負った、空箱のようにごろごろ転がって行った・

050pukipukiシナロア名産のマンゴー畑は、完全に破壊された。

今回僕たちは、避難勧告を無視して、ネコ達と共に村に残ったんですが、お蔭で怖い物を見させていただきました。 壊れた窓から暴風が吹き込み、家が膨張したときは、そのまま崩壊してぺちゃんこになるかと思った。 難しいところですが、もしネコ達を置いて避難して、戻ったらネコ行方不明とか圧死とかなら、それも一生悔やむことになりますから。 潔く運命を共にするのも、それぞれの判断ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

元気です

ハリケーン来襲から1週間少々。 昨日やっとテアカパン村の一部に電気が戻りました。 うちは村の入り口なんで、真っ先に恩恵をいただいてます。 村人の大半はまだローソク暮らしです、悪いなぁ。

電話線やインターネットが村に戻るには最低2週間はかかるとのこと。 完全復旧は来年。 

020pukipuki我が家も、やっと庭の掃除が済んだところ。 このマンゴーの大木がドカンと倒れたときは、家がきしみました。 チェーンソーを借りてきて、ぶった切らなきゃ。 切り株は、椅子にしますかな。 

021pukipukiレストランも、ほぼ掃除完了。 頑張って、来週には開店しなきゃ。

14年間丹精した、深い森のようだった庭が、常夏のエデンの園だった楽園が、何にもなくなっちゃった。 僕のエコパラダイスの夢、また振出しからです。

084pukipukiあれから毎日、綺麗な夕暮ればかり。
164pukipuki虹も、度々かかる。  自然は美しく、優しく、そして非情です。

015pukipuki_2海も、普段に戻りました。 しかしよく見ると、対岸の椰子の林や海岸林がおおかた消えてしまっています。 テアカパンを守ってくれたんですな。

074pukipukiハリケーンで、猫一匹、死亡。

嘘です、トル―チャの奴、いつもこうして甘えるのね。 家族もネコ達も皆元気です。 OTTOおじさんも元気。 ぼちぼちやります。 ではまた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

生存報告

059pukipukiハリケーン接近中のテアカパン。 この後、このガソリンスタンドは倒壊しました。

126pukipukipukipuki倒壊したガソリンスタンド。 骨組みしか残っていない。

100pukipuki村は廃墟のようになった。

179pukipuki我が家の庭も家もめちゃくちゃ。

ハリケーンWILLAは火曜日の夕方、カテゴリー3、最大風速55mの勢力で、テアカパンの約20km北に上陸しました。 全村民に避難勧告が出てたんですが、僕たちはテアカパンに残りました。 村民5000人のうち、残ったのは500人ぐらいでしょうか。

午後5時半から暴風雨になり、特に6時半から7時半までの1時間は凄かったです。 信じられないような暴風。 立ってられないなんてもんじゃない、地面に伏せてても引っ剥がされて持って行かれる、漫画みたいな風。 窓ガラスが風圧で砕け散り、暴風が家に吹き込んだときにはもうダメかと思いました。 テアカパン、壊滅です。 電柱はあらかた倒れ、大木までほとんど幹が折れたり根扱ぎになった。 ガソリンスタンドも倒壊。 我が家のブロック作りの部分はほぼ無事ですが、椰子の葉葺きの屋根は全壊したし、庭の木も全滅です。 樹齢50年のマンゴーの巨木が倒れてきて、我が家の上を覆ってます。

063pukipukiハリケーンの過ぎ去った午後に出た虹。

でも幸いにも、カアチャンも娘も、ネコ達もスッポンも、皆無事です。 村人に死者は無し。 元気を出して、掃除を始めようかと。 テアカパンは電話もインターネットも切れてて、電気も臨時発電機で賄ってる状態ですので、近くの町から更新してます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

巨大ハリケーン来襲予定

004pukipuki昨日の夕方の、テアカパン郊外の浜。 波は大したことありませんが、うねりが尋常じゃありません。 ハリケーンはまだ700kmほどの彼方なんですが。

巨大ハリケーン、ウィラ(WILLA)、テアカパン直撃予想です。 今朝の中心気圧は925hp. 海水温が高いのでさらに発達して、カテゴリー5の最大勢力のままで上陸する見込みとのこと。 来襲は明日火曜日の午後の予定です。

151713_5day_cone_no_line_and_windテアカパンは太平洋に面した標高ゼロの海辺の村でして、しかも今回は大潮の満潮時に重なります。 漁師たちは漁船を陸にあげたり番屋を補強したり、大わらわです。 村の学校も、今日はすでに休校。 全村民に避難勧告が出ました。 ちょっと大げさですが、テアカパン消滅の危機です。 避難するとしたら明日の朝ですが、うちの場合はネコが9匹いるし、甲長35cmのスッポンもいるからどうしようかと。 スッポンを胸に抱いて、ネコの群れを引き連れて、避難所には行けませんし。 我が家は築50年のブロック煉瓦造りで暴風には耐えるでしょうし大雨は毎年のこと、しかし今回は高潮がやばいかも。 まあ、明日の朝、考えよっと。 ではまた。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

フグを投網で獲って食べる

005pukipuki_2最初におことわりしておきますが、メキシコでの話です。

僕が住むシナロア州近辺(キシコ北西部太平洋岸)で食用にされているフグは1種類だけです。 ボテテ・ディアナ(BOTETE DIANA)、 学名Spheroides annulatus 一般にはタンボリージョ(TAMBORILLO)と言う名前で呼ばれています。 

猛毒種です。 テアカパンでは20年ばかり前、このフグを内臓ごと調理して食べたインディヘナファミリーが、子供たちも含めて全員死んでしまったという痛ましい事故がありました。 山から出てきたばかりで知らなかったんでしょう。 しかしこのフグ、身だけなら中毒することはありません。 漁師町の人達は良く知ってますから自分で捌いて食べてますし、町の魚屋でも卸して身だけになったのが売られています。 味の良い魚として知られていて、ファンも多いです。

009pukipukiちなみにメキシコにはフグ調理免許とかそんなものはありません。 完全自己責任ですね。 それでいいと思います。 正しい情報を広めて(学校で教えるとか)、そのうえで皆が正しく調理して食べれば良いのですから。

フグ料理って、ぜんぜん特別なものじゃありません。 僕は日本のフグ免許って利権みたいなものだと思ってます。 取得するには、地域にもよるんですが(都道府県の管轄です)、皮引きとか薄造りとか高度な包丁技術が要求される。 調理士であるうえに免許取得者の元での経験も必須事項です。 フグを安全に食べるのに必要なのは、正しく種類が鑑別できそれぞれの食用部位を知っていること、それをもとに正しく捌けること、それだけなのに。 なんならメキシコみたいに、良く知ってる種類の絶対に安全な尻尾の部分だけを食べてればいいのですから。

009pukipuki_3このフグ、近海にいまして、漁師は小舟の一本釣りで獲っています。 http://teacapan.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-8159.html でも時期と潮廻りによっては、こんな浜の波打ち際で投網で獲れます。

001pukipukki普通は500gr-1kgぐらいですが、こんな大物も獲れる。 夕方のほんの2時間ほどで、10キロも獲れる時もある。 フグ料理三昧ですね。

では、捌きましょう。 漁師たちがやってるやり方です。

009pukipuki_2頭を落とし、内臓を取ります。

011pukipuki_2皮を剥ぎます。 内臓の残りや粘膜を完全に除去し、ぬめりを洗い流します。 以上です。

簡単でしょう。 あっという間で、何の技術も要りません。 猛毒種でも身は安全なフグを身だけ食べるなら、これで良いんです、怖がることはありません。

たぶんね、身の他にも食べられる部分があると思うんですがね、ホホとか皮とか白子とか。 でも僕は、地元の人が食べていて安全が保障されている部分以外は手を出しません。   

それから頭や内臓は、深い穴を掘って埋めるか、厳重に梱包して捨てましょう。 ネコちゃんやコンドルが齧ったらお陀仏ですから。

042pukiupkiそのままで切り込みを入れて、から揚げにしました。 一匹丸ごと一人前。 尾びれもパリパリ美味しいです。 もちろんぶつ切りにして鍋にしたり、卸して刺身やカルパッチョにも最高です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

カボチャの花のケサディージャ

では、カアチャンの、カボチャの花のケサディージャ、エスティロ・カンペシーナ(田舎娘風)、行きましょう。

018pukipuki材料です。 摘みたてのカボチャの花(雄花)。 マッシュルーム。 ケリテ(QUELITE,食べられる野草)。 それからシュレッドしたチワワチーズ。 チーズは何でもOK、好みで。 フレッシュチーズでも美味しいです。

014pukipukiケリテとは、これです。 和名はシロザ。 どこにでもある雑草ですが、メキシコでは広く知られている食べられる野草です。 全く癖が無く、そのまま使える。 そういうのをさっと横の空き地で採ってきて使えるところが、田舎娘の面目躍如ですなヽ(´▽`)/。

020pukipukiカボチャの花は、さっと洗うだけ。 今回はガクは残しました。 花だけ摘んだんですが、たぶん茎も付けたままで問題ないと思う。

022pukipukiカボチャの花は、大きめに切ります。 ケリテも、ザクザクと大切りに。

027pukipukiまず、ケサディージャを作りましょう。 煙が出るぐらい熱くした鉄板でトルティージャを焼いて、チーズを乗せて折りたたむ。 両面を焼いて、チーズが溶けたら火からおろす。

033pukipuki同じ鉄板にオリーブオイルをさっと引いて、材料を炒めます。 カアチャンは豪快に全部どさっと入れましたが、火が通りやすいカボチャとケリテは後のほうが良いかもしれません。 ちょこざいと言われそうですがね。

041pukipukiしんなりしたら、塩コショウを振る。

047pukipuki_2熱々を、さっきのケサディージャを開いて詰めて、閉じる。

049pukipukiアボカドを加えても美味しい。

048pukipuki出来上がり。 そのまま齧っても、さらにチーズを加えて鉄板でさっと焼き直しても良いです。

カボチャの花がほんのり甘く、野草の青味とマッシュルームの風味がチーズの旨味に溶け合って、真夏の朝の野原のような極上のケサディージャになりました。 ご馳走様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

お手々つないでお花を摘みに

先日、ナヤリト州の市場でカボチャの花を見つけましてね。 カアチャン主導で、カボチャの花の詰め物を作ったんですが。 http://teacapan.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-339d.html

これがなかなかの出来栄えでしてね。 お前、なかなかやるじゃん。 そうよ、アタシ、カンペシーナ(CAMPESINA、田舎娘)なのよ、むふふ~ん。 やたら、ご機嫌なんです。

そうか、また食べたいね、できれば違う料理がいいな。 がってん、明日作ってあげるわ。 朝早く、一緒に花を摘みに行きましょ! あらま、なんともロマンチックな展開になったぞ。

いえね、じつはいつも喧嘩ばかりしてましてね。 4年前には子供を連れて出て行かれて、別れる寸前まで行ったのに。 夫婦仲って、さほど深刻に考えることもないのかもしれませんな。

005pukipukiと言うわけで、お手々繋いでルンルンと、村外れのオスマラおばさんのお宅の裏庭のカボチャ畑に朝駆けです。 かぼちゃの花って、朝日が昇るころに開いて、朝露が乾く頃にはもう萎れ始めてるんでね。

001pukipuki開いたばかりのカボチャの花。 きらきら、黄色いお星さま。

002pukipuki朝日をあびて、透き通る。

003pukipuki目の覚めるような、鮮やかな黄色です。

006pukipuki15cm近い、大輪の花。

008pukipukiああ、懐かしい、田舎の少女に戻った気分よ! カアチャン、ますますご機嫌です。 なんにせよ、めでたいことです。

010pukipuki20個ほど、摘ませていただきました。 田舎娘カアチャンの、懐かしのカボチャの花料理は、明日お見せしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

たったこれだけ

021pukipuki突如発生した熱低はハリケーンに発達することなく消滅しましたが、昨日のテアカパンは北西の風があり荒れ気味の天気でした。 そして、真っ赤な夕暮れ。 まだ11月初旬までは、ハリケーンが来る可能性があります。

016pukipukiさて、今日の夕方は、マングローブ域にエビ取りに行きました。 ここんとこ大漁続きで冷凍庫が魚でいっぱいだし、今日は外洋が荒れてるんで、エビをと言うわけです。 で、1時間半、泥だらけで投網を打って、獲れたのはこれだけです。 たったの100グラム。 今年もエビは不漁です。 10年前なら最低でも1キロは獲れたんですけどね。

029pukipuki少し塩をかませて、小麦粉を振って揚げました。 こうすると頭ごと食べられるし、手間もかからない。 美味しいです。

しかし、あまりの貧果にかえって闘志が沸きますな。 よし、また行くぞ。 1キロ獲れるまで頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«野アサガオ