« 春の山の木々の花 | トップページ | サカタザメの一種 »

2010年3月10日 (水)

アメリカシロペリカン

100_6019_convert_20100308132424 うちの方では珍しいアメリカシロペリカンです。

一昨日、昨日の続きになりますが、エスクィナパのダムにいました。 全部で20羽ぐらいいたと思います。 鵜を従えて悠々たるものです。 

だけど近寄らせてくれませんでした。 向こう岸の方に行ってしまい、僕がうんうん頑張って向こうに回ったら、今度は反対側に泳いで行きます。 ああしんど、やめや。 遠くからの撮影。 こういうときにはカメラの性能が大事ですな、これが精一杯でした。 

海岸にいやというほどたくさんいるブラウンペリカンはいつでも見られる留鳥ですが、このシロペリカンは渡り鳥です。 遠くカナダやアメリカ北部で繁殖し、冬には南に渡る。 テアカパン周辺で見られるのは10月から3月まで。 もうそろそろ北へ旅立ちです。  

ブラウンペリカンは海岸の鳥ですが、シロペリカンは淡水を好むようです。 見かけるのはいつも入り江の奥のほうやダムでです。  

いつぞやソノラ州アラモスのダムで100羽以上の群れを見たことがあります。 日本から来てた人が、うわ~凄い数、こりゃメキシコのハクチョウの湖だ~、とびっくりして大騒ぎ。 あれペリカンですよ、と言ったら ペリカンがこんなとこにおるわけ無いやろ!、と一喝。  あの~違うんですぅ~、白い大きな水に浮かぶ鳥はみんなハクチョウと思っては間違いですよ~、クチバシを良く見て下さい~、と涙目で説明しても納得してくれず...。 日本ではペリカンは動物園の鳥なんですな。

|

« 春の山の木々の花 | トップページ | サカタザメの一種 »

」カテゴリの記事

コメント

ウ、鵜が沈没しそう、頑張れ。
いや、ペリカンが軽いのか。
それはどうでもいいけど、OTTOさん、昨日、おとといとダムにいたってことは、まさか、あの一軒家に泊めてもらったとか?
だったらぜひ聞かせてくださいよ。

投稿: カイマン | 2010年3月10日 (水) 01時42分

>カイマンさん
ゴメンナサイ、最近、日本語がおかしくなってまして、ダムに行ったのは土曜日で日帰りです。 記事が一昨日、昨日の続きという意味です。 それからシロペリカンがダムにいたということです。 大変失礼しました。
仙人みたいな生活がしたくなるときもありますが、家族にまでそれを強いるわけには行きませんからねぇ。 家族を養うだけの不労所得があればあんな家に住みたいです。
鵜はどっちかというと潜水艦みたいです。 体はほとんど沈んでて首が潜望鏡ですな。 

投稿: OTTO | 2010年3月10日 (水) 11時45分

こんばんはぁー☆♪

・・・カイマンさんに同じく・・・鵜の首しか見えないから
鵜鳥は珍しい泳ぎをするもんだと想っちゃいますた。
ペリカンが円山動物園にもっ!!!。薄ピンクがかったのが2ワ居ましたhappy01
日本で野生のペリカンを見るのは不可能かとgawk
鳥さんブースは不人気・・・ァタシもあまり見ませぬwobbly

昨日のコメント訂正
「メキシコならぬ風景・・・」=メキシコならではの風景

以上!!!

投稿: こゆき | 2010年3月11日 (木) 00時13分

>こゆきさん
鵜は首が凄く長くて、時には首だけ出して泳いでるんで、ヘビだっ、と慌てる時があります。 実際、ヘビウっていうのもいます。
僕は鳥さんも好きです、特にタカやフクロウね。 でも動物園ではどうしてもネコ科と爬虫類の方に行っちゃいますね。 ペリカンは日本ではペリカン便で有名だけど...。
じゃあコメント直しときます~。

投稿: OTTO | 2010年3月11日 (木) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/33692788

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカシロペリカン:

« 春の山の木々の花 | トップページ | サカタザメの一種 »