« ヒメコンドル回帰 | トップページ | ぴょん吉死す »

2010年10月22日 (金)

水場に群れる鳥達

100_9681_convert_20101021113018 テアカパン郊外の溜め池、乾季に入って若干、水位が下がってきてます。 凄い数の小魚やエビがいます。 それを狙って、鳥がたくさん群れています。 チュウサギ、コサギ、アメリカトキコウ、鵜、ブロンズトキ、少なくとも3種類の鴨。 鴨達とブロンズトキは冬鳥、のこりの連中は年中テアカパンにいる留鳥です。 仲良く食事中です。 

テアカパン近辺は、地下水位が高く、ショベルカーで数メートル地面を掘ると水が沸きます。 溜め池というより、大きな井戸でしょうか。 灌漑用だとか、家畜用だとか、こういう水場がいたる所にあります。100_9682_convert_20101021115631

車を止めて、カメラを構えると、一部が飛び立ちました。

しばらくあたりを旋回して、また水場に降ります。

100_9683_convert_20101021112330_2

鳥が水面に降りるとき、小魚の群れが驚いて、跳ねていました。

この後、大きなワシの仲間、カンムリカラカラのペアが低空で横切って行ったんですが、鳥たちは全然意に介せず、食事を続けていました。

100_9682_i

やはり目立つのは、黒いハゲ頭のアメリカトキコウです。 でかいんです、このトリ。 翼を広げると2mはあるでしょう。

テアカパンの農夫達はボレゴと呼んでます。 羊って意味です。 色合いがなんとなくそんな感じですね。

飛び立つと、純白に黒いラインがきれいです。 おおっ、コウノトリだっ、なんて叫んだ人がいましたな。 あたりです! アメリカトキコウは、クチバシや足の色が違いますが、コウノトリの近縁種ですな。 テアカパンでは、年中普通に見られます。

|

« ヒメコンドル回帰 | トップページ | ぴょん吉死す »

」カテゴリの記事

コメント

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるって言いますけど、これじゃ、数撃たなくっても当たりますね。 でも、この辺りに飛行場は作れませんね。

投稿: カイマン | 2010年10月22日 (金) 03時12分

地震、大丈夫ですかぁ?

投稿: カイマン | 2010年10月22日 (金) 05時35分

翼を広げると2メートルもある鳥さん達が、こんなに沢山集まると
圧巻!!・・・だろなぁ(*^▽^*)

こちらで見れるのは越冬するナベツルとか・・・かな。
でもこんなに沢山はいないし・・・。

フラミンゴも好きけど、このモノクロカラーの鳥さん達も
綺麗ですね。

投稿: あやたろう | 2010年10月22日 (金) 09時21分

>カイマンさん
地震、全然揺れは感じませんでした。 震源地がシナロア北部の海の中だと聞いて、ちょっと慌てたんですが、なんにも起きませんでした。 さっき浜に出てみたら、村人がのんびり夜釣りしてました。 月がきれいでした。
一石三鳥ぐらい、期待できます。 飛行場、作ろうなんて計画、あるんですよ。 鳥が邪魔だからダメだよって、言っときます。

>あやたろうさん
ナベヅルも凄いらしいですね。 アメリカトキコウは、もうちょっと大きいと思います。 飛べば綺麗な鳥なんだけど、ヌルリとした(触ったわけじゃないけど)クロハゲなんで、かなり異様です。 ハロウィンの晩に赤ん坊を運んでくるってのはどうかな?   

投稿: OTTO | 2010年10月22日 (金) 14時44分

自然が豊かだから色々な野鳥も沢山!来てくれるのですネッ
いいなぁ~

カラス位が関の山!!! 今はスズメの囀りさえ聞こえない
寒くなったらスズメは温かい地域に行く!?
そんなの聞いたコトないけどね【Q_Q】

投稿: こゆき | 2010年10月22日 (金) 21時11分

>こゆきさん
そうねぇ、僕が子供の頃の里山は、生き物がうじゃうじゃだったんですけどねぇ。 ムクドリさんって、そちらいませんかぁ? ムクっとして可愛いんですゥ。
北海道には、冬の網走雪原もへっちゃら、シロクマの髭を掃除する(ウソだろうな)ニュウナイスズメと申す剛の者がおるそうなんですけど、おかしいなぁ。 最近は避寒旅行をおぼえたのかな。

投稿: OTTO | 2010年10月22日 (金) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水場に群れる鳥達:

« ヒメコンドル回帰 | トップページ | ぴょん吉死す »