« 童話シリーズ 第5話 ノエミちゃんの十字架ーIV | トップページ | マツダイ »

2012年1月28日 (土)

絶滅危惧種なのに

0bcanon_convert_20120127101038 今日は、こんな子を売りに来ました。 ワカマヤ・ベルデ(GUACAMAYA VERDE)、学名Ara militaris、英名MILITARY MACAU。 全長60cmを越える大型のオウム。 日本でも動物園にいると思います。 メキシコと南米の、非常に限られた地域の原生林のみに分布する絶滅危惧種です。 僕が住むシナロア(SINALOA)州とその南のナヤリト(NAYARIT)州の山岳地帯はその限られた生息地です。

去年生まれの若い鳥だそうです。 段ボール箱に入れられ車に積まれてたもんだから、暑さでクチバシを開けて苦しそうです。 ともかく木陰に持っていって風を入れる。

値段を聞いたら2500ペソ(約15000円)と言いました。 試しに値切ってみたら1500ペソまで下がりました。

もちろんはなっから買う気はありません。 違法捕獲された個体ですから。 大安売りだよ、今日2500ペソで3羽売ったのよ(おのれ~怒)、これが最後だからね、なんてしつこく売りつけて来るのをぴしゃりと断る。 買えばこの連中、また新しく捕まえて売りに来ます。

大型の希少オウムは、ペット用の違法捕獲売買によって、絶滅に瀕しています。 もちろん違法捕獲は今にはじまった事ではありません。 だけど一昔前までは自然環境が健全で、少々なら大丈夫な状態でした。 今は伐採や道路建設で、生息地がどんどん狭まっていて、個体数は急速に減ってます。 珍しくなればなるほど、金持ち連中がステータスシンボルに欲しがり、高く売れる。 悪循環です、なんとかならないものかと思います。 売人の顔写真も撮りましたけど(邪悪な面)、通報しても何のアクションも無いですから(僕が警察に賄賂を払えば動くかも(≧ヘ≦)。

0bcanon2079_convert_20120127101947これは、うちの近所の水路に捨てられていた、ウミガメの甲羅です。 60cmぐらいあります。

たぶんアカウミガメ、学名Caretta carettaだと思います。 絶滅危惧種で、もちろん捕獲禁止です。 メキシコでは、カワマ(CAHUAMA)と呼ばれています。

ウミガメは、沖合いのサメやシイラ漁の際にはよく網に掛かるそうで、それを食用にすることが普通に行われています。 建前上は、混獲で助からない場合のみなんですが、みんなカワマの煮込みは旨いよ、としきりに言います。 漁師達は昔から、それを狙って漁をするのではないにしろ、網に掛かればありがたく頂戴するということをやってるわけで、これも捕獲禁止だなんて知ったこっちゃないのが本音ですな。 たださすがに流通は出来ませんから、猟師町の隠れた珍味と言うことに...(゚m゚*)。 これもまあ、ほどほどにして欲しいもんです。

  

 

|

« 童話シリーズ 第5話 ノエミちゃんの十字架ーIV | トップページ | マツダイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

爬虫類、両生類」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ミドリコンゴウインコ!!

そんなのも売りにくるなんてただただ驚きですΣ(゚д゚;)

それとウミガメ・・・その他貴重な野生動物達も
「食べてみたい」「飼ってみたい」なんて軽く言ってしまったら神に怒られますかね(ノ_-。)

投稿: 蛇文 | 2012年1月28日 (土) 03時54分

>蛇文さん
う~ん、生き物を飼うのはいくらか罪深いことだとは思いますよね。 特に希少種に関しては慎みたい、だけどそういうのに限って可愛いによね。
まずは野生の生き物をとっ捕まえて売り飛ばして生活してる人達を、なんとかしてやらないといけませんな。

投稿: OTTO | 2012年1月29日 (日) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/43889103

この記事へのトラックバック一覧です: 絶滅危惧種なのに:

« 童話シリーズ 第5話 ノエミちゃんの十字架ーIV | トップページ | マツダイ »