« 回想録ーX バハカリフォルニア | トップページ | 回想録ーXI 荒野の夜話 »

2013年6月13日 (木)

童話 グルニャンの贈り物

先週から、立て続けに、愛ネコを亡くしました。 一緒にコリマへ行こうぜ、フニャ~ン...、なんて言い合ってたのに。 僕たち家族の不運を、一手に背負って死んでくれたような気がしてます。

回想録は、休ませていただいて、今回は哀悼の気持ちを込めて書いた童話です。

それでは、グルニャンの贈り物。

0aaaaaaaacanon706_convert_201306091

 

グルニャンの贈り物


イルダの可愛い茶トラネコ、グルニャンが死んでしまいました。

朝、学校に行くときには、るるる、と喉を鳴らして見送ってくれたのに。
 
 
お昼に、おうちに戻ると、お母さんに呼ばれました。
 
イルダ、とても悲しい知らせなの。 グルニャンが死んじゃったのよ。
 
 
お母さんは、イルダの肩を抱くと、裏庭に連れて行きました。
 
グルニャンは、いつもお昼寝をしていた、物干し台のタオルの上に、体をまっすぐに伸ばして、横たわっていました。
 
 
イルダは、グルニャンを抱き上げました。
 
グルニャンの体は冷たくて、うっすら開けた目は、ガラス玉のようでした。
 
グルニャン...。
 
涙が頬を伝って、ぽたぽたと、グルニャンの顔に落ちました。
 
 
お母さんがさっき、洗濯物を持って来たら、グルニャンがぶるぶる震えて、苦しんでいたの。 すぐに、動かなくなってしまった。 グルニャン、すっと木戸のほうを見ていたわ。 イルダが来るのを待ってたんだと思うの。
 
お母さんは、イルダの腕から、そっとグルニャンを抱き取ると、ライムの木の下に掘ってあった穴に、横たえました。
 
 
さよなら、グルニャン...。
 
グルニャンの体が、土に隠れた時、グルニャンとは永久にお別れなのが、はっきりと分かりました。
 
グルニャン...、グルニャン...。
 
イルダは、お母さんに抱きついて、わあわあ泣きました。
 
 
イルダは、その日の夕方、一人で浜に行きました。
 
誰にも会いたくありませんでしたから。
 
 
波が寄せる砂浜を、グルニャンのことを考えながら歩きました。
 
潮風が、ぶうぶう耳を鳴らして、吹いていきます。
 
 
イルダは、グルニャンが喉を鳴らすのを聞いたような気がして、顔を上げました。
 
濡れた砂の上に、貝殻があります。
 
今までに見たことのない、大きな巻貝です。
 
 
貝殻は、夕日に透けて、きらきら輝いています。 茶色の縞模様が、グルニャンそっくりです。
 
 
グルニャン...?
 
 
0aaaaaaaacanon510_convert_201306130 また、潮風が、ぶうぶう吹いていきます。
 
お空には、ちぎれ雲が、夕日に染まって駆けています。
 
お空のどこかから、グルニャンが喉を鳴らして、イルダを見ているような気がします。
 
 
この貝殻は、グルニャンからの贈り物なのだわ。
 
 
イルダは貝殻を手にとって、そっと唇を押し当てました。
 
それは、イルダが大好きだった、グルニャンの桃色のお鼻のように、ひんやりと冷たく、少ししょっぱかったのであります。
 
 
...お終い...

|

« 回想録ーX バハカリフォルニア | トップページ | 回想録ーXI 荒野の夜話 »

ネコの不思議話」カテゴリの記事

童話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/51955981

この記事へのトラックバック一覧です: 童話 グルニャンの贈り物:

« 回想録ーX バハカリフォルニア | トップページ | 回想録ーXI 荒野の夜話 »