« コリマの王 | トップページ | 鉱山の村ミナティトラン方面ーI 川を横切る道 »

2013年10月14日 (月)

コリマ犬

Imagen527a_convert_20131014100515 コリマ市に隣接する、アルバレス市(Cd. Alvarez)にあるモニュメント。 2匹のコリマ犬が、ダンスしています。 出土した陶器の複製だそうです。

コリマ犬と言うのは、アステカ犬として知られているメキシコの無毛食用犬、ショロイツクィントレ(XOLOITZCUINTLE)の一種で、約100年前に絶滅してしまったそうです。 アステカ犬よりもさらに胴長短足の無毛犬で、肥育して食用にしていたらしい。

古代コリマ人の墓から、人骨と一緒にたくさんのコリマ犬の骨やコリマ犬をかたどった陶器が出土してまして、コリマ犬は人の魂を冥土に導く神聖な動物でもあったと推察されています。 まあ僕が思うに、冥土への道の途中でハラがへった時の食料用として葬った可能性もあるかなと。

ともかくコリマ犬は、コリマのシンボルとして愛されていまして、出土陶器のレプリカは、土産物屋でもよく見かけます。 Colima dogで検索すると、たくさんの画像が出てきます。

Imagen023a_convert_20131014105659_2これは独立記念日の高校生の作品です。 素焼きのコリマ犬に彩色しています。    

子犬のような体形ですが、肥育された成犬だそうです。

ころころ太った体とスッキリした顔立ちのアンバランスが、たまらなく可愛いですね。

|

« コリマの王 | トップページ | 鉱山の村ミナティトラン方面ーI 川を横切る道 »

動物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なんてカワイイ~、モニュメント!
・・・って、食用だったんすかっ?!^^;

高校生のみなさんが色づけした作品も素晴らしいですね!!
とってもキュートです(>▽<)

投稿: あやたろう | 2013年10月15日 (火) 07時58分

>あやたろうさん
イヌちゃんたち、凄く楽しそうに踊ってるでしょ。 こういう土器を作った古代コリマ人って、きっと良い連中だったんでしょうな。
高校生の作品には感心しました、メキシコの人って才能あるなぁと。 僕が高校の頃の美術の作品なんて、こっちの幼稚園レベルだね(今でもかな)。

投稿: OTTO | 2013年10月16日 (水) 07時30分

気に入って3番買って帰りました

投稿: 僕爺 | 2013年10月16日 (水) 09時28分

>コリマ犬のレプリカは、土産物屋の売れ筋だそうです。 3匹が輪になってるのも出土してるそうですよ。

投稿: OTTO | 2013年10月17日 (木) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/53597400

この記事へのトラックバック一覧です: コリマ犬:

« コリマの王 | トップページ | 鉱山の村ミナティトラン方面ーI 川を横切る道 »