« プエルトモントの白い虹 | トップページ | アルゼンチンの港湾都市にて »

2015年6月21日 (日)

穏やかなコキンボ

Img_9211_convert_20150621022606ず~っと北上して、コキンボ(COQUIMBO)に来ました。 長細いチリの、真ん中よりやや北にある港町です。 首都サンティアゴから約400kmほど北で、南緯29.5度。 緯度で言えば、鹿児島が北緯31度だから、コキンボはけっこう赤道よりになる。 ところがチリの沿岸には南極海からの寒流が流れ上ってるんだな。 だから、年中涼しくて快適らしい。 地中海性気候ですな。

Img_9187_convert_20150621024008町の中央広場。

この日は、コキンボで最も涼しい日に当たったらしい。 最低気温2度、最高気温16度。 快適です。 虎口を脱した気分ですな。

1,2月の真夏でも、気温が30度に達することは無いそうな。 首都圏からの保養地であり、今は避寒客も集まる。 それからちょうどこの地域でコパ・アメリカ(サッカー)が開催中だった。 町はきれいで、華やいだ空気に包まれていた。

Img_9226_convert_20150621023412繁華街の一角。 まるで1980年代の南カリフォルニアみたいな雰囲気だ。 明るい陽射しに、港町特有のかすかな寂寥感がただよい...。

それからこの町、というかチリはどこもだが、静かなのが良い。 メキシコみたいに喧しい音楽はないし、通りには露店もない。 まあそれが、ちょっと物足りなくもあるんだけど。 

Img_9233_convert_20150621023150メキシコなら、屋台のタコスをつまみたいところなんだけど、屋台自体が無いから、裏通りのいちばん粗末な簡易食堂で海鮮エンパナダを買って齧った。 食べきれない量のフレンチフライポテトが付いてきた。 チーズたっぷりで美味しかった。 可愛い双子の姉妹は、店の子たちだった。

Img_9163_convert_20150621023004コキンボ港には、小舟が多かった。 気候も海も穏やかだからかな。 カモメやペリカンの数も半端でなかった。 アシカ(だと思う)もたくさんいた。 豊かな海のようだ。

Img_9133_convert_20150621025717港には魚市場があったが、案外に魚種は少ない。 売れない魚は、海に捨ててしまうんだな。

チリの人は魚をよく食べると聞いていたけど、そうでもないらしい。 スーパーに魚売り場は無く、街角で魚屋はどこかと訊いても、港に行かなきゃと言われる。

Img_9172_convert_20150621023520魚市場の一角の食堂の、海鮮スープ。 ここのは野菜やジャガイモまで入っていて、レモン〔ライムじゃなくて)や薬味も付いてくる。 若干垢抜けた印象だったが、味は素朴で強烈な、海の味そのものだった。

|

« プエルトモントの白い虹 | トップページ | アルゼンチンの港湾都市にて »

南米の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/60456858

この記事へのトラックバック一覧です: 穏やかなコキンボ:

« プエルトモントの白い虹 | トップページ | アルゼンチンの港湾都市にて »