« マゼラン海峡 | トップページ | 穏やかなコキンボ »

2015年6月20日 (土)

プエルトモントの白い虹

Img_8898_convert_20150620033709ほとんど南極海のプンタ・アレナスから、かなり北上して、プエルト・モント(PUERTO MONTT)という町にいます。 南緯42度、パタゴニアの入り口あたりになります。 初冬の町は寒いです。

冬の低い太陽は、もちろん北から照るんですが、今の時期、この町には、一日中海霧が立ち込めます。 そして束の間の日差しが漏れれば、必ずと言っていいほど虹がかかる。 細かい霧の粒子の、ほとんど霧虹と言っていいような、僅かに分光した白い虹が明滅する。 南の果ての寒海の漁港の白い虹...。 

Img_9006_convert_20150620034400寒々とした海ですが、大小の漁船が行き来してます。 この町は重要な漁業基地で、周辺には鮭鱒の養殖場もあります。

Img_8986_convert_20150620035537町の市場の、魚屋通り。 タラや鮭、ムール貝、カニ...、魚種は少ないです。 主に、大型船の漁獲だからでしょう。

Img_8993_convert_20150620034231小舟の漁獲物を売る露店。 貝類やウニ、大フジツボ、ホヤなんかがありました。

Img_8966_convert_20150620034048ここの魚介スープの味付けは、たぶん塩だけ。 思いっきり辛いチリペーストをちょこっと入れていただきました。 ヒリヒリ喉から胃袋まで温まって、美味しかったです。

|

« マゼラン海峡 | トップページ | 穏やかなコキンボ »

南米の旅」カテゴリの記事

気象」カテゴリの記事

コメント

Puerto Montt は 1992年に行きました。牡蠣やらウニやら。5月だったけど、かなり寒かった。雨が降っていてね。ドイツ人が来て住み着いたと聞いております。チロエ島とか、ここからオソルノ山(チリの富士山)を見て、バスでArgentinaのSan Carlos de Bariroche へ行ったことが思い出されました。

南米ではチリのスペイン語が一番苦手です。

コーヒー注文したら「インスタント」が出てきて。でも、南米はもう一度行きたい。せやけど、遠いな~。

投稿: 日本のおじさんロベルト | 2015年6月22日 (月) 22時13分

>ロベルトさん
この町、夏のほんの2か月ほどだけ良い天気で、あとはいつも霧と雨だそうです。 印象は良いですよ、食べ物は悪くないし、人は親切、また来たいと思う。 だけど物価が高いです、チリ全般に言えることですが。 チリのスペイン語にはいささか苦労しましたが、今アルゼンチンにいて、もっと面喰ってます。 抑揚も凄くて聞き取りにくい、それからllが、ジョを通り越して、ショになっちゃってる。 Polloはポショ、Allaはアシャ~、メキシコに戻ったら使ってみよう(なめてんのかってどつかれたりして)。

投稿: OTTO | 2015年6月24日 (水) 07時03分

行きたいです、めちゃくちゃ(笑)
メキシコ来てから、スープとかにはパンチが欲しくて絶対チレ乗っけるようになりました 笑
僕は今週末から学校の語学研修でドイツに一か月行ってきます!

投稿: 蒼 | 2015年6月24日 (水) 15時16分

>蒼さん
遠い異国の町は、どこも良く見える。 でも、メキシコ料理が恋しくなってきた。
ドイツ留学、気を付けて行ってらっしゃい。 良いこと、たくさんありますように!

投稿: OTTO | 2015年6月27日 (土) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/60445367

この記事へのトラックバック一覧です: プエルトモントの白い虹:

« マゼラン海峡 | トップページ | 穏やかなコキンボ »