« 南半球の空 | トップページ | 雨のブエノスアイレス »

2015年7月 6日 (月)

アルゼンチンのバスの旅

アルゼンチンの中南部、プエルト・マドリン(PUERTO MADRYN)からトレレウ(TRELEW)を経て、約100km南のローソン(RAWSON)へ、バスで行きました。 時は6月下旬、日帰り往復の旅です。

メキシコもそうだが、アルゼンチンには実用的な鉄道が無いので、長距離を旅するとなると、航空機かバスということになる。 バス路線が広大な全土をカバーしていて、時間さえ気にしなければ、安価でどこにでも行ける。

Img_9506_convert_20150704112757プエルト・マドリンの、長距離バスステーション。 アルゼンチンでは、公共バスのことを、オムニバスと呼ぶようだ。 バスステーションは、テルミナル・デ・オムニバス(TERMINAL DE OMNIBUS)。 メキシコでは、セントラル・デ・カミオネス(CENTRAL DE CAMIONES)と呼んでます、国によって呼び方が違うのね。 通行人に訊いて、通じなくて慌てました。

Img_9510_convert_20150704113453バスステーションの構内。 色んなバス会社の切符売り場が並んでます。 2000km近く離れたブエノスアイレス近郊やパラグアイ国境地帯、それから南極圏の村ウシュアイア(USHUAIA)や隣国チリ領の町行きも出てます。

長距離バスのステーションって、利用者は貧乏人庶民が多く、古着屋みたいな匂いが漂ってる。 ローカル色がたっぷり。 それから別離の悲哀、長旅のけだるい解放感と疲れ、時間なんていくらでもあるぜっていう開き直りの余裕なんかが混じりあって、良い雰囲気なのよね。 よそよそしい空港とは大違い、僕は好きです。

Img_9599_convert_20150704113946何十時間も走る長距離バスには、2階建てで座席が完全に倒せてベッドになる、豪華なバスもあります。

Img_9508_convert_20150704113709これは、普通の長距離バス。 広いトイレとTVが数台あり、座席も広い。 航空機より断然快適です。

Img_9608_convert_20150704114503これは、近距離の高速バス。 やや狭くて航空機ぐらいの快適さってところ。 僕たちはこの手のバスで、プエルト・マドリンから65kmほどにあるトレレウ(TRELEW)まで行きました。 約50分、料金は40アルゼンチンペソ(約500円)です。

Img_9607_convert_20150704114642トレレウで、下道をガタゴト走るローカルバスに乗り換えました。 30分ほどでローソンに到着。 そこから港まで、別のバスで、また30分ほど。 料金は、各バス10ペソほど(120円ぐらい)。 こういうバスは、路線内のどこまで乗っても同料金のようです。 

Img_9619_convert_20150704115940バスの中。 かなりオンボロですが、メキシコの田舎町のよりきれいです。 ワンマンバスで、乗車時に運転手に手渡しで料金を払う。 高額紙幣を出す人もいて、運転手が札束を繰っておつりを渡したり、それで停車するごとに凄く時間がかかります。 ここいらはラテン的ですが、まあ急ぐ旅でもないしね。  

Img_9629_convert_20150704120306路線内には一応バス停はありますが、手を上げて呼び止めないと素通りされるようです。 それから、メキシコみたいな、お客の希望でどこでも降ろしてくれる便利サービスは無いようです。 この点では、メキシコの勝ちですな。

Img_9623_convert_20150704120550ようやくたどり着いたローソンの海。 大西洋ですな。 ローソンは、人口約3万人の町です。 小さな漁港と浜があっただけでした。

Img_9603_convert_20150704114138今回乗ったバス会社は、ドン・オット。 名前が良いでしょ。 ちなみに、DONとは、年配の男性に、若干の敬意と揶揄をこめて使う冠詞です。 オットのおっさん、じゃなくて、オットおじさんとかオットの大将、あるいはオット爺って感じかな。 実は僕も、普段から、ドン・オットと呼ばれてます。

Img_9516_convert_20150704113122プエルト・マドリン駅構内の食堂で、昼食をいただきました。 ドリンク付きで、100ペソ(約1200円)。 値段は、まあこんなもんかな、アルゼンチンは食材は安いのに、レストランでの食事は、どこでもやたらと高いのよね。

|

« 南半球の空 | トップページ | 雨のブエノスアイレス »

南米の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/60613806

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチンのバスの旅:

« 南半球の空 | トップページ | 雨のブエノスアイレス »