« 雨のブエノスアイレス | トップページ | 南のビールと安ワイン »

2015年7月 9日 (木)

タンゴを見た感想

Img_9675_convert_20150706032641劇場に、タンゴを見に行きました。 僕は音楽とか踊りとかには疎くて、タンゴと言われて思い浮かぶのは、黒猫のタンゴぐらい。 あまり興味はなかったんですが、ブエノスアイレスに来てアルゼンチンタンゴは見逃せない、ということなんで。 劇場内は写真撮影禁止なんで、写真無し、申し訳ありません。 凄く良かったです、へへへ。

演奏は、バイオリンと、アコーデオン(バンドネオンと言うらしい)、ピアノ。 闘牛に似た、ちょっと哀愁のある子気味よいリズムに合わせて、男女のペアが体を絡み合わせながら踊るのだが...。

裾の割れたドレスの細身の女性と優男がステップを合わせ、足を振り上げ絡ませ、抱き合い、手を虚空に伸ばし、激しい動きが続く。 ダンとビートに合わせてポーズを決めて踊りが止まる。 あっと息を呑むまもなく、また激しく動きだす。 静と動。 女性の白い腕と、ときおり覗く脚のなまめかしさ。 ライトに浮かぶ男女の白い顔の凛々しさ。 しなやかな肢体、その強靭さ、たおやかさ。 その優美、そして儚さ、また哀しさ。 まるで、滅びゆく野生のネコ科動物のようだ。

アルゼンチンに来て10日ばかり、地方の港町や、パンパの大平原を見た後だったからかな、タンゴの舞台を見ながら、荒野を渡る風の音や、岸壁を打つ波の音を、僕は確かに聞いた

この踊りは、乳臭いアイドルのものではない、まぎれもない大人の男女のものだ。 それから...、僕はレイシストではないと断っておくが、タンゴは白い肌をした人たちが踊らないとダメだな、とも思った。

翌日僕はブエノスアイレスの町を歩いていて、前夜のタンゴが頭から離れなくて、道を行く女性や野郎どもが、タンゴを踊りだしそうな気がして仕方がなかった。 いやさ、アルゼンチン人ってスラリと長身で、歩き方や身のこなしもタンゴ風なのよね、ホントに。 街のざわめきさえ、タンゴの調べに重なる。 やっぱり、ブエノスアイレスの風土がタンゴを生んだってことかな? こんど来るときには、劇場以外のタンゴを見てみたいと思った。 庶民のフィエスタとか、下町の安酒場とか、大道でのパフォーマンスとか。

|

« 雨のブエノスアイレス | トップページ | 南のビールと安ワイン »

南米の旅」カテゴリの記事

コメント

タンゴ、踊るほうにチャレンジしませんでしたか?男性の役割は難しいんですが。ちなみにうちも試しましたが、だんなが左足2本なもので、断念せざるを得ず。アルゼンチンは一度行ってみたいところです。

投稿: Midori | 2015年7月10日 (金) 07時53分

>Midoriさん
いや、残念ながら野郎2人の旅だったもんで。 でも見ててね、あのほら、足を後ろやら横やらに振ったり曲げたり、やってみたくなりました。 今度行く時までに、体力つけとかなきゃ。
アルゼンチン、凄く良かったですが、食材はチリより安いのに外食が高くて困りました。

投稿: OTTO | 2015年7月10日 (金) 10時30分

本場で生のタンゴ!!
いつか見てみたいっす!!
なんでもそうですがライブで見るのって、
息使いだとか、鼓動まで聞こえてきそうで
ホントに心ふるえますよね!!

投稿: あやたろう | 2015年7月20日 (月) 09時41分

>あやたろうさん
いやいや、凄かったですよ。 芸術には縁がないOTTO味さんも大感激、萌えちゃったりしてね。

投稿: OTTO | 2015年7月28日 (火) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/60637181

この記事へのトラックバック一覧です: タンゴを見た感想:

« 雨のブエノスアイレス | トップページ | 南のビールと安ワイン »