« アルゼンチンのマテ茶ーII 茶器と茶葉 | トップページ | アルゼンチンの、トルティージャという食べ物 »

2016年4月27日 (水)

アルゼンチンのマテ茶ーIII 淹れ方

Img_3720aa_convert_20160425035644_2初夏のテアカパン、木陰にてマテ茶を喫する。
 
少なくともアルゼンチンでは、マテ茶は、それ自身がマテという名のヒョウタン製のツボで飲むものだ。 まあ一応はマテ茶のティーバッグもあるが、マーケットでは片隅にちょこっとあるだけだ。 紅茶とか他のハーブティーは、ポットで淹れるか、カップにティーバッグだ。 なぜマテ茶だけが、こんな飲み方になったのだろうか?
 
会社を訪問して、会議室に通される。 秘書のお嬢さんが、飲み物はいかが? コーヒー? お茶(紅茶)?。 けっしてマテ茶?、とは訊かない。 外国人だからというわけでもなさそうだ。 特定の茶器で、個人や親しい人の間だけで飲むものなのだろうか?
 
マテ茶の味だが、まず苦い。 顔がゆがむぐらいに。 後味に、かなり残る苦さだ。 だけども、さっぱりした爽快な苦さ。 まあ苦みは、茶葉の量で調整できるんだけど。 あとは、ほのかな青草のような野の香り。 緑茶に比べて、かなり軽い風味だ。 甘味に合うと思うし、薄めに淹れればどんな食べ物にも合いそうだ。 だけどもマテ茶、レストランや食堂には無いんだな。 ひょっとしたら、ティーバッグのをカップで飲んでた可能性はあるが、マテのツボを吸ってる人は一切見なかった。 食事の飲み物ではないようだ。 なぜだろう? 
 
そんな、ちょっとミステリアスなマテ茶だが、味は癖がなく、取っ付きやすい。 濃いのをちびちび飲むのも良いし、多少の目覚ましにもなる(わずかにカフェイン含有)。 薄く淹れて、がぶ飲みしても美味しいと思うが、そうするにはマテツボは小さすぎるから、ポットで淹れないといけない、邪道になるな、これは。
 
Img_3730_convert_20160426081811 アルゼンチンの人がマテを入れるのを見てると、右手をネコの手の形に湾曲させて、イェルバ(マテ茶の茶葉)の袋から、こんな風に掬い取る。 けっこうな量だ。 左手に持ったマテツボに、掌を漏斗にして、さらさらトントンと入れる。 イェルバを入れ終わったら、ポンポンと手を打つ。 掌に付いた微粉末が舞い、カーテン越しの日差しに揺れる。 ほのかにマテ茶の香り。 淹れる前から、良い感じ( ^ω^ )。 まあ、スプーンですくって入れてもいいんだけどね。
 
Img_3722_convert_20160425035420 イェルバの量は、マテツボの半分ぐらいまで。 これでは僕には苦すぎるんで、減らして飲んでます、修行が足りませんな(^-^;。
 
お湯を、イェルバが浮き上がってマテツボの縁に盛り上がるまで注ぎます。 お湯の温度は、ややぬるめ、沸騰水をポットに入れて少し置いたぐらいが良いそうです。 まあこれは、早く飲みたいからかもしれません。 マテ茶は、ボンビーシャ(吸引ストロー)で吸うので、熱いと飲めないのよね。
 
Img_3725_convert_20160425035226かき混ぜず、静かにそのまま待ちます。 1~2分で、イェルバが水分を含んで落ち着きます。
 
Img_3733_convert_20160427031620さあ、いただきましょう。 ボンビーシャを突っ込んで、そっと吸ってみる。 苦さが口内に満ち、ボンビーシャの穴から抜けたイェルバの葉っぱの粉も混じってきます。 それでいいんです、それがマテ茶の飲み方ですから。
 
空になったら、またお湯を注ぐ。 味が薄くなって来たら、イェルバを足して、飲み続けます。 お湯を注ぎ、イェルバを足して、ちびちび飲み続ける。 一日中です。
 
まあ、こんなところかな。 紹介した飲み方は、今回のアルゼンチン旅行で、淹れるのを見たり、ちょこっと話しを聞いたりしての、見よう見まねですけど、いかがです、一服やってみたくなりました?

|

« アルゼンチンのマテ茶ーII 茶器と茶葉 | トップページ | アルゼンチンの、トルティージャという食べ物 »

南米の旅」カテゴリの記事

食べ物」カテゴリの記事

コメント

じつはずっと前、アルゼンチン土産に、マテ茶のセットを頂いたことがあるのです。でも、苦くて草みたいな匂いがして、私にはどうにも飲みにくく、そのままどこかに仕舞い込んでしまいました。たしかマテツボには、私の名前まで刻んであったような。

OTTOさんの記事を読んでいると、本当に一服やってみたくなります。お茶っ葉はきっと捨てちゃったんだろうな・・・惜しいことをしました。

投稿: 胡蝶の夢 | 2016年4月28日 (木) 06時55分

>胡蝶さん
僕も最初は苦くて辛かったんですが、アルゼンチンであんなにみんなが飲みまくってるのを見てるんで、頑張ってるうちに癖になってきました。 ちょっと薄めに淹れると、とても美味しい。 この調子だと、買ってきたマテ茶500grは、2カ月ほどでなくなっちゃいそうです。

マテツボもボンビーシャも、模様が入ってたり、石がはめ込んであったり、凝ったのがあって、皆愛用の茶器を持ってるようでした。 胡蝶さんの茶器、コカの葉っぱとはいかないでしょうから、とりあえずは緑茶に使ってみれば?

投稿: OTTO | 2016年4月28日 (木) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/65171078

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチンのマテ茶ーIII 淹れ方:

« アルゼンチンのマテ茶ーII 茶器と茶葉 | トップページ | アルゼンチンの、トルティージャという食べ物 »