« アルゼンチン雑感 | トップページ | サンチアゴの風景 »

2016年5月 4日 (水)

チリで航空会社のストライキで足止め

Img_3642_convert_20160504085302_2 サンチアゴ(SANTIAGO)空港より、雪のアンデス山脈を望む。
 
今回の旅は、アルゼンチンからチリに回りました。 ブエノスアイレスからアンデス山脈を越えて、チリの首都サンチアゴまで、ほんの2時間足らずです。 旅程は翌日早くの便で約1000km南のパタゴニアの玄関口の町プエルトモント(PUERTO MONTT)へ飛び、4日後にチリ最南端の町プンタアレナス(PUNTA ARENAS)へ、そのあとバスでプエルトナタレス(PUERTO NATALER)にも置く予定でした。 雨上がりのサンチアゴは快晴、快適そのものです。 翌朝、ご機嫌に空港へ行ったんですが...。
Img_3068_convert_20160504113845 乗る予定のスカイエアーのタウンターは無人。 あちこちに人の輪ができてて、座り込んでグループもあって、叫び声がこだまし、なんだか不穏な空気です。 訊いてみると、スカイエアーは今日(水曜日)から日曜日までストライキで、全便キャンセルとのこと。
 
あらま...w(゚o゚)w。
 
全然知らなんだ~。 前の日は、テレビも見ず寝ちゃったし、その前はアルゼンチンだったもんね。 まさに、青天の霹靂。 チリ旅行、全滅のピ~ンチ~。 いささか慌てました。 僕たちみたいに全然知らずにるんる~んと空港に来た人も多かったみたいで、あたりはまさに阿鼻叫喚状態です。 
 
Img_3069_convert_20160504114046荷物や貨物も、足止めのようです。 どうなるんでしょうかね?
 
プエルトモントへはもう1社、ラン航空が飛んでるんで、そっちのチケットカウンターへ走る。 いちばん早いプエルトモント行きのチケットください! 日曜日まで空きはありませ~ん。 そこを何とかお願い。 平身低頭頼み込んで、タイミングよく出てきた3日後のキャンセル席を買って、それを日にち変更してキャンセル待ちのトップに割り込むという裏技を使わせてもらって、翌朝の便に乗れることに。 ラン航空のお姉さま、ありがとうございました(押し出された人、ゴメンナサイ)。
 
Img_3077_convert_20160504113642_2 スカイエアーの、ストライキのアナウンス。 法律では4日間のストライキが認められてるそうで、しっかり4日間やってくれました。 
 
でね、1日遅れでプエルトモントに行けたんですが、その先のプンタアレナス行きもストライキの最終日でキャンセル、代わりは取れず、旅は終了になりました。 プエルトモントに10日間もいました。 プンタアレナスやプエルトナタレスの予定は全てキャンセル、ホテルの一部はお金戻らなかったそうです(会社のお金ですが(ρ_;))。 まあでも、ゆっくりできたし、チロエ島に行けたし、楽しかったですけどね。
 
旅では常に情報収集に心がけないといけませんな。
 
Img_3076_convert_20160504114350_2 サンチアゴのホテルで、意気消沈の僕を慰めてくれたネコちゃん。
 
急な予定変更にも理解をしていただき、時間を取り便宜を図っていただいたチリの皆様、どうもありがとうございました。
 

|

« アルゼンチン雑感 | トップページ | サンチアゴの風景 »

南米の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/65307992

この記事へのトラックバック一覧です: チリで航空会社のストライキで足止め:

« アルゼンチン雑感 | トップページ | サンチアゴの風景 »