« ツバメコノシロの一種 | トップページ | 謹賀新年 »

2016年12月31日 (土)

クロコンドル集合す

年の暮れですな...。

メキシコは、休暇シーズンの真っただ中。 シナロアの海辺の小村、テアカパンでも里帰り連中で賑やかになってます。 連日連夜、あちこちでフィエスタ騒ぎ。 シナロアの郷土音楽、ナルコ・コリード(NARCO CORRIDO)で、夜明けまで大音響の大騒ぎ。 村中が揺れてるって感じ。 もう、この世の終わりかって、このエネルギー、どこから来るんでしょうかね?

偏屈隠遁者、OTTOおじさんは、家族だけでひっそりと過ごしてます。 やかましい音楽も、気を遣うフィエスタも、基本、嫌いだし。 いつも通り一人で、野山を歩いたり、投網を打ったり、ネコと喧嘩してるほうが楽しいし。 夜は、満天の星空に虫の声のほうが、フィエスタの喧騒より好きだし。

でもね、多様性の楽園メキシコでも、クリスマスも新年も一人ってなると、心配してくれる人たちもいましてね。 明日のフィエスタは浦島太郎の友達のビリアだぜ、なんて誘ってくれた人もいたんですが、鱈腹食ってさっさと退散ってのも悪いしね。 でも大晦日の夜は、アメリカ人のお宅の年越し会に顔を出そうかと思ってます。 ミュージシャン連中だから、音楽会になるのかな。 振られたら、ロバの鳴き声でもやってやろう。

Sam_4395bllさて、今朝は7歳の末娘に起こされました。 パピ、裏庭が大変、早く来て!

なるほど、自然界の掃除屋、クロコンドルで椰子の木がいっぱいです。 空にも20羽以上が輪を描いてます。

クロコンドルは、世界最大の飛べる鳥アンデスコンドルの仲間で、サイズは日本のトンビぐらいのチビ助ですが、立派な死肉喰らいです。 テアカパンでは、どこにでもいる鳥ですが、これほどの数が集まるのはめったにないこと。 何か、大きな動物が死んでるのか、あるいは秘密墓地でも作られたかw(゚o゚)w? いささか緊張しました。

Sam_4391bllまずは、写真撮影ですな。 3本の椰子の木に、うようよ群がってます。 飛んでるのを含めれば100羽ぐらいはいます。 いかにも、これから飽食フィエスタって雰囲気。
Sam_4396bllほらね、ちゃんとコンドルの顔してるでしょ。 黒ずくめで、死の司祭って感じ、なかなかの貫禄です。
 
Sam_4393bllかわいい顔、してますよね。 尾が短くて、寸詰まりで、愛嬌がある姿です。
 
恐る恐る近づいて、椰子の木の下から空き地の隅々まで調べてみましたが、フィエスタの出し物になるようなものは、何にもありませんでした。 クロコンドルたち、やがて三々五々と青空に飛び立って散っていき、日差しまぶしい平和な暮れの朝になりました。 何やってたんでしょうかね?
 
ともかく、とっても素敵な生き物納めになりました。 新しい年にも、たくさんの生き物たちとの出会いがあればいいな。

|

« ツバメコノシロの一種 | トップページ | 謹賀新年 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/69046156

この記事へのトラックバック一覧です: クロコンドル集合す:

« ツバメコノシロの一種 | トップページ | 謹賀新年 »