« トレレウの荒野にて | トップページ | コモドロ・リバダビア »

2017年1月24日 (火)

アルゼンチンの食事ーI

アルゼンチンに来て、一週間になります。 ブエノスアイレスを素通りして、中部の町トレレウ(TRELEW)、海岸のラウソン(RAWSON)、今日は少し北に戻ってプエルト・マドリン(PUERTO MADRYN)。 田舎町ばかりですが、今は夏休みで休暇シーズンですから、海岸はそれなりの人出です。

今までの、アルゼンチンでの食事を紹介しましょう。

Img_6535blgg_2

ホテルの朝食。 アルゼンチンでは、どこでもクロワッサンがサクサク美味しいです。

Img_6544blgg_2それから、エンパナーダですな。 手のひらサイズの包みパンですが、いろんな具があって、これも生地がサクサクふわふわ。 パン嫌いのOTTOおじさんでも、いくつでもパクパク食べられる。 晩飯の突き出しに1個か2個、パンの盛り合わせといっしょに出て来たりもします。 おやつや軽食に最高です。

Img_6582blgg_2レストランでは、こんな感じのパンの盛り合わせが出てくる。 こいつらを齧りながら、料理が出てくるのを待ちます。 これらのパン、固くてぱさぱさで、僕にはちっとも美味くないです。 それから、料理がなかなか出てこない時が多い。 メキシコのほうが、断然早いでしょうな。

Img_6549blgg_2パン系では、エンパナダ以外では、唯一ピザがおいしいかな。 アルゼンチンは、イタリアとスペインからの移民の国ですからな。 写真は、クアトロ・ケソス(CUATRO QUESOS)、4種類のチーズがたっぷり乗ってます。

Img_6613blgg_2ハーフと言って、直径25cmほどの小ぶりなのも注文できます。 フルサイズなら8つ切りですが、これは4つに切ってあります。 写真のは、アンチョビーのピザ。 アルゼンチンのピザは、生地が薄め固めの本格派です。

Img_6585blgg_3アルゼンチンでは、嫌でも肉になります。 これは、パリーシャ(PARILLA)の盛り合わせ。 パリーシャは、鉄格子みたいな網で塊肉を焼く、豪快な炭火焼肉です。

Img_6547blgg_2カスエラ・デ・マリスコス(CAZUELA DE MARISCOS)。 海鮮煮込みスープです。 カスエラは、チリが本場でしょうな。

Img_6584blgg_2海鮮パエリア。 PAELLAと書きます。 発音は、パエシャ。 肉食の合間の、良いお腹休めになります。 これは、どこで食べてもおいしいです。 ライスが若干芯残りで出てきます。 アルデンテですな。 前述しましたが、スペイン移民が多いですから、パエリアは郷土料理ですね、だから手抜きなしなんでしょう。

Img_6548blgg_2イセンベック。 名前はドイツ風ですが、アルゼンチンのビールだそうです。

Img_6612blgg_2キルメス。 アルゼンチンンでいちばん一般的なビールの銘柄です。 スタウトは濃厚で、ワインのような風味すらありました。

|

« トレレウの荒野にて | トップページ | コモドロ・リバダビア »

南米の旅」カテゴリの記事

コメント

おー!!
今、アルゼンチンですかっ?!すごいっ!!
ご飯、どれもこれも美味しそうですねー。
イセンベックっていうビール、ラベルがテカテみたいー(^▽^)

アルゼンチンとゆーたら、思い浮かぶのはアルゼンチンタンゴかなー。

投稿: あやたろう | 2017年1月24日 (火) 20時14分

>あやたろうさん
そうそう、アタシ、タンゴって聞けば、思い起こすのはアヤタロさんでしてね。 まあ、花より団子、タンゴより団子なんですけどね。 しかし、残念ながら、アルゼンチンの食べ物、おいしくないです。 そりゃもう、メキシコのほうが断然おいしいです、何もかも。 唯一、ビールは美味いって同行のアヤタロさんの同類(酒好きな人って意味です)が言ってますけどね。 この次は、ペルー行きます。

投稿: OTTO | 2017年1月27日 (金) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/69341825

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチンの食事ーI:

« トレレウの荒野にて | トップページ | コモドロ・リバダビア »