« トゥンべスより | トップページ | もう、これだけで... »

2017年2月19日 (日)

雨降りペルー北部の町

一週間ばかり、ペルー北部のトゥンべス(TUMBES)から、タララ(TALARA)、パイタ(PAITA)、ピウラ(PIURA)と回って、今日の午後、リマに戻りました。 これらの北部の町って、名前の響きが良いと思いません?

北部はここんとこ雨続きで、どこも洪水状態でした。 聞くところによると、海水温が上がるエル・ニーニョの年は、特に夏の降雨が多く、野山は緑になり、町は水浸しになる(*^-^)。 海水温が平常か低めのラ・ニーニャの年は雨が全く降らず砂漠の景色になる。 今は、海水温が通常より7度も上昇しているところがあるほどのエル・ニーニョだそうです。 ペルー北部の気候は、エル・ニーニョが支配しているようです。

009トゥンべスからタララへの途中の風景。 雲がきれいです。

024タララ市の市場。 雨続きで泥だらけですが、へっちゃらなようです。

049パイタの市場。 ペルーの地方都市の市場は、どこも凄い賑わいでした。 青果が豊富で、新鮮で安いのに驚きます。

014魚の売り場も広い。 ペルー人は、日本人に負けないほどの魚食民族です。

008雨上がりのピウラの朝。

051この日も午後に2時間ほど雷雨があり、あっという間に町は水浸しになりました。 ペルーの町は、雨に弱いようです。

|

« トゥンべスより | トップページ | もう、これだけで... »

南米の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/69654845

この記事へのトラックバック一覧です: 雨降りペルー北部の町:

« トゥンべスより | トップページ | もう、これだけで... »