« チランジア開花 | トップページ | タコス楽園 »

2017年4月23日 (日)

春秋兼在

018我が家の、アボカドの樹。 現在、花盛りです。

2本ありまして、いずれも庭に捨てた種から生えてきた、実生です。 樹齢12~15年で、高さ5mぐらい。 果皮が滑らかななタイプで、こちらで、レヒオナル(REGIONAL、地域のという意味)と呼ばれている種類です。

ところで、アボカド(AVOCADO)っていう呼び方は英語圏のものでして、メキシコから中米では、アグァカテ(AGUACATE)、アルゼンチンやチリ、ペルーでは、パルタ(PALTA)です。

016アボカドの花。 5mmほどしかありません。

019もう、小さな実が成ってます。 ほんの半年足らずで、500gらぐらいの大玉になります。 収穫期は、9月から11月です。

003樹の下は、落ち葉でいっぱい。

アボカドって、4月に花が咲くと同時に落葉して、同時に一斉に新しい葉が開くんです。 毎朝、落ち葉と落花の掃除が大変。 今が、アボカドの春でもあり、秋でもあるわけですな。

|

« チランジア開花 | トップページ | タコス楽園 »

植物」カテゴリの記事

コメント

今晩は、今日は、おはよう、おやすみ。
今、どんな時間かわかりません。
此方もうすぐ夜中の12時です。

アボカドにひかれてちょっとお寄りしてみました。
家では今、食べた後のあの大きな種を植木鉢につっこんでいたのが、3,40センチの高さの木になっています。この冬一本は外に出したまま、一本は、家の中に入れておきました。その分は葉も大きくなり緑がとてもきれいになっていましたが、そろそろ暖かくなるからという時期に外に出しました。そしたら途端に葉が枯れたようになりました。でも今また、あおいところがでてきているようです。

ところで、先日、アボカド(メキシコ産だったかも)1個を買って食べましたので、やはり種を土に入れようとしましたが、種の上下、どちらを下にして入れるのか、ハタと迷いましたが、幹にくっついて居た方らしいすべすべしていない方を下につっこみました。これが正解かどうかという話です。ご苦労様でした。

投稿: 花てぼ | 2017年4月23日 (日) 23時58分

何といえばいいかわからなくって「幹に」だって。幹から直に実はなりませんよね。
写真にある、はい、そこのところです。

投稿: 花てぼ | 2017年4月24日 (月) 17時56分

>花てぼさん
お久しぶりです、お元気そうで何より。 でも、子供の夜更かしはいけませんな(とよく母ちゃんに言われたっけ)。
アボカドは楢みたいな大きな葉っぱで新葉がきれいな落葉樹、枝振りがやや粗いですが、なかなか風情がありますね。 さて、種の突っ込み方ですが、種って茎が付いてたところに胚っていうか生長点があるはずだから、その尖がったところから芽も根も出ると思う。 だからたぶん尖ったところを上か横にするのが良いと思うんですが、土に埋めたんなら種にやる気があれば向きがどうでもちゃんと生えてくると思います、自然でも下向きに埋まることもあるでしょうし。 大きくなって、実がなればいいですね、遠い異国で故郷のメキシコを偲びつつ、頑張れ。

投稿: OTTO | 2017年4月25日 (火) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/70350789

この記事へのトラックバック一覧です: 春秋兼在:

« チランジア開花 | トップページ | タコス楽園 »