« 歳月 | トップページ | チランジア開花 »

2017年4月19日 (水)

春でいっぱい

008_24月も半ばを過ぎ、テアカパンはもう30度越えの毎日。 でも湿度が低いから、気持ちが良い。 今がテアカパンの陽春、春たけなわです。 これからどんどん暑くなります。

さて、今朝は知り合いの漁師からフグが届きました。 メキシコでは、フグのことを、ボテテ(BOTETE)と言います。 このフグは、ボテテ・ディアナ(BOTETE DIANA)という種類。 学名はSphoeroides annulatusです。

 猛毒種ですが、テアカパンは漁師の村、みんなじぶんでちゃちゃっと捌いて、普通に食用にされてます。 こちらでも春が産卵期でして、今が漁期。 まあ年中獲れるには獲れるんですが、春の魚。 フグは春の季語でしょうね。

010こちらは、ナミノコガイ。 パナマナミノコという種類です。 昨日の夕方、村外れの外洋の浜で採ってきました。

これも年中いるんですが、なぜか春から夏の貝です。 冬場でも海水温が25度あるテアカパンなんですが、地元の人には寒いようで、水が温み気温が30度を超えるようになると浜に出て、波に揉まれながらナミノコガイを採る。 こちらも、春の季語でしょうな。

015それでは、今日のお昼は、春をいただきましょう。 フグのから揚げ。 ナミノコガイの潮汁。 ここはやっぱり、トルティージャじゃなくて、ふっくら炊きたてご飯です。

ああ、美味しい。 体中が、春でいっぱいになっちゃった。

|

« 歳月 | トップページ | チランジア開花 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/70306904

この記事へのトラックバック一覧です: 春でいっぱい:

« 歳月 | トップページ | チランジア開花 »