« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月28日 (日)

味は上々

009blgメキシコの町はずれを流していると、くんくん、良い匂いがするぞ。 濃厚な、肉の焼ける匂い、脂の焦げる匂い。 それから香ばしい煙。 空きっ腹の胃袋がなります。

匂いを目当てに通りをうろうろ、こんな大鍋が目印です。

メキシコの代表的な庶民肉料理、カルニータス!(CARNITAS)。 豚を、肉も皮も内臓も、いっしょぐたに鍋に叩き込んで、染み出る脂と肉汁で煮込んだ料理です。 文句なしのご馳走、特に肉食系の人にはねヽ(´▽`)/。

011blgところがですな、外国からの客人を引っ張って行ったりするとね、どれどれなんて鍋を覗きこんで、うぎゃ~、こりゃだめだ。

確かにね、古いエンジンオイルみたいな真っ黒けの脂のなかに、得体のしれない肉塊が。 見かけは悪いのよね。

でも、ここでしり込みしたら、一生の不覚です。 意を決して、チャレンジしましょう。

013blg注文は、豪快に重量性です。 1キロで220ペソ(1200円ぐらい)。 半キロ頼めば、腹ペコ3人でちょうどいい。

胃袋と小腸、耳と肝臓、皮と直腸も、それから舌と肉も少し混ぜてね。 好きな部位を指定して注文します。 アイアイサ~、鍋からざさっと引き揚げて、ちょんちょんと切って、はいどうぞ。

019blgこんな具合です。 どうです、そろそろ食欲がわいてきたでしょう。

011blg_2もちろん、薬味やサルサも、たっぷりと出てきます。 籠いっぱいの、焼きたてホカホカのトルティージャも。

022blgさあ、オリジナルのタコスを作りましょう。

好きな肉をトルティージャに乗っけて、薬味をごっそり、辛いサルサを慎重に垂らす。 くるりと巻いて、顔を傾けかぶりつく。 もぐもぐ、ああ美味しい。

そんなに、美味しいのか、ですか? そりゃもう。 メキシコに住んだことがある人は、垂涎をこらえて身もだえしてるでしょうね。 それぐらい、美味しいんです、むふふ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

これで良ければ

061blog南シナロアの5月は、どんどん暑くなる季節。 午後の浜には、子供たちが戯れる。 僕も、涼風に吹かれて、どこまでも歩いていいんです。 いつまでも、海を眺めていてもいいんです。 

013blog_2やがて、日が落ちる。 雲たちが眩く輝き、やがて空に溶けていきます。 星があらわれる。 一つ、二つ、そして空いっぱいに。 サソリの赤星が顔をだし、夜更けには、遠い地平に南十字がひっそりと掲げられます。

ええ、いつまでも、こうして空を眺めていて良いんですよ。

これで良ければ、誰でもが、いつでもすぐに手に入ること。 いかがです、あなたも。 もし、これで良ければ。 これだけで良ければね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

ボラチネス

022blogメキシコに、こんなお菓子があります。

ボラチネス(BORRACHINES)。 大酔っ払いどもっていう意味です。 アルコール含量、1.5%。 どこの食料品店でも売ってます。 カアチャンが子供のころからあったって言いますから、少なくとも40年以上の歴史があるお菓子のようです。

023blog箱を開ければ、こんな感じ。 3色メキシコカラーが素敵です。

まあでも、ウイスキーボンボンみたく洗練されたお菓子ではありません。 ミルクキャンディってなってますけど、ミルクの味はなし。 グミキャンディをふにゃふにゃにして砂糖をまぶしたような、他愛もない一口サイズの駄菓子です。

ところがこれ、大人にも子供にも人気があるのね。 メキシコの裏通り、歩道に出した卓でお爺ちゃんたちがボラチネスをつまみながらドミノを打っている、そんな光景をよく見ます。 小学校で、ガキ大将が休み時間にカバンからボラチネスの箱を出して、取り巻き連中に一個ずつ分けてやってたりとか。 古き良きメキシコの田舎町の味っていうか、素朴さが売りでしょうか? メキシコ土産にいかがですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

メキシコ風パエリア

パエリアはサフランで色付けしたスペイン風具沢山炊き込みご飯(ですかね?)。 アルゼンチンで食べて美味しかったので、メキシコ風にアレンジしました。 サフランが無いので、色付け、風味付けに試行錯誤しました。 トマトを使ってしまうと、メキシカンライスになってしまうし。 苦労のかいあって、ここにオリジナルレシピ公開に至る。 いかにもメキシコって風味、だけどパエリアからは逸脱してないと思います、我ながら名レシピです、へへへ(^-^;。 

006 材料です。 長粒米4カップ、水洗いして笊で水を切っておく。 豚もも200gr、鶏むね200gr、ベーコン100gr。 殻付き無頭エビ6匹。 玉ねぎ中一個。 にんにく3片、トマト小一個、チレポブラノ(ピーマンでOK)少々。 チレグアヒージョ(辛くない干しチレ)一個。 アチョテ(ACHOTE)少々。

014野菜はこんな感じに切ります。

015a肉はこんな感じに。 エビは背中に切り目を入れて、背ワタを取る。 塩コショウをたっぷり振って下味をつけます、そのまま焼けば塩っぱすぎるぐらいに強めに。

016チレグアヒージョは下ごしらえしてミキサーでピューレにします。 粉末パプリカで代用可。 左は、アチョテです。

018アチョテ1cm角、水で溶いておきます。

アチョテっていうのは、ベニノキ(学名はBixa orellana)の実のペーストで、ソーセージなんかの色付けに広く使用される天然色素です。 メキシコでは、小箱に入って売っています。 日本では手に入らないかもしれませんが、まあなくてもOKかと。 その分パプリカを増量してください。

チリペーストとアチョテに、トータルで5カップ半(1.1リットル)になるように水を加えます。 チキンコンソメ2キューブを入れて煮立てる。 そのままスープとして飲んで、かなり薄味かなって程度の塩味に調整する。 沸騰したら火からおろす。 -A

026大きなテフロンフライパンで、豚肉、鶏肉、エビを、オリーブ油で炒めます。 うっすらと焦げ目がつくぐらいに、しっかりと火を通す。 玉ねぎとにんにくのみじん切り、ベーコンを加え、さらに炒める。 炒まったら別皿に取っておきます。ーB

029同じフライパンで、こんどは洗い米をたっぷりのオリーブ油で炒めます。 米が白くなるまで。

031米が炒まったら、Bを加えて、さっとかき混ぜて馴染ませる。

035Bを加える。 Bの温度は70度ぐらいの湯炊きです。 冷たいと炊きムラが出やすい、熱すぎると加えたときに沸騰して大変です。 具が均等になるようにさっと混ぜて馴染ませる。 好みでドライパセリやクミン、オレガノなどのスパイスを振っても良いですが、コショウだけで十分においしいです。 表面に、チリとトマトを並べる、飾りです。

007bアルミホイルで覆って、強火で勢いよく湯気が出るまで加熱します。 ほんの2~3分です。 中火に落とす。 数分で湯気が減ったら弱火に。 完全に水分が飛んだら出来上がりです。

037ほらね。 彩り鮮やか、メキシコ風パエリアの出来上がり。 なかなか豪華でしょ。 これで6人前ぐらいになります。

ポイントは、肉などの具はしっかり下味を付け、しっかり炒めておくこと。 それから、熱いスープを加える湯炊きにすること。 この手のご飯は水の量を誤って失敗することが多いので、まずは指定の水の量でやってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

きゃ~書かないで

先月、インターネットの回線を変えました。 ずっと電話会社のTELMEXだったんですが、頻繁に切れるんで。 それで、ケーブルTVのメガカブレに。 ところがね、最初は良かったんだけど、やがて切れるようになった。 モデムをリセットすればつながるんだけど、結構な頻度でめんどくさい、作業も止まる。 カアチャンや息子が携帯で重い写真を送ろうとすると送りきれないし。 で、チェックに来てもらいました。

モデムはどこですか?

あそこですけど。

017a...ネコ、いつもあそこで寝ていませんか?

ええ、入れ替わり立ち代わり。 7匹いますからね。 あのモフィン号は特にお気に入りです、温かいのが好きな子ですから。

う~ん、長毛種ですな..。 あれが原因かもしれませんね、汚れるし、オーバーヒートもしやすくなりますから。 不適切な使い方をした場合、修理の実費は契約者に負担していただく場合があります。 レポートに毛の長いネコがいつもモデムの上で寝ていたと書いておきます。 きゃ~、ご勘弁を、書かないで~(ノ゚ο゚)。 いえ、写真も撮っておきます、かしゃっ。 あ~、もうだめだ~(ノω・、)。

せっかく新規に契約していただいたのですから、原因は不明と言うことにしておいて、新しいモデムにお取替えします、最新式です、大事にお使いください、このモデム、高いんですよ。 ...(゚ー゚;

おかげさまで、インターネットの調子、劇的に良くなりました、今のところはですが。 最新式の威力でしょうかね? ネコどもは、相変わらず上で寝てますけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

花の下にて

014a花盛りの、アマパの木。

また、アマパの話です。 大好きな花なんで。

この木、僕が住むテアカパン村からちょっと走ったところの、原野の一軒家にあります。 まるで桜木みたいでしょう? 毎年、こんなにきれいに咲くんです。 通りかかるたびに、花を見上げて立ち止まる。 色々な思いが去来する。 思うは昔のことばかり。

こんな歌、知ってます?

願わくば、花の下にて、春死なん その如月の、望月の頃。

今日は、遠くに行ってしまった、母の話。

あれはたぶん、僕が中学校の時か。 書家だった母。 墨の香る明るい広間で、母は書き上げた条幅の前に立っている。 何枚も、同じ文句の作品が並んでいる。

やっぱりこれやな、最後のんや、やっとええのんが書けた。

僕は、母と並んで、条幅を見下ろす。

どうや、春らしい歌やろ、読めるか?

行書の書。 え~っと...。 僕は読み切れなかった。

こうや。 よお聞きや。 母は大きく息を吸って、静かに謡う。

...願わくば、花の下にて、春死なん その如月の、望月の頃...。

陽光あふれる、絢爛たる花盛りの春の風景が目に浮かぶ。 結句の、そのきさらぎの、もちづきのころ、その律の美しさ。 おぼろ望月の春の夕べの明るさ。 そして、歌の中心にある、死という句の寂しさ。

素敵な歌。 そして、母の条幅の墨の躍動に、すべてが描かれていると思った。 墨の香りさえ、寂寥を含んだ春の夕べの風のようだ。

わあ、凄い。 凄いわ、これ。

そうやろ、ええ歌やな。

母は、僕が歌を気に入ったと思ったようだった。

西行や。 ぼんさんの歌やで。 ぼんさんかて、春が好きなんやな。

思い出は、これだけです。

でね、僕はどうしたことか、勝手にこの歌を、辞世の句と思い込んでたのね、あの時以来。 ど真ん中の死という句が、印象深かったからか? 最近、これが西行の出家のときの、23歳の歌だったと知って驚いた。 母もそう思い込んでたんじゃないかなと思う次第。 あの条幅を見れば分かりそうに思うのだけれど、残ってないし。 いつか春の花の下で、母に聞いてみようと思う。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

グドのアマパ

023b_2昨日記事にしたピンクのアマパ、Tabebuia roseaですが、我が家にもあります。 若木ばかり。 みんな、テアカパンに引っ越してきてから植えた子たちですから。

この木は、去年から、花を咲かせています。 グドのアマパって呼んでる木。 息子の愛ネコ、グドが死んだとき、息子が御墓に植えた木です。 今が花盛り。

グドのことは、一度書いていますので、ぜひご覧ください。 http://teacapan.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-b16f.html

グドが死んだのは2009年だから、この木は今年で8年になる。 初花は去年で、7年目。 苗のころから成長が早くて、どんどん伸びたんですが、他の丈が低いアマパが、もう花を咲かせているのに、この木だけは咲かなかった。

去年の春、息子と木を見上げながら、おい、お前のグドの木だけ、花が咲かないぞ。 今年は咲くよ、うんと色が濃い花だよ。 どうして分かるんだ? グドが僕にそう言ったよ。

その時は特に気に留めなかったんだけど、本当に初花が咲いた。 言った通り、珍しい濃いピンクの花だった。

ところが今年は、他のアマパが咲いている4月初めには、花が咲かなかった。 イースター休暇で帰省した息子と木の下で、おい、今年はお前のグドのアマパだけ、咲かなかったぞ。 5月に咲くよ、今年は枝いっぱいに。 本当か? うん、グドが僕にそう言ったよ。

グドがそう言ったって、グドと話せるのか、お前? よく夢に出てくるよ、それからいつでも呼び出せるんだ、寝てる時にね。 息子は、しれっとした顔で言うのね。

そして今、本当に枝いっぱいに濃いピンクの花が咲いている。

う~む...。 確かにこの子は、人間以外の生き物とのコミュニケーションには長けていて、普通じゃないところがあるんですよね。 グドはあの時以来、僕にはいなくなってしまったんだけど、息子にはちゃんといるみたいです。 そういうことも、あるんでしょうね。 息子を見てて、ずっとネコたちと暮らしてて、間違いなく、そういうこともあるんだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

ピンクのアマパ

025a今朝(5月9日)の西空。 帯状の雲が空いっぱいに覆っていました。

028aこれは、午後遅くの南の空。 今日は1日中、帯状の雲が出たり崩れたり。 地震雲でしょうかね?

021aさて、前の記事で紹介した黄色いアマパですが、もう盛りを過ぎて、輝きを失ってしまいました。 輝くばかりの花時はほんの1週間ほど。 花に命は短かくて、ですな。 まあ、何十年もの間、毎年咲くんですけどね。

015aかわって、ピンクのアマパが咲き始めています。 Tabebuia rosea

在来種で、シナロアの山野にもたくさんあります。 公園や街路樹によく植えられてます。 20m以上に育つ大きな樹です。 桜みたいに木全体が花で埋まります。 色合いも桜木のよう。

014a春の海と、夕月と、花盛りのアマパ。

海の近くでも、元気に育つ。 塩分にも強いようです。

015a_4八重桜のような、豪華な花様です。

春の花ですが、気まぐれな奴で、花期は年によって1月から5月の間とばらつき、樹によってもばらつきます。 2度咲く樹もあります。 今年は3月に一度開花のピークがあり、5月に入ってまたあちこちで咲きだしてます。 2度目の花見ですな。

003aラッパ型の花です。 スポンと抜けて、ひらひら落花する。 このピンクのアマパも、花の盛りはほんの一週間ほどです。

031aこちらは、ブーゲンビリア。 年中咲く花です。 とってもきれい。 でも、儚い命の花に心惹かれます、春ですからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

黄色いアマパ

020bメキシコの春の花って、まあいろいろあるんですが、いち押しはこれでしょう。 木全体が、目も覚めるような鮮やかな黄色の花で埋まってしまう。 メキシコの青い空に映えて、眩しいばかり。 花見の宴をするなら、この花でしょうな。

ノウゼンカズラ科タベブイア属。 シナロア地方で、アマパ・アマリージャ(AMAPA AMARILLA)と呼ばれてる花。 一般的には、プリマベーラ(PRIMAVERA,春と言う意味)というみたいです。 タベブイア属には黄花とピンク花がありまして、黄花にも何種類かあります。 うちのほうにあるのは、たぶんシナロア南部の山麓でも見られる、メキシコ海岸地方の自生種、Tabebuia donnel-smithiiだと思います。

花期は、普通は4月なんですが、今年は遅れて、今が花盛りです。

015b20mにもなる大木です。 この木は、ずっと前から廃屋になってる古い邸宅の庭にあります。 塀越しにパチリ。 落花の絨毯の木の下から仰げば、どんないきれいでしょうかね。

014b街中の空き地にある木。 マンションの住民、窓から間近に花見ができますね、うらやましいなぁ。

庭に植えるには大きすぎる木です。 あるのは、よほど大きな古い家の庭か、郊外の農園です。

023b落花は、ひらひら風車のように舞い落ちてきます。 まるで黄色い蝶のよう、春の妖精。 セロファンのような、繊細な花弁は、まさに春の花ですな。

016bエスクィナパ(ESCUINAPA)の教会。

シナロア地方は今、初夏です。 そして、乾季のさなか。 汗ばむ日差しに青い空、木陰に渡る涼風が心地よい。 そして、春の花がいっぱい。

でもね、花見だ花見だと大騒ぎの日本と違って、メキシコの人たちって、花見なんてしないのね。、季節の花々は、ひっそりと咲き、静かに散っていきます。 それも好ましく思えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

黄金郷

020エル・ロサリオ(EL ROSARIO)の教会。

シナロア州南部の人口約2万人の町です。 17世紀半ばから、金銀の鉱山が開かれ、18世紀に盛隆を極めた町。

農場の牛がいなくなって、探しに行って山で日が暮れて迷い、夜が明けたら金や銀の鉱石で輝く谷間にいた、それがこの町の起こりだそうです。

特に銀の鉱床は膨大なもので、露天掘りから鉱脈を追って掘り続け、地上の道路の何倍もの長さのトンネルが町の地下にある状態になったそうです。

やがて掘りすぎで一帯は陥没し、大半の坑道は水没。 鉱脈も尽き、19世紀半ばに廃坑となった。

今は、シナロア海岸沿いの国道わきの、静かな町です。 メキシコ北西部最後の清流と言われる、バルアルテ川を見下ろす丘にあります。

021教会では、ミサが行われていました。 讃美歌が流れ、皆が低く和す。 外には、初夏の日差しがあふれています。 平和な、メキシコの田舎町の春の昼下がり。

正面の祭壇は、分厚い金箔でできているそうです。 もともとは1767年建立の旧教会にありましたが、1945年に老朽化で教会を移転したとき、一緒に移されたそうです。 ザクザク金が出たころ、ロサリオが黄金郷だったころの産物ですな。 近郊の村には、今でも砂金を集めて暮らしている人もいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

王者の死

008bおっ、OTTOの奴、大物を連れて来たな、良く慣れてるじゃないか、なんてお思いでしょうか? ええ、僕が住むメキシコ北西部、シエラマドレ山脈の王者、ジャガーです。 こんな風にじゃれあえたら良かったんですが。

残念ながら、悲しい出会いになってしまいました。

002a土曜日の朝9時ごろ、エル・ロサリオとビジャ・ウニオンの間の道路にて。 死後硬直が始まってましたから、夜明けごろの事故だと思います。 車が2台止まっていて、新聞社に連絡してる人もいました。

オスです。 テリトリーを巡回してたんでしょうか? 推定体重、70kgぐらいです。 きれいな体をしています。 毛並みは艶々で、傷一つない。 たぶん若い個体でしょう。 独り立ちして、新しいテリトリーを求めて徘徊していたのかもしれません。

002b安らかな死顔です。 うちのネコたちとそっくり。 可哀想に...。

004b前足の大きいこと。 僕の掌ぐらいあります。

この辺りは、いまだにジャガーの生息地です。 警戒心の強い動物で、人前に姿を現すことはないですが、山村の住民たちは、確かにいるって言います。 放牧している子牛やヤギが食われたとかも聞きます。 案外に身近に、ジャガーがひっそりと住んでいるのかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ