« ピンクのアマパ | トップページ | 花の下にて »

2017年5月10日 (水)

グドのアマパ

023b_2昨日記事にしたピンクのアマパ、Tabebuia roseaですが、我が家にもあります。 若木ばかり。 みんな、テアカパンに引っ越してきてから植えた子たちですから。

この木は、去年から、花を咲かせています。 グドのアマパって呼んでる木。 息子の愛ネコ、グドが死んだとき、息子が御墓に植えた木です。 今が花盛り。

グドのことは、一度書いていますので、ぜひご覧ください。 http://teacapan.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-b16f.html

グドが死んだのは2009年だから、この木は今年で8年になる。 初花は去年で、7年目。 苗のころから成長が早くて、どんどん伸びたんですが、他の丈が低いアマパが、もう花を咲かせているのに、この木だけは咲かなかった。

去年の春、息子と木を見上げながら、おい、お前のグドの木だけ、花が咲かないぞ。 今年は咲くよ、うんと色が濃い花だよ。 どうして分かるんだ? グドが僕にそう言ったよ。

その時は特に気に留めなかったんだけど、本当に初花が咲いた。 言った通り、珍しい濃いピンクの花だった。

ところが今年は、他のアマパが咲いている4月初めには、花が咲かなかった。 イースター休暇で帰省した息子と木の下で、おい、今年はお前のグドのアマパだけ、咲かなかったぞ。 5月に咲くよ、今年は枝いっぱいに。 本当か? うん、グドが僕にそう言ったよ。

グドがそう言ったって、グドと話せるのか、お前? よく夢に出てくるよ、それからいつでも呼び出せるんだ、寝てる時にね。 息子は、しれっとした顔で言うのね。

そして今、本当に枝いっぱいに濃いピンクの花が咲いている。

う~む...。 確かにこの子は、人間以外の生き物とのコミュニケーションには長けていて、普通じゃないところがあるんですよね。 グドはあの時以来、僕にはいなくなってしまったんだけど、息子にはちゃんといるみたいです。 そういうことも、あるんでしょうね。 息子を見てて、ずっとネコたちと暮らしてて、間違いなく、そういうこともあるんだと思います。

|

« ピンクのアマパ | トップページ | 花の下にて »

ネコの不思議話」カテゴリの記事

コメント

PoloVerdeと種類が違っていたんですね。どうりで花が大きいとおもいました。ピンクの花もあるんですね。
猫って不思議ですね。
名前忘れましたが有名な落語家が亡くなった後、大事にしていた猫が仏壇の前でずっと寝ている、という話を聞きました。
私も猫が行方不明の時夢に出て来たのを思い出します。
寝て居る所枕元に来て、少し濡れている感じでした。
あれいつ帰ったの、と猫に話しかけた夢ではっきり覚えていて、それから数日後ぐらいにお宅の猫を預かっている、という電話がかかってきて嬉しかったです。普段はべたべたしない猫でしたが、久しぶりに帰って来た時はゴロゴロ鳴らしてずっとくっ付いていました。

投稿: サニー | 2017年5月11日 (木) 10時04分

>サニーさん
この花、メキシコの温暖な地域の春の花です。 メキシコシティにはないです、冬が寒すぎたり、夏が暑すぎても、ダメなようで。
そう、本当にネコって不思議。 僕たちが知らないことを、たくさん見たり知ってたりするんでしょう。 こちらが思っていることも、みんなわかっているみたい。 先に天にいっちゃった子たちにも、必ず会えるような気がしています。

投稿: OTTO | 2017年5月12日 (金) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/70510534

この記事へのトラックバック一覧です: グドのアマパ:

« ピンクのアマパ | トップページ | 花の下にて »