« 真冬のチロエ島 | トップページ | 赤道直下のブラジルの田舎町から »

2017年7月 4日 (火)

冬から夏へ

024blogggチリ、チロエ島、ケイレン(QUEILEN)の夜明け。 真冬のチリアンパタゴニアは、穏やかな日に当たったんですが、メキシコの住民には、十分に寒かったです。

006bloogggとんがり屋根の教会。 木造です。 木の板でできたウロコ状の壁は、チリ南部の伝統的建物です。

021blogg北上して、パタゴニアの玄関口、プエルトモントへ。 安食堂は美味しくて安心価格。 ビールもワインも。ほとんどスーパーマーケットプライスで飲めます。

013bloogggさらに北へ。 チリの首都、サンチアゴ。 適度な清潔さと雑然さ。 人も適度に陽気で恥ずかしがり屋。 僕のお気に入りの街。

021bloggg真冬ですが、春の陽気です。 南米の町は、どこも気候が良いです。
057bloggg大陸を東に横断して、ブラジルへ。 アンデス山脈を横切ります。

071blogggブラジルの町って、上空から見ると、赤いです。 素焼きの瓦の屋根のせいなんですが、ちょっと異様な風景です。

092blogggブラジル中北部の町、フォルタレサ(FORTALEZA)にいます。 明日はさらに北上して、赤道直下の漁師町へ行きます。

|

« 真冬のチロエ島 | トップページ | 赤道直下のブラジルの田舎町から »

南米の旅」カテゴリの記事

コメント

OTTOさんが撮る写真はどれも味わいがありますが、一番上の写真の電線、味わい深いです。

投稿: 花てぼ | 2017年7月 5日 (水) 21時50分

>花てぼさん
ありがとうございます。 電線は入れたくなかったんですが、車の窓から大慌てで撮ったんで。 こうして見ると、電線もなかなか風情がありますね???

投稿: OTTO | 2017年7月 9日 (日) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/71044868

この記事へのトラックバック一覧です: 冬から夏へ:

« 真冬のチロエ島 | トップページ | 赤道直下のブラジルの田舎町から »