« 冬から夏へ | トップページ | また一つ、地上の楽園 »

2017年7月 9日 (日)

赤道直下のブラジルの田舎町から

127blogggg_2ブラジル北東部海岸、セアラ州のアカラウ(ACARAU)という、人口約2万人の漁師町に居ます。 ここは南緯2.5度。 南半球ですが、まあ赤道直下です。 気候は、昼間は30度、朝方が22度ぐらい、今は乾季なんで湿度は低めで、なかなか快適です。

今回の旅は、日程がきつくて、仕事場とホテルの往復状態。 もうこの町に来て4日になるんですが、市場にすら行っていない。 写真は、町の目抜き通りです。

078bloggggこれが噂の、カイピリーニャ。 カサシャというサトウキビから作った蒸留酒を、たっぷりのライムジュースで割って砂糖を加えます。 砂糖なしで飲む人も多い。 アルコールそのものを口が歪むほど酸っぱくしたような清冽なカクテル。 僕は飲めない人なんで、舐めてみただけなんですけどね。

080bloggggブラジルでも海辺の町には、美味しい魚介の料理があります。

096でも、やっぱり肉中心のようです。 ブラジルもあと数日なんで、頑張ってブラジルを堪能しなきゃ。 美味しいものも、どんどん食べなきゃね。 

|

« 冬から夏へ | トップページ | また一つ、地上の楽園 »

南米の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/71089954

この記事へのトラックバック一覧です: 赤道直下のブラジルの田舎町から:

« 冬から夏へ | トップページ | また一つ、地上の楽園 »