« 夢の町、サンチアゴ | トップページ | 声掛からず »

2017年7月21日 (金)

ストリートドッグの街

017vlogggチリ、プエルト・モント。 真冬の南緯41度の町。 日が落ちると、気温は氷点近くになります。 繁華街の安食堂も、早仕舞い。 店の前には、ストリートドッグたちが、店の人たちが用意した段ボール箱の簡易寝床でお休みです。 優しい人たちですな。 これならガードマン要らずだしね。

チリでは、どこでもストリートドッグが多い。 飼い主はいないが、誰かから適当に食べ物を貰い、人と平和に共存しているようです。 みな人に従順で、絶対にに吠えたりしない。 大型犬ばかりで、いい体格をしています。

042bloggg_2チロエ島、カストロの町はずれにいた子。 羊なみにでかくて、羊みたいに、もふもふ。 ここいらのストリートドッグは、たいていは長毛です。 寒いところですから、環境適応でしょうか。

012bloogggこちらは、サンチアゴの街中の、バスステーション。 通り道の真ん中に、悠々と寝てますね。 邪魔な事この上ないんですが スカートのお姉さんが、犬ちゃんを平気で跨いで行ったりします。

そういえばね、アルゼンチンもストリートドッグが多いんですがね、通りは犬の糞だらけでして、ブエノスアイレスなんか町全体が糞臭いぐらい。 チリの町は、そうでもないんですよね、どうしてだろうか?

010blooogチリでは、町のどこにでも、立派な犬ちゃんがいます。 路上自由生活者の人たちも(少ないですが都会にはいます)、可愛いくて立派な犬ちゃんたちと暮らせます。

042blogggサンチアゴ空港にて。 麻薬取締犬です。 ストリートドッグたちに、負けず劣らず、可愛い~。 後ろのお兄さんは、麻薬Gメンですかね。 シナロアからヨオコソ、って訳ですな。 OTTOおじさんの、お宝写真です、むふふん。

|

« 夢の町、サンチアゴ | トップページ | 声掛からず »

南米の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/71180649

この記事へのトラックバック一覧です: ストリートドッグの街:

« 夢の町、サンチアゴ | トップページ | 声掛からず »