« ナヤリト州、へスス・マリアへの小旅行ーIV 山の上 | トップページ | ナヤリト州、ヘスス・マリアへの小旅行ーVI メサ・デ・ナヤル »

2017年11月15日 (水)

ナヤリト州、ヘススマリアへの小旅行ーV サボテン林

068pukipukiひと山越えて、標高1000m以上の高原地帯に入る。 松やカシワの林と、灌木とウチワサボテンの疎林が交互に現れる。 まるで中央高地のような風景です。

069pukipukiメキシコと言えば、サボテンでしょうかね? ウチワサボテンとか、ハシラサボテンとか、大きいのも小さいのも、いろんな種類が北部の砂漠地帯から、冬には雪が降る高地にも、南部の熱帯雨林まで、メキシコ全土に分布してます。

そうです、サボテンって、砂漠以外でもあるんです。 僕が住むシナロア南部は、乾季落葉林という植生でして、夏の雨季は日本の梅雨以上の雨量ですが、サボテン、しっかりとあります。

070pukipukiメキシコの民は、サボテンと共に生きてきた、 ウチワサボテンは、野菜として広く食用にされる。 ちゃんと下ごしらえをして使えば、とても美味しい。 ツナとかピタヤとか呼ばれる、うっすら甘くて果汁がいっぱいの実は、そのまま食べたりお菓子にしたり。

071pukipukiこんな砂礫と岩ばかりの土地では、野菜が作れない。 こんなところに住む人達には、サボテンが唯一の野菜だったりします。 一年中緑で、採っても採っても新しい葉が芽生えるサボテン。 水分をたっぷり含み、ビタミンとミネラルが豊富。 神様の贈りものですね。

073pukipukiサボテンの原野の、岩の間の僅かな砂地に咲く花。 ヒャクチニソウの原種だと思います。 ヒャクニチソウも、メキシコの高原が原産地です。 こちらでは、夏の雨季に芽生え、秋に咲き乱れる花です。

|

« ナヤリト州、へスス・マリアへの小旅行ーIV 山の上 | トップページ | ナヤリト州、ヘスス・マリアへの小旅行ーVI メサ・デ・ナヤル »

旅行・地域」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

ヒャクニチソウが野生化しているとは?そちらが原産地だったんですね。
サボテン🌵こちらの名物サワロサボテンは
余り冬寒くなるセドナ方面には生えてなくて気温によってサボテンの生えて来る種類が違いますね。
初めてセドナのレストランでサボテン食べました。
栄養もあるようですね。

投稿: サニー | 2017年11月15日 (水) 06時34分

>サニーさん
ヒャクニチソウは、中央高地の野原には、たくさんあります。 日本の園芸植物、メキシコ産が結構あります。 コスモス、アサガオ...
アリゾナの柱サボテン林、見事ですね。 こちらにも似たのがありますが、森の中に生えてます。 ウチワサボテンも、アリゾナに有ったような。 ちゃんと料理すれば、美味しいです。

投稿: OTTO | 2017年11月16日 (木) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/72188034

この記事へのトラックバック一覧です: ナヤリト州、ヘススマリアへの小旅行ーV サボテン林:

« ナヤリト州、へスス・マリアへの小旅行ーIV 山の上 | トップページ | ナヤリト州、ヘスス・マリアへの小旅行ーVI メサ・デ・ナヤル »