« 久しぶりにメキシコシティ | トップページ | チャプルテペック公園、動物園 »

2017年12月 3日 (日)

いつでもどこでも屋台食

071pukipkii格安航空が案の定1時間半遅れで、メキシコシティ空港に着いたのが午後5時。

今回は、メキシコシティの看板大通り、レフォルマ通り沿いの、一泊1000ペソぐらいのホテルにしました。 メキシコシティの中心地で、チャプルテペック公園のすぐ近くです。 繁華街でもあり、オフィス街でもあります。

お腹が空いた。 朝から何にも食ってないもんね。 荷物を部屋に放り込んで、通りに降りて、鼻をクンクン。

僕は、メキシコでは、いつでもどこでも、ストリートの屋台フードです。 人がいるところなら、絶対に屋台がある。 もちろん、メキシコシティでも。

どうして、いつでもどこでもかって? だって、美味しいんだもん( ^ω^ )。

025pukipukiメキシコシティのど真ん中の、こんなの誰が買うんだと呆れるような値札が付いたウィンドウが並ぶ高級繁華街でも、道路一つ入れば、庶民フードの屋台が連なる場所があります。 メキシコって、魅惑の不思議の国なのかもしれない。 さて、それではアリスになって...w(゚o゚)w。

024pukipuki屋台通りは、旅行ガイドには出てないし、ホテルで訊いても教えてくれないけど、少しメキシコに住んでれば、雰囲気でどこいらに屋台があるが分かるようになる。 それから、嗅覚ね。 もちろん道行く人を呼び止めて、お金ないけど旨いタコスが食いたい、とはっきり言えば、そうかそうか、うははと笑って教えてくれるけど。

312pukipuki香ばしい煙に包まれた、まるで祭りの晩みたいな通りの、屋台を覗いて回るだけでも楽しいけれど、これはもう見るだけでは絶対我慢できないね、どんなにお腹がいっぱいでも。

314pukipuki何でもござれだけれど、やっぱり狙いはタコスだね。

316pukipuki本当の、プロのタコスシェフは屋台にあり。 見事なもんです。 そりゃそうさ。 毎日何百何千の、タコスをお客が見てる前で、ちゃちゃちゃのちゃっと作るんだから。 すし職人も真っ青さ。

022pukipukiタコスもいろんな種類があって、具材もサルサもトルティージャも、千差万別億通り。 地方によっても違うから、極めるのには一生かかる。 そうそう、死ぬまでタコスを食い続けろってね。

どこの屋台も、美味しいものが、ぎっしりだ。 これじゃあ、お腹が持たないね。

027pukipuki焼肉タコス。 一個10ペソ(60円ぐらい)。 トッピング野菜とサルサで、肉が隠れちゃった。 いくらでも、野菜を乗っけていいんです。 サルサだって、好きなだけかけていいんです。

319pukipukiこちらは、アルゼンチン風タコス。 粗挽き腸詰ソーセージにフレンチフライが乗ってくる。 味もボリュームも、確かにアルゼンチンだね、これは。

017pukipukiあ~、食った食った。 しかし、肉食ばっかりじゃいけません、バランスを取らなきゃね。 はいはい、大丈夫。 ちゃ~んと、屋台にありますよ。

021pukipukiフルーツカクテル、一丁上がり。 25ペソ。 塩を振り、ライムを絞り、チリペッパーをさらっとかける。 そうだよこれがメキシコの、マッチョ風ってやつなのさ。

080pukipukiメキシコの都会では、オフィス街の朝早くにはね、辻ごとにこんな屋台が立って、熱いココアやコーヒーやらと、サンドイッチやタマレスを売っています。 作りたてのほやほやで、レタスもアボカドもパリパリで、コンビニのいつ作ったのか分からない干からびたサンドイッチとはわけが違う。 オフィスガールが袋にポンと放り込んで、コインをお兄さんの掌に落として、風のように去っていく。 ちゃちゃちゃーんとPCを立ち上げる間に、頬張るのかな、良い一日のスタートだね。

016pukipuki通学を急ぐ学生たちや、夜勤帰りの労働者たちも、やってくる。 白い息を吐きながら、熱いココアをふうふう啜る。 こういう店は、日が高く上るころには、蜃気楼のように消えてしまう。 束の間の、都会のオアシス、憩いの場だね。

今回のメキシコシティは、2泊3日の駆け足でしたが、食事はすべて通りの屋台でした。

|

« 久しぶりにメキシコシティ | トップページ | チャプルテペック公園、動物園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

食べ物」カテゴリの記事

コメント

メキシコシティーの屋台、どれもおいしそうで迷っちゃいますね。Huaracheっていうのかな?大きな平べったいやつ、1個でおなか一杯になりました。不思議な食べ物はタマレを挟んだサンドイッチ?!炭水化物100%じゃ~。久しく行ってないので行きたくなりました。

投稿: Midori | 2017年12月 3日 (日) 23時45分

>Midoriさん
そう、胃袋が一つしかないのが残念で。 チャルーパやワラチェの焼き立てを畳んで齧るの、僕も好きです、でもあれ一個でお腹いっぱいになっちゃうもんね。 昔に比べて、屋台がステンレス製で清潔になってる印象でした。 政府も力入れてるんでしょう。 メキシコのストリートフードって、世界遺産クラスじゃないですかね? たまのシティ、良いなあと。 毎日食べ歩きしながら、1週間ぐらいいてみたいと思いました。

投稿: OTTO | 2017年12月 4日 (月) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/72347308

この記事へのトラックバック一覧です: いつでもどこでも屋台食:

« 久しぶりにメキシコシティ | トップページ | チャプルテペック公園、動物園 »