« 晩秋のパタゴニア | トップページ | とびきりの楽園 »

2018年4月24日 (火)

サンチアゴの秋

075pukipukiチリの首都、サンチアゴ(SANTIAGO)にいます。

南緯33度。 人口約600万人。 標高約500m。 海岸から数十キロ内陸のアンデスのふもとにある街です。 新雪の雪山が遠くに見える。

地中海気候で、年中気候温暖。 降雪は極めて稀で、去年何十年かぶりに雪が積もったって大騒ぎになったそうな。 中秋の今は、朝方はひんやり涼しく、昼間は初夏の陽気。 快適そのものの気候です。 

078pukipukiサンチアゴは、大好きな街。 明るい空と乾いた空気。 広いスペース。

083pukipuki街並みも、そこそこ清潔で、そこそこ静かで、諸所にラテンの陽気さ、磊落さが散らばっていて。 とっても安らぐ街。 今のところ、南米の大都会では一番好きだ。 ただ、チリは今は通貨が強くて物価が高いし(ワインは安いけど)、食べ物がエクアドルやペルーに比べてバリエーションが乏しくてイマイチではあるんだけど。

073pukipuki色づく街。 紅葉らしい紅葉をみたのは何十年ぶりだろうか? 僕が住むメキシコにはないんだよな、こんな紅葉は。

029pukipukiカエデの類の紅葉も。 写真では冴えないけど、秋の日差しに輝いて、青空に溶けだしそうだ。

030pukipuki郊外に出ると、こんな風景。 チリもね、だいたい砂漠気候です。 野山は半ばハゲ山で、谷沿いには樹が茂る。 カリフォルニアみたいな風景だ。 そうそう、この辺りはブドウの大産地で、ワイナリーがあちこちにある。 チリワインを育んだ大地だね。

014pukipuki田舎でも道路は広く、家も立派、敷地も広い。 リンゴ畑はたわわに実り。 実りの大地だね。

022pukipuki川沿いにはポプラの仲間の森が続き、黄葉がきれい。 メキシコには絶対にない風景だ。 こんなところの小さな村なら、住んでみたいと思うな。 果樹園の奥の山裾の、暖炉のある小さなログハウスで...、なんてね。

|

« 晩秋のパタゴニア | トップページ | とびきりの楽園 »

南米の旅」カテゴリの記事

コメント

美しい!

投稿: | 2018年4月30日 (月) 10時58分

>名無し様、
気候が良くて四季がしっかりとある処って素敵だと思いました。

投稿: OTTO | 2018年4月30日 (月) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265829/73361085

この記事へのトラックバック一覧です: サンチアゴの秋:

« 晩秋のパタゴニア | トップページ | とびきりの楽園 »