« ブラジルの青い空 | トップページ | ストリートシュラスコ »

2018年7月30日 (月)

庶民定食

133pukipukiブラジル中北部の田舎町、アカラウに来て1週間少々になります。 モトタクシーが疾風のように行き交う、小さな町。

005pukiupki町の市場は、いつもごった返してます。 今回は一人旅なんで、庶民が通う普通の食堂で食事をしてます。

019pukipuki市場の片隅の、こんな食堂とか。

018pukipuki何があるの? たいていは、肉と鶏の煮込みとかが2,3種類。 さっと決めれば、ちゃちゃっと盛ってくれて、はいどうぞ。 どこでも白ごはんと、豆の茹でたのと、スパゲッティが付いてきます。 なかなか美味しい。 早いのも良いです。 でもね、野菜が足りないのね、どこの食堂でも。 椰子の水は飲んだけど。でもこれでは野菜を摂ったことになりませんな。

024pukipuki_2よし、それなら今日は作戦変更。 お姉さん、何でもいいから野菜盛ってください。 OK、とんとん、はいっ。 刻みネギがごっそり(^-^;。 ブラジルって、青ネギは新鮮なのがどこにでもあるのね。

どうです、なかなか大盛りでしょう。 シエスタが必要なぐらい、満腹になります。

006pukipuki_2お姉さん、今日はネギ以外の野菜でお願い。 とんとん、ほら。 リーフレタスが来ました。 なんだ、頼めばあるんだ。 けっこういいバランスの食事になりましたねヽ(´▽`)/。

こういう定食、だいたい10~12レアル(400円以下)で食べられます。 

014pukipukiブラジルの田舎町では、お金が無い人は多いようだけど、飢えてる人はいないように見える。 人は磊落で気前がいいし、ネコも実におっとりしてて、良く肥えてます。 豊かな国だと思います。

|

« ブラジルの青い空 | トップページ | ストリートシュラスコ »

南米の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庶民定食:

« ブラジルの青い空 | トップページ | ストリートシュラスコ »