« メキシコシティ節約旅行ーVIII 国立宮殿や大聖堂とか | トップページ | 僕のシナロア »

2019年2月13日 (水)

メキシコシティ節約旅行ーVIIII セントロ界隈

260pukipuki_2メキシコシティ、セントロ、土曜日の夕方。 かってのアステカの都は、今もメガシティの中心地だ。

メキシコシティは、ここ20年ほどで、ずいぶん綺麗になり洗練されたと思う。 それでも、混沌が極まって生まれる調和のような不思議な安心感は全く失われていない。 少し間延びした喧騒と華やかさに生活臭が混じる、とてもリラックスできる世界。 こういう空気はラテンアメリカの都会に共通するけど、メキシコシテイは格別だ。

273pukipukiここは庶民の町だね。 普通の人達の、経済的に豊かじゃない人たちの生活の場。 ガイドブックなんかでは治安が悪いとされている。 どうかな? 庶民の地域=危険、必ずしもそうではないよ。 こんなにたくさんの普通の人たちが平和に共存しているんだから。 同じレベルで同じ目線になれば、とても居心地がいいところです。 貴方も普通の人なんでしょ。

279pukipukiコロニアル建築とビルが混在する。

280pukipukiブエノスアイレスに少し似てるかな、でもメキシコシティのほうがビルが低くて通りが広い分、明るくて風通しが良い。 それから犬の糞が無い。 メキシコシティのほうが清潔ですなヽ(´▽`)/。

314pukipuki歩行者天国の商店街が縦横にある。 やたらと人が多いのも好ましいです。

282pukipuki懐かしい80’sを弾いていた楽隊。

315pukipukiこちらは、メキシコ版ですな。 どちらもなかなか上手でした。 こういう雰囲気の中で聞くと良く聞こえるんでしょうけど。

317pukipuki20ペソで写真を撮らせてもらえます。 いろんな商売があるものですな。

318pukipuki反女性虐待のポスターのようです。 怖そう、でもいい感じ。 萌え萌え~(またやってる...(^-^;))。

322pukipuki宵闇迫る町。 まだまだこれからなんでしょうな。

329pukipukiほんの2丁ほどですがチャイナタウンもありました。 ちょうどチャイニーズニューイヤーでして日が暮れたら盛大に爆竹を鳴らしていました。

325pukipuki庶民的な食堂がたくさんあります。

歴史地区にはコロニアル建築を使った豪勢なレストランも方々にありました。 それでも定食でせいぜい150ペソ(800円ちょっと)ぐらい。 一食50ペソが予算のOTTOおじさんたちはメニュー見ただけで入らなかったけど。

8時過ぎまでうろうろして、安食堂で夕飯を済ませ、メトロで宿に10時過ぎに戻りました。 メトロが自信たっぷりに使えるようになると行動に余裕が出ます。 5ペソ乗り放題でメキシコシティじゅうどこでも行けますから。 

|

« メキシコシティ節約旅行ーVIII 国立宮殿や大聖堂とか | トップページ | 僕のシナロア »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

メキシコシティの街のお写真を見てたら、
なんでか20年位前の新宿とか、渋谷の街を思い出しました。

私は当時喧騒が嫌いで、ごちゃついた街は足早に通り過ぎたい!なんて思っていたんですけど…、

今思えば、あの頃はまだ「人のにおい」に溢れた空間だったんだな…、
なんて気付いたりして。

最近の東京の繁華街は、どこ行ってもおんなじですからね。
街の色…っていうか、街ごとに違ってた「街の個性」ってなくなっちゃった気がします。

今は東京を離れて暮らしてるんですが、
地方は地方でさびれてたり、…でもそのほうがどこかまだ親しみやすかったりして。

…とにかく思うことは、メキシコって、良くも悪くも、「彩り」の強い街なんですね。

憧れてしまいます。


投稿: Ermitaño | 2019年2月14日 (木) 03時30分

>Ermatanoさん
僕は35年前に日本を出てしまったんですが、久しぶりに日本に行くとどんなに人が多いところでも無味無臭で無機的に感じました。 町から生活臭がしまうと人の営みが見えなくて不安でもありました。 その点ラテンアメリカはむんむんと濃いです。 とりわけメキシコは大都会ですら。 僕は喧騒は嫌いですが、こういうのなら許容ですね。 メキシコは良いですよ、いっぺん来てみなが(*^-^)。

投稿: OTTO | 2019年2月14日 (木) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メキシコシティ節約旅行ーVIIII セントロ界隈:

« メキシコシティ節約旅行ーVIII 国立宮殿や大聖堂とか | トップページ | 僕のシナロア »