« 2月の向日葵 | トップページ | 霧の朝 »

2019年2月28日 (木)

今日の夕方の空

012pukipuki_5夕方 の空に現れた、非常に明るい幻日。 太陽の左右の虹のように分光した光がそうです。 3つの太陽と言われる現象。 椋平虹ですな。 一昨日から3日続けて夕方に現れていますが、今日のは希に見る見事さです。

019pukipuki上空に寒気が入っている割には、あまりぱっとしない夕暮れ。 去年のハリケーンで葉が吹き飛ばされて寂しくなった椰子の木立。

020pukipuki日が落ちてしばらくすると、雲が焼けはじめました。 帯状や薄い放射状の雲が多いです。 ちょっと嫌な感じ。 僕は、地震の前に出やすい雲というのは必ずあると思っています。 こうして毎日空ばっかり見てるとね。 出たから地震が起こるって訳ではないにしろ。 一応、地震に注意ですかね。

|

« 2月の向日葵 | トップページ | 霧の朝 »

気象」カテゴリの記事

コメント

いつもながら、スゴイ空ですね。
地震の予兆とか、そういうことも気になるところですが、

投稿: Ermitaño | 2019年3月 2日 (土) 03時30分

…ごめんなさい。うっかりコメント途中で切れてしまいました。

地震との関連なども気になるところですが、椋平虹って、本当に不思議な光景ですね。

見上げた空がここまで美しいと、圧倒されてしまいそうだな…なんて思ってしまいます。

昔っから人は空を見て、天災とか気候変動とか、生活に関わる大切な情報を察知していたんでしょうか。

今って、空を見てる人が昔よりも少ないんじゃないかって思うんですが、きっと今でも空は色んな情報を教示しているんでしょうね。

そう思うと本当に空って興味深いですね。

ますます空を見るのが好きになります。

投稿: Ermitaño | 2019年3月 2日 (土) 03時50分

>Ermitanoさん
今朝、しっかり地震がありました、ペルーでM7.

幻日とか暈とか虹とか、光学現象はいつも空を見てればけっこう頻繁にあります。 そして毎回表情が違います。 雲もですが。 昔の人って、僕なんかよりもっと空を見てたはずだから、いろんなことが分かったんじゃないかと思いますね。 もっともっと、空を見なきゃ。 

投稿: OTTO | 2019年3月 2日 (土) 05時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の夕方の空:

« 2月の向日葵 | トップページ | 霧の朝 »