日記・コラム・つぶやき

2017年12月13日 (水)

祈り

030pukipuki今朝早く、若い漁師が一人、死んだ。 まだ真っ暗な4時に浜を出て、湾口の浅瀬で横波を受け、小さな船外機付きの漁船は覆り、2人はブイに捕まったが、彼だけは浮かばなかったそうだ。

今年もエビが不漁で、それでも少しはましなテアカパンへ、妻と2人の子供を残して、隣州の村から漁船を曳いてやってきて、3日目だと言う。

オバサンたちの、眉を顰めているけれど、いなくなっても困る人ではないと言う、安堵が臭う喧しいおしゃべりが耳障りで、今日は一日気が重かった。

日が暮れてから、浜に出てみれば、老漁師が洞のような灰色の目で、空を見上げて話しだす。

4時の湾口は魔物がいる。 俺が若かったころ、あそこで船が何度も難破したが、いつでも夜明け前の闇だった。 村の奴らは、あの時間には出ないんだ。 奴は他所から来たばかりだから、知らなかったんだ。 少しでもよけいにエビを獲って、家族に金を送りたかったんだろう。

...西の海原の彼方に、いつも雲が切れて、光が射しているところがある。 ラ・グロリア。 海で死んだ漁師は、ラ・グロリアの光の道を通って、天に行く...。

ほら、ラ・グロリアだ。 無事に天国に、行ったようだな。

僕にはどの光が、ラ・グロリアなのか分からなかったけど、すっと心が軽くなった。

...数多の魚の命を取った、男が一人死んだだけ...。

ラ・グロリアの光の中で、殺めた魚たちに、会えただろうか?

夕焼雲が光を失い、きれいに澄んだ、冬の空。 星たちが、雲の向こうで瞬きはじめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

椰子の葉っぱ

006pukipuki我が家の横の空地の、椰子の木立。 朝日をあびる姿が好きだ。

メキシコは寒波来襲とかで、中央高地や北部の山では雪が降っただの言ってます。 常夏の楽園、テアカパンでは、朝方が少し涼しくなった程度です。 午後に浜に出て、夕日の中で海水浴に最高の気候。

でも昨日から、やたら帯状の雲が全天を覆ってます。 上空には寒気が入っているんでしょう。

013pukipukiこれは、昨日の夕暮れ。 赤い夕焼けもですが、やっぱり放射状に広がる帯状の雲が気になります。 地震雲かも?

005pukipukiて、庭の日よけの屋根を葺き替えました。 古くなった椰子の葉っぱを下して、新しい葉を乗せるだけです。 葉っぱは、村の椰子の実取りのお兄さんに木に登って切り落としてもらいました。

026pukipukiなんか、こうして見ると、隙間が多くてあんまり良い出来じゃないですな(´・ω・`)。 まあ、木漏れ日が通るぐらいのほうが気持ちが良いもんね、良しとしましょう。

006pukipuki_2ところでね、椰子の葉っぱって、こんなに大きいんですよ~。 これで葉柄は切り落としてます。 全長で5mぐらいあります。 それに、重いのね。 この葉っぱを、土佐の一本釣りみたいに、端っこを持って持ち上げようとして、その時一陣の風が吹き、バランスを崩して腰を痛めました。 う~、椰子の葉ごときで何たる不覚(でも本当に重いのよ~)。 できれば巨大マンタ君と格闘の末、なんて行きたかったんですがね。 あ~いててて、腰が伸びないよ~。 歳には勝てませんな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

我が家の野菊

003pukipuki常夏のテアカパンも、12月に入って、涼しくなりました。 最低気温18度、昼間も30度を超えなくなった。 毎日、透き通るような青空。 朝方には海霧がかかり、素晴らしい季節です。 季節は移ろい、日は陰り、雲の端輝き...。

庭のライムの木の陰に、こんな花が群れ咲いています。 野菊の類ですが、何という花ですかね? 少し青味のある、直径3cmぐらいの、端正な菊の花。 こぼれ種が芽生えて、毎年今頃に咲きます。 誰も目にとめないんだけど、遠い日の、日本の秋の野を思い出させてくれる。 僕の大好きな、メキシコの晩秋の花。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

とりあえずは

009pukipuki_2アグア・グランデ(AGUA GRANDE)から、積雲浮かぶ湿地帯を望む。

雲が綺麗な季節になりました。 木陰に入れは、吹く風涼し。 

018pukipukiエスクィナパの中央広場。 青い空と、白い雲が似合います。

010pukipuki_2今日は銀行に用があって、朝から隣町へ。 僕の前には3人しかいなかったのに散々待たされて、要領の悪い対応で時間を取られ、済んだのは、お昼過ぎです。 ああ、疲れた。 なんか旨いもんを鱈腹食って、元気を出そう。

いつも脂が焼ける香ばしい煙に包まれた、炭火で焼いた焼肉(CARNE ASADA)が美味しい、この食堂にしましょうかね。

050pukipuki昼食セットを頼んだら、こんな具合です。 こりゃ、とても食べきれないぞ。 とか言いつつ、なんだかんだで食べちゃうんだけどね、ぎゃはは。

青い空と、白い雲と。 それから、こんな食べ物があれば、とりあえずは幸せね。 メキシコだもんね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

実りの秋

001pukipukis朝露きらきら。

やっと、11月ですな。 常夏のテアカパンにも、秋の気配。 湿度が下がって、過ごし易くなりました。 僕の楽園、テアカパンの農夫は、朝露がたっぷりと降りるようになると、雨季は完全に過ぎ去り、もう雨は降らないと言います。

これから3月まで、最高に良い気候です。 蚊が少なくなって、海に出るのも良い季節。

018pukipuki波に揉まれて、ナミノコガイを集め。

024pukipuki漁師のロビンさん、獲りたてのエビを持ってくる。 シナロア名物、本物のブラウンシュリンプ。 皮も身も、ぷりぷり弾けそう。

020pukipuki良いサイズの、サワラも少々。 それから、上の魚は、僕が朝駆けで釣ってきた、ブロと言う魚。 カルパッチョにしようかな。

秋風は、海の幸も連れてくる。 実りの秋、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

頑張ってる~

033pukipuki安くて美味しい、パンチョさんのタコスの屋台。 いつでも超満員。

ところがね、立ち食いで、椅子もテーブルもないのね。 片手にタコスの皿を持ち、片手に飲み物。 どうやって、具を乗っけてライムを絞り、タコスを巻いて口に運ぶか? 困ったぞ。 

030pukipukiう~む、頑張ってますな...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

散歩道

084pukipukiやっと朝夕が、少しだけ涼しくなってきました。 まだまだ昼間は30度で、夜寝るのも、扇風機全開ですけど。

もう、スコールの気配は無く、毎日夕方はこんな空。 これから3月まで、最高に良い気候です。 夕日に影を長く引いて、野道を散歩。 これから、毎日ね。 るんる~ん。

雲が光を失い、空に溶けていき、星が瞬き始める。 細い三日月が西空にかかり、やがて沈んでいく。 いつの間にか、満天の星空。 白鳥座、ミルキーウエイを翔ける。 冬の星座が昇るまで、こうしていて、いいんです。 いつまでも、いつか遠くへ行くまでね。 (また言ってる(*^-^))。

105さて、いつもの散歩道、ウシが一匹、繋がれていました。 あらま、僕を睨んでるぞ。 う~、嫌な感じ~。

しかし、よく見ると、このウシちゃん、額のマークがハート型。 こりゃ、何か良い事、あるかも知れないぞ、むふふ~ん。 日本に引いて行って、愛の縁結びウシ、お二人で記念写真はいかが、永遠の愛が訪れること請け合いで~す、一回1000円!、とかね。

まずは僕が、ご利益にあずかりますかな。 では、額にちゅ~させてもらうことにする。 ウシちゃ~ん、はい、いきま~す。 ブルルル、ブモ~...。 あぎゃ~...Σ(゚д゚;)━━!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

草刈り

023pukipukiここ3日ばかり、いい天気です。 今日なんて、朝から雲一つない青空。 10月も半ばになり、やっと完全に雨季は過ぎ去ったようです。

今年はしつこく雨が降ったもんで、裏の空き地の雑草は伸び放題。 いつも喧嘩ばっかりしてる家内と顔を見合わせ、そろそろやるか?

得物は、ちっちゃなストリング式のガソリンエンジンの草刈り機です。 ほら、鉄の歯じゃなくて、プラスティックのヒモが回って刈るやつね。

軽快なエンジン音と振動の中、ぶんぶん草をなぎ倒していく。 草刈りってなかなか楽しい。 ただし、機械の調子が良くて、草が伸びすぎてなくて、それから気候が暑すぎない場合は、ですかね。

雑草どもは育ちすぎて木質化してるし、蔓草もあって軸に絡まり、機械は頻繁に止まる。 そのうちオーバービートなのか、エンジンがかからなくなる。 始動紐をプルンプルン引きすぎて手の平に水膨れができる。 気温はまだまだ気温は30℃。

もうダメ、止めたっと。 結局、1/5も終わらないうちにギブアップです。 まあ良いや、もう少し涼しくなってから、ぼちぼちやろっと。 今年中に終わればいいや、ぎゃはは(*^-^)。

017pukipukiエンジン音に浮かれて、こんな強面のヘビちゃんが這い出してきました。 いらっしゃいませ~。 こういう来客は、大歓迎です。

020pukipuki長さ50cmほどの小さな子ですが、ツチノコみたいに胴太で頭がくびれ、いかにも毒蛇風です。 なんというヘビですかね?

027pukipukiこんな、きれいな花も咲いています。 刈ってしまうのが惜しいですな。 と言うか、今日はそこまで到達できなかったんですけどね。 思う存分、咲かせてあげましょうかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

風に吹かれて想うこと

097pukipuki10月12日は、民族の日(DIA DE LA RAZA)だったんで、ほんの4日間ですが、町の大学に通う上の息子が帰省していました。 コロンブスがアメリカ大陸を発見した日でして、ラテンアメリカでは祝日になっている国が多いんです。 たった140kmの距離です、バスを乗り継いで4時間なんですけどね。

海洋生物学を専攻する息子。 赤ん坊のころから肩に乗せてフィールドに連れ出し、ともに海浜や野山を探索した、僕の分身です。 4339mのコリマ雪山にも、一緒に登ったっけ。

さっそく浜に繰り出し、週末は隣州の山村へ。

大学の研究を目を輝かせて話し、貝や甲殻類をすらすら学名で言うのに、僕はたじたじで。 逞しくなりました。

卒業したら、どうするんだ? いい仕事有りそうか?

いや、すぐに仕事には就かないで、あちこち旅してみたい。

おいおい、お金、どうするんだ? 外国にも行くんだろ?

ほら、行商っていうのかな、車で物を売りながら旅してる人っているじゃん? ああいうのって、どうかな?

...(○゚ε゚○)...

思えばね、僕も学生の頃、そんなことを考えたっけ。 初めてできた、恋人と呼んでも良いようなコと、ヒッピーみたいにして、世界を旅できればって。 けっこう真剣だった。 畳に世界地図を広げて、肩を寄せて、頬杖ついて、指で辿り...。 下宿部屋の窓から秋の夕日が射し、鉄道線路にセイタカアワダチソウが群れ咲いていた。 あれは、遠い日の、やっぱり秋の日。

もちろん夢はかなわず、あのコは家業を継ぎ、僕は田舎町の大学院に残り、そしてアメリカへ行った。

息子の夢を、かなえてあげたい気もします。

こうして束の間を、昔のように一緒に、夢のような時を過ごしている息子。 もうすぐ、もっと遠くへ行ってしまう。

そして、やがて僕も、遠いところへ行く...。

でもね、息子を送り、荒野のバス停で、一人で空を眺めているとね、それが終わりではなく、始まりでもないような気がしたのね。 何も終わらず、何も変わらず、全ては巡り、いつまでも...、そんな気がしたのね。

野花咲き乱れ、千切れ雲飛ぶ、10月の荒野の、透き通った風の中で、想ったこと...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

秋というのに

032pukipuki白花のツユクサの仲間。

シナロア南部では、白花は原野に多い。 青花のツユクサは、町の道端や空地で見られる。 白花が在来種で、青花は移入種じゃないかと思っています。

004pukipuki今年は、10月も半ばだと言うのに、いまだに雨季の様相です。 午後には東のシエラマドレ山脈にこんな雲が沸き立ち。 夕方には空いっぱいに崩れ、夜半には激しい雷雨になる。 いつもの年なら、10月の声を聞けば、秋空が広がるのに。

035pukipuki我が家の横の空地。 しつこく雨が降るもんで、雑草が凄い茂り様。 立ったままで、楽々とかくれんぼができます。 全身藪蚊に刺され、引っ付き虫だらけになりますけどね。

011pukipkui午後の浜には、人影なし。 足跡一つなし。 秋の海...。

11年愛用していた、キャノンのバカチョンデジカメを、3週間前に海に落としてオシャカにしました。 安物だったけど、遠くに行ってしまった父ちゃん母ちゃんが、あいやテレビ付きのカメラだんべ、と目を丸くした思い出のカメラ。 どこへ行くにも一緒だったのに。 それで、携帯では写真を撮る気になれず、ブログの更新も減ってました。 そろそろ元気出して行きます。 そう、秋だもんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧