日記・コラム・つぶやき

2017年6月24日 (土)

また、夢のネコ

012blogg黄熱病の予防注射を打たれてから、体調を崩してます。 もう、一か月近くになるのに。 生ワクチンを腕に打たれて、すぐに体がだるくなった。 それから酷い眠気。 夕方には、体の節々が痛くなり、頭も痛い。 そして、一週間ほど後に、鼻水が出るようになった。 そして喉が痛くなる。 喉の痛みが収まると、咳が出だした。 酷い喘息様の咳が一日中。 特に夜中。 熱はないが、体は相変わらずだるくて、まるでデング熱の時みたいな感じだ。 どうも、ワクチンの副作用と、免疫力が落ちたところの夏風邪のダブルパンチのようだ。 月曜日から、南米に出張なんだけど。 まあ、旅に出たら、たいていの病気は治る、今まではね。 気合入れて行かなきゃ。

昨夜は、不思議な夢を見た。 また、ネコの夢。

僕は、空に浮かんでいる。 飛行機ぐらいの高度だ。 林立する、巨大な入道雲。 入日が射して、オレンジ色に染まっている。 そんな雲の峰の間を、僕は抜けていく。 ゆっくりだけど、僕は飛行しているようだ。 下は、真っ黒な針葉樹林、それから黄色く染まった広葉樹林がまだらにある。 不安はなかった。

僕は一人ではない。 姿は見えないが、僕の周りには、複数の気配がある。 それがネコたちだと言うことを、僕は知っている。

クロネコが、僕の前に現れた。 いつも夢に出てくる奴。 夢の中では良く知っているクロネコだ。

そろそろ入り口だよ、用意は良いか? クロネコは、僕に優しくウインクして言う。

回廊のような雲の谷間の向こうに、大きな岩山がそびえ、夕日に輝いている。

僕は、この飛行が、死出の旅だど知っていた。 怖くはなかった。 きれいだな、と思った。

ああ、良いよ。

よし。 じゃあな、辞世の句を詠みな。

それを聞いて、もう戻れないんだな、と思った。 ほんの少しの恐怖。 辞世の句が僕の唇から滑り出た。

...格好を つけて行こうと 思ってたけど やっぱり死ぬのは 少し怖いな...

クロネコは、真っ赤な舌と、白い牙を見せて笑って言った。

なんだ、怖いのか。 こんなにしてやってるのに。 それから、お前の辞世、字余りだよ。 ダメだな、これじゃあ。 またにしよう。

クロネコの姿が消えた。 同時に、僕の周りの、ネコたちの気配も消えた。

空の真っ只中で、僕は一人っきりだった。 目の前に、赤い岩山が迫る。 本当の恐怖が僕を襲う。 岩山に行ってはいけない。 空に行ってはいけない。 辺りは真っ暗だった。 ぼくは、胸の苦しさにもがく。 闇の向こうに音が聞こえる。 そっちへ行かなきゃ。 それは、僕の咳の音だった。 目が覚めた。

呼吸を整えながら、夢を思い返した。 たしかに、稚拙な辞世だこと。 でも、もう少しましな辞世を詠んでいたら、僕はどうなっていたんだろうか?   

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

ぎゃ~、間違えないで~

008blgラ・グロリア。 漁師たちの、天国の門。

西の海原の彼方に、いつも日が射しているところがある。 海で死んだ漁師たちは、ラ・グロリアの光の道を通って、天に召されていく...。

きれいですな。 ...と見とれていたら、すうっと光が射し...。

011blg_3ありり...、僕にお迎えが来たぞ...。

ぎゃ~、間違えないで~w(゚o゚)w。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

これで良ければ

061blog南シナロアの5月は、どんどん暑くなる季節。 午後の浜には、子供たちが戯れる。 僕も、涼風に吹かれて、どこまでも歩いていいんです。 いつまでも、海を眺めていてもいいんです。 

013blog_2やがて、日が落ちる。 雲たちが眩く輝き、やがて空に溶けていきます。 星があらわれる。 一つ、二つ、そして空いっぱいに。 サソリの赤星が顔をだし、夜更けには、遠い地平に南十字がひっそりと掲げられます。

ええ、いつまでも、こうして空を眺めていて良いんですよ。

これで良ければ、誰でもが、いつでもすぐに手に入ること。 いかがです、あなたも。 もし、これで良ければ。 これだけで良ければね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

きゃ~書かないで

先月、インターネットの回線を変えました。 ずっと電話会社のTELMEXだったんですが、頻繁に切れるんで。 それで、ケーブルTVのメガカブレに。 ところがね、最初は良かったんだけど、やがて切れるようになった。 モデムをリセットすればつながるんだけど、結構な頻度でめんどくさい、作業も止まる。 カアチャンや息子が携帯で重い写真を送ろうとすると送りきれないし。 で、チェックに来てもらいました。

モデムはどこですか?

あそこですけど。

017a...ネコ、いつもあそこで寝ていませんか?

ええ、入れ替わり立ち代わり。 7匹いますからね。 あのモフィン号は特にお気に入りです、温かいのが好きな子ですから。

う~ん、長毛種ですな..。 あれが原因かもしれませんね、汚れるし、オーバーヒートもしやすくなりますから。 不適切な使い方をした場合、修理の実費は契約者に負担していただく場合があります。 レポートに毛の長いネコがいつもモデムの上で寝ていたと書いておきます。 きゃ~、ご勘弁を、書かないで~(ノ゚ο゚)。 いえ、写真も撮っておきます、かしゃっ。 あ~、もうだめだ~(ノω・、)。

せっかく新規に契約していただいたのですから、原因は不明と言うことにしておいて、新しいモデムにお取替えします、最新式です、大事にお使いください、このモデム、高いんですよ。 ...(゚ー゚;

おかげさまで、インターネットの調子、劇的に良くなりました、今のところはですが。 最新式の威力でしょうかね? ネコどもは、相変わらず上で寝てますけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

花の下にて

014a花盛りの、アマパの木。

また、アマパの話です。 大好きな花なんで。

この木、僕が住むテアカパン村からちょっと走ったところの、原野の一軒家にあります。 まるで桜木みたいでしょう? 毎年、こんなにきれいに咲くんです。 通りかかるたびに、花を見上げて立ち止まる。 色々な思いが去来する。 思うは昔のことばかり。

こんな歌、知ってます?

願わくば、花の下にて、春死なん その如月の、望月の頃。

今日は、遠くに行ってしまった、母の話。

あれはたぶん、僕が中学校の時か。 書家だった母。 墨の香る明るい広間で、母は書き上げた条幅の前に立っている。 何枚も、同じ文句の作品が並んでいる。

やっぱりこれやな、最後のんや、やっとええのんが書けた。

僕は、母と並んで、条幅を見下ろす。

どうや、春らしい歌やろ、読めるか?

行書の書。 え~っと...。 僕は読み切れなかった。

こうや。 よお聞きや。 母は大きく息を吸って、静かに謡う。

...願わくば、花の下にて、春死なん その如月の、望月の頃...。

陽光あふれる、絢爛たる花盛りの春の風景が目に浮かぶ。 結句の、そのきさらぎの、もちづきのころ、その律の美しさ。 おぼろ望月の春の夕べの明るさ。 そして、歌の中心にある、死という句の寂しさ。

素敵な歌。 そして、母の条幅の墨の躍動に、すべてが描かれていると思った。 墨の香りさえ、寂寥を含んだ春の夕べの風のようだ。

わあ、凄い。 凄いわ、これ。

そうやろ、ええ歌やな。

母は、僕が歌を気に入ったと思ったようだった。

西行や。 ぼんさんの歌やで。 ぼんさんかて、春が好きなんやな。

思い出は、これだけです。

でね、僕はどうしたことか、勝手にこの歌を、辞世の句と思い込んでたのね、あの時以来。 ど真ん中の死という句が、印象深かったからか? 最近、これが西行の出家のときの、23歳の歌だったと知って驚いた。 母もそう思い込んでたんじゃないかなと思う次第。 あの条幅を見れば分かりそうに思うのだけれど、残ってないし。 いつか春の花の下で、母に聞いてみようと思う。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

タコス楽園

005今日は、隣町まで、お出かけです。 さっそく、タコスの屋台を探す。 メキシコではね、どこへ行っても、屋台のタコス。 いつでもどこでも、ね!

どうです! プラステック皿を手に、朝日を浴びて、タコスを頬張る人達。 自由そのものでしょ? メキシコは楽園。 その、楽園の夢、タコスの屋台に極まれり、ですな。

007さて、それではOTTOおじさんも、楽園の宴に加わりましょうかね。

こういう美味しくて格安屋台、基本、立ち食いなんですが、少しだけれど、椅子もあります。

アンタ、ここにお座りよ。 ご婦人方から、声がかかる。 ありがたいですな。

買ったばかりのタコスを置いて、腰を伸ばして、鍵を置く。 noteあ~なた、鍵を置いて、noteワタシ、タコスを置いて~、むふふ~ん。

009ほらね、メキシコのタコスが、どれほど美味しいか、お分かりですよね?

アンタ、3つしか食べないの? ええ、これから仕事だし...、アナタ方は? アタシたち?、1ダースは軽いわよ、大丈夫よ、もうすぐ彼氏が迎えに来るの、でっかいピックアップよ、抱き上げて乗せてくれるのよ、ミ・ゴルディタ~(僕の愛しのおデブちゃん)、ちゅう~、なんてね(゚m゚*)。

ね、メキシコって、楽園でしょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

歳月

003セマナサンタ(イースター)の喧騒の中、一人、チリ・セラノ(激辛チリ)を刻む。 醤油漬けして、お店で使います。 お寿司にてんこ盛りにしたりしてw(゚o゚)w。

家族や友人どもが集って海に出かけ、飲んだくれて大騒ぎするのが、メキシコのセマナサンタですが、OTTOおじさんは普段通りに仕事です。

僕を訪ねてくれたのは、古い知り合いの日系ハーフのご夫婦がちょこっと店に寄ってくれただけ。 あと、マサトランに下宿する息子と娘が帰省してくれました。 もう、十分です。 大騒ぎは嫌いだもんね。

ところでね、最初は激辛チリなんて、空気だけでゲホゲホむせてたんだけど、今はへっちゃらです。 素手で掴んで、ちゃちゃっと切って。 ただね、手に辛みが付いて、目とかこすったら大変。 これはね、いくら石鹸付けて洗っても取れません。 でも、時間が解決してくれます。 辛みって揮発性なのか、あるいは手の成分で中和されるのか、1時間もすれば勝手に取れるのよね。 激辛チリを切る前には、トイレを済ませておく( ^ω^ )。 そして、無駄な抵抗はせずに、ハンモックにでも寝転がって、メキシコの青い空を眺めつつ、手の辛みが取れるまで待つ。 これが、メキシコ生活で避けては通れない、激辛チリ刻みのノウハウね。 メキシコ暮らしも、23年になりますからな、むはは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

まあ、こんなもん

001今日は、聖金曜日(VIERNES SANTO)。 メキシコは、春休みの真っ只中。 テアカパンの村はずれの浜も、それなりの人出です。 全然たいしたことないですか?、あはは、まあこんなもん。 うちは僻地だし、メキシコは広いから。

005村の前の海岸通り。 こちらも、それなりの人出。 ここは砂浜がないんで、歩道や護岸に陣取って、潮風を浴びながら、日永ビール飲んだり、セビッチェ食ったり。 大道楽隊もいて、そうでなくても食堂や屋台からは大音響のバンダやコリードが響いてくるし、海岸通り全体が、穏やかなフィエスタって感じ。

なんだかんだ言っても、メキシコは平和です。 衣食住が足りて、ゆったりした時間があれば、他に何もいらないんだから。 そうでしょ?

さて、北と米がついに臨戦態勢一触即発ですか。 困りましたな。 北が核や長距離ミサイルを放棄するしか解決法がなさそうですが、フセインやガタフィの末路を目の当たりにしてますからな。 アメリカとしては、今叩いておかないと手遅れになるってことなんでしょうけど、北ってそんなに脅威なんですかね? 日頃の行いが悪いと、そうなるんですかね? ともかく戦争回避を祈ります。

で、日本ときたら、やれ教育勅語だ、やれ銃剣道だ、やれヒトラーだって、閣議決定連発ですか。 銃剣道なんて、誰が見ても馬鹿げてることを、わざわざアナウンスする、これみよがしに。 みなさん、馬鹿の故事をご存じでしょう。 そう、馬か鹿か? 今、政府がやってるのは、これですよ。 政府の国民に対する威圧ですな。 内部には、踏み絵。 どんなバカなことでも、逆えないぞって。  悪党に権力を与えると、ろくなことになりませんな。

みなさん、逃げることにご関心があれば、相談に乗りますぞ。 逃げるにも、それ相応の体力と気力が要りますが、捨て去れば、新しい世界が訪れます。 何とかなるもんです、そしてなるようになります。 僕のまわりでも、何も持たない、国籍すら持たない人たちが、自由を満喫して楽しく暮らしていますから。 僕だって、今まで逃げて逃げ続けて来たんだからね。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

パエリアもどき

035パエリアを作りました。

パエリアは、スペインの具沢山炊き込みご飯です(よね?)。 肉ばっかりのアルゼンチンで、瀕死のOTTOおじさんを何度も何度も救ってくれた。 アルゼンチンで唯一、美味しかったと言える料理。 アルゼンチンは、スペインとイタリア移民が大半の国です。 あのパエリア、きっと本格的だったんだろうな。 よし、恩返しに作るぞ、パエリアちゃん...、と思い続けていました。

でも、果たせずにいました。 手ごろなパエリア鍋がなかったのよね。

でですな、先月半ばから、朋遠方より来たるあり、でしてね。 遠いカエデの国旗の国から、たくさんのメキシコでは手に入らない土産までいただきました。 ボラッチョさん、ありがとうございました。 また来てください、Mi casa es tu casa、だからね。

さて、その中の一つが、テフロン両手深フライパン。 きらり~ん! 

問題解決、さっそくパエリア、やってみました。  

ちらっとネットのレシピを覗き、アルゼンチンで食べたパエリアをイメージして。 ところがですな、肝心のサフランがありません。 悩んだ挙句、グアヒージョ(GUAJILLO)という辛くない干しチレと、アチョテ(ACHOTE)を色付け、風味付けに使いました。 ぎゃはは、安上り~ヽ(´▽`)/。 ...でも全然違うな(´・ω・`)。

前途多難を思わせたんですが、あらま、結果は上々、とっても美味しくできました。 家族にも大好評。 正直言って、アルゼンチンのパエリアとはかな~り違うんだけど、ま、いいや。 とりあえず、パエリアもどきにしとこう。 いや、テアカパン風パエリアかな? こんど、しっかりと準備して作ったら、レシピを公開しますね。

ここ2週間ほど、日本のニュースやネットで森友問題を追いかけてます。 酷いもんですな。 政府の連中ときたら、時代劇の悪党顔負けじゃないですか。 この連中、桜吹雪の前でもしゃあしゃあとしらを切り続けるんでしょうな。 誰が見ても、ウソや詭弁とわかるのに、よくもまあ。 神も恐れぬって言うか、本当に人の心を失った輩どもですな。

あとね、忖度だとか、掌返しだとか。 うむ、こういうのね、僕はほんの5年ほどの日本の会社でのサラリーマン勤務で、山のように見てきましたぞ。 空気を読み、付和雷同し、責任を被らないように予防線を張り、常に顔色をうかがい、強いほうに付き、事態が不味くなったら前線を置き去りにして一目散に逃げ、掌返し君子豹変、弱いものに責任を取らせて、自分は無傷。 日本社会に生きる人たち、みんな身に覚えがあるでしょ。 痛いところじゃないですか? 国民総サラリーマン根性、これではブーメラン、怒りも追及も煮え切らないでしょうな。

むこうは2/3を押さえていて、マスコミもネットも押さえていて、司法まで押さえていて、やりたい放題ですな。 今の時代に、突如正義のカリスマ指導者が現れ汚濁を一掃する、なんてロマンチックな展開は望むべくもないし。 でもね、いろんなことが起こり、いろんな人が行動し、多くは敗れ傷つき、時代は少しずつ変わっていきます。 そして、驕れる者も久しからず、盛者必衰が理です。 いつでもどこでも、その時代の平八郎が出現し得る、いやもう、数多の平八郎が生まれているのだと思います。 それは貴方かもしれない、僕かもしれない。 勇気をもって、目を見開いて、事態の変遷を追っていきたいと思います。  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

ちょっと見なれば

002庭のバナナを収穫しました。 我が家には、バナナの藪が2つあって、月に一房ぐらい収穫してます。

ところでね、バナナの木って、実が大きくなってくると、重さで倒れるか、幹が折れちゃうんです。 今回も、実が熟れはじめたところで、幹がポッキリ。 ちょうど良かった。

このバナナ、コスティジョン(COSTILLON)という種類で、皮が厚く、味はちょっと酸味があって濃厚、そのまま食べても、潰してクリームにして、氷菓やケーキに使っても美味しい。 やや未熟のをフライパンで焼いても、良いおやつになります。 強健で病気知らず、テアカパンの空地や庭にあるバナナのほとんどがこの品種です。

今回収穫したバナナは約80本、中ぐらいの房でしょうか。 えんやこらと裏庭に運こぶ。 バナナの房って、ちょっと見なれば軽そうだけど、実は凄く重いのよね。 この房で、25キロぐらい、大きな房だと150本、45キロ、なんてのも。

テアカパンに来て、初めて庭のバナナを収穫したとき、大房に狂喜したOTTOおじさん、下で房を肩に乗せ、さあ来い、家内が脚立に上って、あいよ、マチェテでスパンと柄を切った。 突然、思いがけない重量が肩にかかり、踏みつぶされたカエルみたいにバナナの房の下敷きになった。 うー、イタコノイタロー(≧ヘ≦)。 憧れの熱帯での生活の甘い夢へのカウンターパンチでしたな。 今では、懐かしい思い出ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧