動物

2019年1月15日 (火)

戻ってこないでね

006pukipuki今朝は、いつも喧嘩ばかりしてる愛妻の叫び声で飛び起きた。 おい、お前、何やってんだ? 毎晩ゴミを散らかす奴がいたんだけど犯人を見つけたわ、ネコかと思って散々ひっぱたいたけど、ほら、これ。

なるほど、ゴミ捨てのドラムての底に何やらいます。 こりゃ、大きなトラクアチェ(TLACUACHE)です。 ゴミ漁りに入ったは良いけど、出られなくなったって訳ですな。

トラクアチェは、南北アメリカ大陸に広く分布する、有袋類です。 姿はネズミですが、体重数キロ、ネコよりも大きくなる夜行性の動物です。 和名はフクロネズミ。 フクロネズミが、袋のネズミ(また言ってる(^-^;)。 

008pukipukiどうするんだ? 追い出してこの棒で叩き殺すわ、さあ、出て来い! うぬぬ、まずい、このままでは殺されてしまう。

そんな細い棒じゃ当たらないよ、スコップか斧じゃないとダメだよ。 そうね、今持ってくるわ、逃げないように見ててね。 愛妻、倉庫に駆け出す。

いまだ、逃げろ!

014pukipukiテレパシーが通じて、トラクアチェ君、のこのこ出て来ました。 特に急ぐでもなく横の空地の藪の中に姿を消す。

愛妻、スコップを下げて戻ってくる。 よし、さあ出て来い、あれ、いないわ。 ああ、今飛び出して走って逃げて行ったよ。 見てろって言ったじゃないの、キーッ。 また争いの種が増えましたな。

014pukipukipukiまあでもね、命をひとつ救えました。 こんなかわいい顔してるしね。 ネコどもの嫌疑は晴れたし、めでたしですな。 もう戻ってこないことを願うばかりです。 でないと、散らかったゴミ掃除はOTTOおじさんの仕事になりますからな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

王者の死

008bおっ、OTTOの奴、大物を連れて来たな、良く慣れてるじゃないか、なんてお思いでしょうか? ええ、僕が住むメキシコ北西部、シエラマドレ山脈の王者、ジャガーです。 こんな風にじゃれあえたら良かったんですが。

残念ながら、悲しい出会いになってしまいました。

002a土曜日の朝9時ごろ、エル・ロサリオとビジャ・ウニオンの間の道路にて。 死後硬直が始まってましたから、夜明けごろの事故だと思います。 車が2台止まっていて、新聞社に連絡してる人もいました。

オスです。 テリトリーを巡回してたんでしょうか? 推定体重、70kgぐらいです。 きれいな体をしています。 毛並みは艶々で、傷一つない。 たぶん若い個体でしょう。 独り立ちして、新しいテリトリーを求めて徘徊していたのかもしれません。

002b安らかな死顔です。 うちのネコたちとそっくり。 可哀想に...。

004b前足の大きいこと。 僕の掌ぐらいあります。

この辺りは、いまだにジャガーの生息地です。 警戒心の強い動物で、人前に姿を現すことはないですが、山村の住民たちは、確かにいるって言います。 放牧している子牛やヤギが食われたとかも聞きます。 案外に身近に、ジャガーがひっそりと住んでいるのかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

来訪者

004_2昨夜、もう真夜中ですが、ひとりでPCに向かていたら、台所のほうでガサガサ音がする。 愛ネコども、ゴミ箱をあさってるな、ひっぱたいてやろう。 そーっと言ってみましたら、あれれ、ネコたち、それぞれの所定の位置ですまし顔です。 後ろのゴミバケツで、相変わらず誰かがガサガサやってます。 なんだろう?

006_2頭隠して、尻隠さず。 と言うか、ゴミをあさるのに夢中で、OTTOおじさん、完全に無視されてます。 さて、この子は誰でしょう?

008背中をポンポンと叩いてやったら、やっとこちらに気が付きました。 胡散臭げにOTTOおじさんを見て、すたこら逃亡モード。

この、巨大なネズミみたいな動物、フクロネズミと言います。 尻尾も入れると70cmぐらいある、けっこう大きな動物です。

 010出口がわからずうろうろしてます。 フクロネズミが、袋のネズミですな。 裏戸を開けて、誘導してやると、落ち着き払ってゆっくりと闇に消えていきました。

この仲間、アメリカ大陸のみの分布し、アメリカ大陸で唯一の有袋類です。 メキシコでの名前は、トラクアチェ(TLACUACHE)、英名オポッサム(OPOSSUM)。 この子は、メキシコ西海岸固有種の、Tlacuatzin canescensだと思います。

完全夜行性の動物で、車にひかれてるのをよく見ます、けっこうたくさんいるようです。 食用にもされ、昔はクリスマスのタマレスの具にしたそうです。 さっぱりクセのない味で美味しいとか。  ぜひ食べてみたいけど、こいつを自分でさばくのは、いささか尻込みしますな。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

事故死したコヨーテ

Img_7378_convert_20150112030748午前10時ごろ、ナヤリト州北部の山道で、交通事故死したコヨーテを見つけました。 雌の成獣で、かなり大きな個体です。 まだ体はまだ体は柔らかく、温もりも残ってました。

メキシコ中北西部では、コヨーテはかなりいるようです。 山間の村では、夜に鶏やシチメンチョウがさらわれる。 飼い犬と交わって、コイドッグ(COY-DOG?)と呼ばれる交雑種が生まれることもあります。 夜に山道で、車のエンジンを切ってライトも消して漆黒の闇の中にいると、キュ~ンキュ~ンと合唱がが聞こえてくることもあります。 だけども、姿を見るのは難しい。

僕はメキシコの田舎に20年以上住んで毎週のようにフィールドに出ますが、野生のコヨーテの生体を見たのはせいぜい20回ぐらいだと思う。 放牧地や原野を走り去っていくところとか、唐突に道路を横切ったり。 シカやペッカリーとなると数回。 キツネやボブキャット、オセロットもいるらしいんですが、見るのはほぼ不可能です。 湿地で頻繁に足跡を見るアライグマやハナグマでさえ、事故死個体以外は見たことがない。 野生動物は人を避けているようで、無防備に姿を現すことはありません。

でもアメリカやカナダの観光客がうじゃうじゃ来る国立公園では、道路脇や駐車場やキャンプ場にシカやヒツジやクマまでがポンポン出る。 コヨーテやボブキャットが住宅地を徘徊したり、ちょっとした郊外でピューマが人を襲ったりとか。 ヒトと野生動物との距離が妙に近いのよね。 日本でも、そういう傾向かと。

これはどういうことなんでしょうかね? メキシコの自然がまだ豊かだからなのか、それともメキシコでは油断してるとズドンとやられて鍋に叩き込まれるからなのか? どちらの関係が正常なんでしょうかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

ハナマルドッグ

南バハカリフォルニア州の砂漠の町に、もう一か月近くいます。 旅先で長くなると、それなりに知り合いなんかが増えてくる。 カフェテリアのお姉さんだとか、工事現場のおじさんだとか。 いつもベンチで日向ぼっこしながら客待ちのタクシーの運ちゃんとか...。 まあ顔見知り程度なんだけど。 やあアミーゴなんてね。

顔見知りと言えば...、こいつらも、そうだな。

Img_6815_convert_20141215020237ストリートドッグ3兄弟。 僕がいる安ホテルのあたりに、いつもたむろしてるのよね。

Img_6769_convert_20141215020607今朝は、朝日を浴びて、昼寝してやがる。

Img_6769aどうです、この寝顔。

特にコイツ、可愛いんだわァ。

むこうも、なんとなく信頼の眼差しで見つめてくれてますな。Img_6821_convert_20141215021943

おお、このイヌ、ハナが丸いぞ...。

”お前のことを、ハナマルドッグと呼ぶことにする。”

”クゥ~ン...。” OKだな、よし。

Img_6821aぼよよ~ん。 いいハナですな。

...ネコのハナよりちょっと落ちるけど、これで我慢するか...。

では、ハナのアタマに、ちゅ~させてもらおう!

うひひ...、と接近中。

”クゥ~ン...。”

順調だ、しめしめ。 それでは、失礼して。

...う~...(とくちびるを伸ばす)

”ガルルル...”

うわぁ、怒ったぁ\(;゚∇゚)/。

さて、日本は、与党が大勝ですか。 投票率は52%で戦後最低ですか。 まあ、それも民意かと思います。 選挙で世の中が変わるとは思わない。 選挙が唯一の方法だとも思わない。 そして、国民が変わらなければ、結局は何も変わらない。

でも、落胆することもないかと。 世の中は変えらなくても、自分自身はいつでも変えられますから。 変えるには痛みが伴いますが、何かを失ったとき、必ず新しいことが訪れる。 勇気をもって、頑張りましょう。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

コリマ犬

Imagen527a_convert_20131014100515 コリマ市に隣接する、アルバレス市(Cd. Alvarez)にあるモニュメント。 2匹のコリマ犬が、ダンスしています。 出土した陶器の複製だそうです。

コリマ犬と言うのは、アステカ犬として知られているメキシコの無毛食用犬、ショロイツクィントレ(XOLOITZCUINTLE)の一種で、約100年前に絶滅してしまったそうです。 アステカ犬よりもさらに胴長短足の無毛犬で、肥育して食用にしていたらしい。

古代コリマ人の墓から、人骨と一緒にたくさんのコリマ犬の骨やコリマ犬をかたどった陶器が出土してまして、コリマ犬は人の魂を冥土に導く神聖な動物でもあったと推察されています。 まあ僕が思うに、冥土への道の途中でハラがへった時の食料用として葬った可能性もあるかなと。

ともかくコリマ犬は、コリマのシンボルとして愛されていまして、出土陶器のレプリカは、土産物屋でもよく見かけます。 Colima dogで検索すると、たくさんの画像が出てきます。

Imagen023a_convert_20131014105659_2これは独立記念日の高校生の作品です。 素焼きのコリマ犬に彩色しています。    

子犬のような体形ですが、肥育された成犬だそうです。

ころころ太った体とスッキリした顔立ちのアンバランスが、たまらなく可愛いですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

山の中の鳥類園ーII 念力でネコを撮る

Imagen148_convert_20130926060621 パラポ鳥類園の中は、うっそうと茂る熱帯林でした。 森を抜けると、僕の寝室ぐらいの鳥小屋が軒を並べています。

家禽や飼い鳥、それから在来の鳥もいて、結構なバライティーでした。 それから、コリマ在来の動物も居ました。

Imagen156_convert_20130926061252 ニワトリです...。 な~んだ、とお思いでしょうけど、羽色が見事じゃないですか? 金の卵を産みそうだ。

Imagen157a_convert_20130926061802 こちらは、銀の卵を産みそうな奴。 他にも、いろんなニワトリがいました。 毛(羽)深い奴とか、孔雀みたいに尾羽が開く奴とか。 あと、ウズラとか、ホロホロチョウとか、キジやキンケイも。 品揃え凄かったです。

Imagen168a_convert_20130926054847 お目々が、ネコみたいに可愛いフクロウちゃん。

068_convert_20130926040753 きれいな、青いハトもいました。 コリマにも分布してるそうです。

Imagen203_convert_20130926063842 この子はだれだろう? ちいさなニワトリぐらいあります。 これもコリマの野生種だそうな。

Imagen191_convert_20130926114244 小鳩やインコ、オウムなどの、小中型の鳥もたくさん居ました。

さて、動物のほうですが、コリマの野生動物が一通り居たんですが...。

022_convert_20130925111418 網がこんななんです。 安全対策なんでしょうけど、デジカメのレンズが入らなくて上手く撮れない。 外からだとピントが網目に合っちゃうのね。 う~。 何とか可愛いネコちゃんだけは撮ろうと頑張りました。 それこそ、100枚ぐらい撮っては消し。 頼むから撮れてくれと念力を送り続けて、やっと奇跡的にピントが合った写真です。 オセロテ(OCEROTE)ちゃん。 飼い猫の2倍ぐらいの野生ネコ。

Imagen164a_convert_20130926062624 何とかもう一枚と悪戦苦闘してて、ネコちゃんもポーズを撮ってくれてたんですが、とうとう丸くなって寝てしまいました。 パチリ。 おお、撮れたッ。 時すでに遅しですな。

023_convert_20130925112448 この子はですね、ハグァランディ(JAGUARANDI)という、やっぱり飼い猫の2倍ぐらいの、胴長でイタチのような体形の野生ネコちゃんです。 毛色は、薄茶色の無地です。 やっと一枚撮れました。 疲れ気味の表情ですな。 この子も最初は僕に寄って来て、ゴロニャンと見つめたり(うひゃ~最高~)、ふ~っと牙を剥いたり(可愛い~)サービスが良かったんですけどね。 長いこと、待たせたからなぁ。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

山の中の鳥類園ーI 田舎道の生き物

コリマ市の東側の山の中に、エル・パラポ(EL PALAPO)という、鳥がわんさかいる動物園みたいなのがあると聞いたんで、行ってみました。

Imagen229_convert_20130925104452舗装道路を離れて、土道をガタゴト走ります。 こんな、山の中の道です。

やがて道標があって、パラポ4.5km。 通りかかる車は皆無。 こんなところ、誰が行くんでしょうかね?

Imagen146_convert_20130925122219 到着です。 もう11時だというのに、駐車場に車なし。

入場料は、大人25ペソ、子供15ペソ。 こんなんで、やっていけるのかなぁ。

あまり期待して無かったんですが、なかなか良かったです。 動物園の中は、後ほど記事にしますね。 今日は、途中の田舎道で見かけた生き物達をお見せします。

007_convert_20130925110609 アノールトカゲの一種でしょうか。 15cmぐらい。 凄いすばしっこい奴でしたが、いったん静止すると、なかなか動かない。 喉をごろごろしてやろうと手を伸ばしたら、飛ぶように逃げていきました。

034_convert_20130925113426 珍しい色合いのイグアナ。 45cmぐらい。

067_convert_20130925115439  25cmほどのトカゲ。 おっとりとした顔つきですが、見かけによらず、すばしっこかったです。 たくさん居たんですが、まともに撮れたのは、この写真だけ。

Imagen204a_convert_20130925125327 グリーンイグアナの子供。 20cmぐらいです。 尻尾に黒いラインが出始めてますね。 おなかのたるみ具合が良い感じ。 ウチのネコに、ちょっと似てます。

Imagen205a_convert_20130925125232 特大の、セセリチョウの一種。

037_convert_20130925113739 リス。

リスは、コリマの街中にも居ますが、山に居る奴のほうが毛艶も肉付きも良いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

生き物2種

Imagen047_convert_20130813092643

近所の公園にいた、リス。

この種類のリス、コリマの街中にやたらといます。 校庭や空き地やショッピングセンターの駐車場なんかにも。 以前住んでたテアカパンでは、昔はたくさんいたらしいんだけど、村の連中が丸焼きにするもんだから(珍味らしい)、ほぼ絶滅状態になってて食い損ねた。 コリマでは、誰も捕って食わないなんて、カルチャーショック~。 うちの庭にも来るから、ネコに頼んで...( ^ω^ )。

Imagen052_convert_20130809012107 息子が、フリーマーケットで買ってきた、甲長15cmほどのカメ。 25ペソ(200円ぐらい)。 Rhinoclemmys pulcherrimaという種類のようです。 半陸生だそうで、たぶんコリマの在来種です。 朱をちりばめた、ちっちゃくてシャープな頭がかっこいいです。 頑張って、野生個体を探そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

コヨーテ交通事故死

0aaaaaacanon1034_convert_2012090809 今朝早く、隣村へ行く道、僅かな交通量の田舎道ですが一応舗装道路です、動物が死んでました。 交通事故です。

野良犬かと思ったんですが、良く見ると、コヨーテです。 雄で小さいです、キツネぐらいの感じ。 今年の春生まれの、若獣かもしれません。 目だった外傷はなし。 体は冷えてましたが、完全に硬直してませんでした。 たぶんまだ暗いうちに、農場に行くトラックに撥ねられたのか。 ほんの数台しか通らないのに、なんとも不運なコヨーテ君です。

テアカパンのあたりでは、アライグマテホンはかなりいるようです。 それから、ヤマネコとコヨーテも少ないながらいます。 キツネもいるそうな。 だけどこれらの動物は、人間とは完全に住み分けが出来てまして、村の中に出没することはありません。 ですから、野生個体を見るのは非情に困難です。

日本では、タヌキやアナグマ、アライグマなんかが、住宅街に出たりしてるようですね。 アメリカでも、田舎町では、コヨーテやヤマネコがいました。 はて、どちらが健全な状態なんでしょうかね?

ともかく、彼らの存在を知るのが、ほとんどの場合、交通事故死体です。 他にも、亀やイグアナの轢死体は、毎日のように見ます。 サギやコンドル、タカなんかが轢かれていることも。 野中の一本道ですが、もう少し気をつけて走っていただきたいです。 今年は、人身事故もあって、死者も出てますしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧