2018年2月15日 (木)

テアカパンの湿地の鳥たちーその他の怪鳥たち

その他って言うと失礼ですかね。 この子たちも立派な怪鳥たちです。

014pukipukiGreat Blue Heron, Ardea herodias

日本のアオサギの近縁種です。 テアカパンでは年中みられますが、冬に多いようです。 冬鳥として渡来するグループもあるのでしょうか。 小規模な渡りをしているのかもしれません。

014pukuopkussテアカパンのサギの最大種。 背丈は優に1m以上あります。 魚やカエルを食べる。 大きな魚は、くちばしで何度も持ち直して、頭から丸飲みする。 こいつのおかげで、庭の池のコイや金魚が跡形もなく消え去ったことがあります。 優雅な姿ですが、憎き奴。

017pukipuki この子はたぶんゴイサギ、Black-crowned night heron、Nycticorax nycticoraxの亜成鳥だと思います。 ちょっと自信ないです。

夜行性の鳥ですが、なぜか真昼間の湿原に佇んでいました。 保護色になってて、見つけにくかったです。

こいつらも、池の魚を狙ってやってきます。 真夜中に、グエ~とかギュゥ~とか気味悪い奇声を発するのはこやつらのようです。 体躯が小さいので、大きな魚は獲れないけど、夜中に来るので厄介な奴。

035pukipukiHarris's hawk (Parabuteo unicinctus)

ノスリの仲間。 タカ狩りや愛玩鳥で人気のある、ハリスホークです。 湿地や海岸に普通に見られる中型のタカ。

漁師から魚を掠め取るので、テアカパンでは泥棒ワシと呼ばれています。

僕が浜で投網を打っていると、2羽のハリスホークが来る。 網を引き揚げて魚を外しているタイミングで、一羽が傍らの魚の入ったバケツに止まる。 こら~とバケツに駆け寄って追い払う。 その隙に、もう一羽が投網の魚を掴んで飛び去る。 毎回、まんまとやられます。 一匹ぐらい良いんですけど、敵のほうが賢いのが悔しい~。

036pukipukiヒメコンドル、Cathartes aura

コンドルの仲間の小型種。 とはいえコンドル、トンビより一回り大きい鳥です。 テアカパンでは普通に見られます。 冬に多くて、夏にはほとんどいなくなってしまう。 夏は山岳部に避暑に行ってるのかもしれません。

もちろん死肉喰らいです。 放置された牛や馬の死体、道路の轢死体、海岸に漂着したウミガメやイルカの死体に来ているのを見ます。 自然界の掃除屋ですね。 イチゴのようなハゲ頭が不気味なので嫌われ者ですが、この子たちがたくさん輪を描いて舞ってるのは、のどかな漁村の風物詩です。 でも、その下に何があるのかを考えるとね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

テアカパンの湿地の鳥 3怪鳥

015pukipuki

テアカパン郊外の湿地は、鳥たちでいっぱい。 留鳥達に、鴨やシギなんかの冬鳥たちも加わって、大盛況です。

それでは、元も目を引く奴から紹介しましょう。 こやつら、名付けてテアカパンの3大怪鳥たち。

011pukipukiまずは、この子。 ベニヘラサギ。 Platalea ajaja 英名、スプーンビル。

しゃもじ型のくちばしと、フラミンゴのようなピンク色の羽が特徴です。 アメリカ南部からメキシコ、中南米の湿地帯に分布。 テアカパンでは留鳥のようで、一年中見られます。

かなり大きな鳥です。 隣にいる、鴨やセイタカシギと比べても、貫録が違いますね。

016pukipuki幼鳥は紅色が薄いですが、年を経るにつれて濃くなります。 優雅な姿で、観鳥家たちの人気者。 しかし、灰色シワシワの禿げ頭はなかなかの迫力です。

002pukipukiアメリカ白ペリカン、Pelecanus erythrorhynchos

こちらは、アメリカ合衆国から渡来し、テアカパンの湿地で越冬する冬鳥です。 テアカパンにはもう一種、褐色のブラウンペリカン、Pelecanus occidentalisがいますが、白ペリカンのほうが2回りぐらい大きいです。

019pukipuki翼を広げると、2mちかくあります。 横にいる鵜と比べれば、その巨大さが分かりますね。 翼のへりが黒くて、飛んでいるときに目立ちます。

それからブラウンペリカンは海岸に居て魚食専門ですが、この白ペリカンは淡水や汽水を好み、魚だけでなく爬虫類や小哺乳類、小鳥も食べる。 鳩ぐらいの鳥でも大きな袋付きのくちばしで捉えて丸飲みにするらしい。 まさに、怪鳥ですね。

013pukipukiアメリカトキコウ、Mycteria americana アメリカ合衆国南部からメキシコ、中南米熱帯域の湿地帯に分布。

テアカパンでは、年中みられる留鳥のようです。 6月から9月の雨季に、湿地帯の奥で繁殖しているようです。

020pukipukiこちらも開翼2mに達する大きな鳥です。 コウノトリの仲間で、優雅な姿ですが、真っ黒な禿げ頭。 ハゲコウを思わせる顔。 魚からカエルや小鳥の雛、亀の子やヘビや小さなワニまで食べる。 それからこの鳥、コンドルたちと一緒にゴミ捨て場や死体にいたり、一緒に輪を描いて舞ってたりする、変な奴。 この子も、怪鳥ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

雨季の鳥

004pukipukiここ3日ほど、雨模様。 今日は豆ハリケーン、ピラールが直撃。 まあ、日本で言えば、ちっちゃな熱低です。 ところが今日は南シナロアの小中学校は休校。 情けないなぁ。

と思いきや、豆とは言え、やはりハリケーン。 朝の9時から2時間ほどは凄い雨。 あっという間に雨水が押し寄せ、我が家は今季4度目の浸水です。 お見逸れしました、双葉より芳しでしたな。

008pukipuki実は今回はね、度重なる浸水に業を煮やして、準備万端でした。 ほらね、ドアの前に土嚢が積んであるでしょ。

土嚢と言っても、古靴下に土を詰めただけなんですが、濁流が流れ込むのはこれでストップできました。  助かりました、お蔭で部分浸水ですみました。 

シナロアでは、6月から10月いっぱいがハリケーンのシーズンです。 あと2,3発、来るかもしれません。

001pukipukiさて、テアカパン村が、元の湿地帯に戻ってしまう雨季は、多くの鳥たちの繁殖シーズンです。

これは、ミノゴイ、Nyctanassa violacea。 留鳥ですが、雨季に湿地や海岸沿いにコロニーを作り、主に椰子の木に営巣する。

102pukipuki1こちらは、シナロアでピチウイラ(PICHIHUILA)と呼ばれてる鳥。 Dendrocygna autumnales、英名ホイスリングダッグ。 一応和名もあって、アカハシリュウキュウガモとなってます。 しかしながら、生息域は南北アメリカの熱帯、亜熱帯域です。

ご覧のように鴨の仲間ですが、足も首も雁のように長いのが特徴です。

雨季間近の5月に現れ、主に落雷で枯死した椰子の木の幹に巣を作り(写真)、11月には姿を消す、雨季の鳥です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

吊り巣をゲット

010pukipuki_2やっと、手に入れました。

この、ぼろ雑巾みたいなもの。 何だか分かります?

006pukipuki拡大しましょう。 へへへ、これならお分かりでしょう。

そうです。 これ、鳥の吊り巣です。 袋になっていて、上に出入り口があります。 蔓草の茎なんかで編んであって、けっこう丈夫です。

ムクドリモドキの仲間の、たぶんうちの方で、ボルセロ(BOLSERO,袋屋)と呼ばれてる、Icterus gularisの巣だと思います。

こんな立派な巣ですが、ムクドリぐらいのオレンジ色と黒のストライプの小鳥です。

003pukipuki枝からぶら下がって、風に揺れてる大きな巣。 ずっと欲しいと思っていました。

良く見かけるんですが、普通は見上げるような大木の張り出した枝先に作るんで、とても手が出ないんです。 ところが昨日、村外れの農道をガタゴト走っていたら、なんとこんなに低いところに。 しかも、たぶん作りたての傷みなしの巣です。 超ラッキー。 巣の中に卵がないのを確認して、枝ごと折っていただきました。 持ち主の小鳥さんには申し訳ないんですが、また頑張って作ってね~。

014pukipuki_2さっそく、食堂のパラパの下に吊るしました。 うほほ、良い感じ。 なかなかの風情です。

note風に吹かれて、ぶ~らぶら( ^ω^ )。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

クロコンドル集合す

年の暮れですな...。

メキシコは、休暇シーズンの真っただ中。 シナロアの海辺の小村、テアカパンでも里帰り連中で賑やかになってます。 連日連夜、あちこちでフィエスタ騒ぎ。 シナロアの郷土音楽、ナルコ・コリード(NARCO CORRIDO)で、夜明けまで大音響の大騒ぎ。 村中が揺れてるって感じ。 もう、この世の終わりかって、このエネルギー、どこから来るんでしょうかね?

偏屈隠遁者、OTTOおじさんは、家族だけでひっそりと過ごしてます。 やかましい音楽も、気を遣うフィエスタも、基本、嫌いだし。 いつも通り一人で、野山を歩いたり、投網を打ったり、ネコと喧嘩してるほうが楽しいし。 夜は、満天の星空に虫の声のほうが、フィエスタの喧騒より好きだし。

でもね、多様性の楽園メキシコでも、クリスマスも新年も一人ってなると、心配してくれる人たちもいましてね。 明日のフィエスタは浦島太郎の友達のビリアだぜ、なんて誘ってくれた人もいたんですが、鱈腹食ってさっさと退散ってのも悪いしね。 でも大晦日の夜は、アメリカ人のお宅の年越し会に顔を出そうかと思ってます。 ミュージシャン連中だから、音楽会になるのかな。 振られたら、ロバの鳴き声でもやってやろう。

Sam_4395bllさて、今朝は7歳の末娘に起こされました。 パピ、裏庭が大変、早く来て!

なるほど、自然界の掃除屋、クロコンドルで椰子の木がいっぱいです。 空にも20羽以上が輪を描いてます。

クロコンドルは、世界最大の飛べる鳥アンデスコンドルの仲間で、サイズは日本のトンビぐらいのチビ助ですが、立派な死肉喰らいです。 テアカパンでは、どこにでもいる鳥ですが、これほどの数が集まるのはめったにないこと。 何か、大きな動物が死んでるのか、あるいは秘密墓地でも作られたかw(゚o゚)w? いささか緊張しました。

Sam_4391bllまずは、写真撮影ですな。 3本の椰子の木に、うようよ群がってます。 飛んでるのを含めれば100羽ぐらいはいます。 いかにも、これから飽食フィエスタって雰囲気。
Sam_4396bllほらね、ちゃんとコンドルの顔してるでしょ。 黒ずくめで、死の司祭って感じ、なかなかの貫禄です。
 
Sam_4393bllかわいい顔、してますよね。 尾が短くて、寸詰まりで、愛嬌がある姿です。
 
恐る恐る近づいて、椰子の木の下から空き地の隅々まで調べてみましたが、フィエスタの出し物になるようなものは、何にもありませんでした。 クロコンドルたち、やがて三々五々と青空に飛び立って散っていき、日差しまぶしい平和な暮れの朝になりました。 何やってたんでしょうかね?
 
ともかく、とっても素敵な生き物納めになりました。 新しい年にも、たくさんの生き物たちとの出会いがあればいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

吊り巣の鳥

Img_4056_convert_20160616060851 テアカパンの農道の脇の、鳥の巣。 上に出入り口がありますね。 全体で30cmぐらいです。 風にゆらゆら揺れて、気持ち良さそう。
 
noteゆりかごの歌を カナリアが歌うよ...、こんなゆりかごで、ネコちゃんと一緒に昼寝ができれば最高でしょうな、noteねんネコねんネコねんネコよ~、むふふ~ん( ^ω^ )。
 
Img_4060_convert_20160616061324巣があるのは、こんな道端。 しかも、道路側の、ほんの3mほどの枝です。
 
この道、ほとんど毎日通るんですが、この巣に気が付いたのは3週間ばかり前です。 もう出来上がっていて、何度か鮮やかな黄色と黒まだらの小鳥が止まるのも見たんですが、もう卵を生んだか、ヒナは孵ったかと気にしてるうちに、ここ一週間ほどは鳥の気配が全くなくなりました。
 
この手の吊り巣、けっこう方々で見かけるんですが、たいていは大きな木の枝とか、簡単に近づけないところでしてね。 今回は観察するチャンスだと思ったんですが、さっさと子育てを終わって、巣立ちしちゃったんでしょうかね?
 
Dscf8221_convert_20160616055301の主の最有力候補は、この鳥です。 Icterus pustulatus  英名、streak backed oriole. ムクドリモドキ科。 オリオールの仲間。 
 
テアカパンで、マンテケロ(MANTEQUERO)と呼ばれてる、ヒヨドリぐらいの小鳥です。
 
庭のバナナやベンガルカズラの花によく来る鳥で、果物も好きです。 ピ~ヨピヨピヨビィビィビィピィヨって、よく響く、いかにも熱帯の鳥って感じの、良い声で鳴きます。
 
まあでも、このムクドリモドキ科の小鳥には、こういう巣を作る奴が結構いて、ツリスドりなんていうのもいるらしいから、他の鳥の可能性もありますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

乾季の水鳥

Img_4029aa_convert_20160615100719テアカパン村の近くの沼ですが、今は乾季の終盤ですて、いちばん水位が低い時期です。 たくさんの水鳥たちが給餌に来ていました。
 
深さがひざ以下しかなくなってるんで、沼の真ん中でも、サギやシギ、アメリカトキコウなどの立ち系の水鳥らちがいます。 普段は、沼の中央部は、鵜とかカモとかの浮き系だけなんです。
 
テアカパンは、マングローブ地帯の半島にできた村でして、今ではほとんどが椰子やマンゴーの果樹園や耕作地、放牧地になってしまっていますが、名残りの沼や湿地があちこちにあります。 それから、灌漑や牛馬の給水のための溜池もたくさんある、ほんの3mも掘れは地下水が湧きますから。
 
そんな環境ですから、水鳥たちの楽園なんですが、乾季の終わりの今は、小さな沼や湿地は干上がってしまう。 水鳥たちは、残った水場を探して集まります。
 
Img_4029aaaa_2 クチバシを開いてエサを探す、アメリカトキコウ。 小魚やカエル、昆虫、エビ、ワニの子供まで食べる、開翼2m以上で黒いハゲ頭の怪鳥です。 僕の好みだわ~ん( ^ω^ )。
 
後ろには、ベニヘラサギいます。 幼鳥なんで、淡いピンクです。
 
Img_4028aa_convert_20160615101350 この沼には、主にチュウサギとコサギがいます。 凄い密度です。
 
これらの水鳥たちは今が営巣期、そして7月からの雨季が子育て期です。 雨期にはテアカパン半島は水浸し、小魚やカエルがうじゃうじゃで、エサが最も豊富な時期になりますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

協力者

Dscf8213_convert_20160605055714この頃、毎日のように落ちたマンゴーを食べに庭に来てくれる、小鳩ぐらいの青い鳥
 
Cyanocorax beecheii  カラス科の鳥です。 メキシコ固有種で、西シエラマドレ山脈の限られた地域にのみ分布する、希少種です。
 
Dscf8216_convert_20160605055904 相変わらず、庭のマンゴー掃除が日課です。 もっとたくさん来て、マンゴーを食い尽くしてくれれ良いのに。 まあでも、何百のうちの一個でも、こんな素敵な協力者がいると、元気が出ます。 幸せの青い鳥ですな。
 
Dscf8209_convert_20160605060354この子も毎晩欠かさず来てくれる、マンゴー掃除の協力者です。 きれいに種だけ残して食べてくれます。
 
フクロネズミの仲間。 たぶん、Didelphis marsupialis。
 
こちらでは、トラクアチェ(TLACUACHE)と呼ばれてます。 英名は、オポッサム(OPOSSUM)。 カンガルーみたいにおなかに袋で子供を巣立てる、有袋類です。
体長40cmぐらいで、尻尾も同じぐらいの長さがあります。 巨大なクロハゲネズミって姿ですね。
 
夜行性の動物で、夜道をドライブしていると、前をのそのそ横切るのをよく見ます。 けっこうたくさんいるようで、村のお年寄りの言うには、タマレスの具にすれば美味しいそうな。
 
こいつを食べようとは思わないなぁ。 せっかくの協力者だし、あまり食欲の湧く姿でもないしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

クロエリハクチョウ

Img_3549_convert_20160517104526_2 チリ中南部の港町、プエルトモントの町の外れの浜。 夕方の干潮時で、砂利浜が露出し、海鳥たちが羽を休めてます。 その中に、大きなのが4羽、浮かんでいます。 なんだろう?

Img_3555_convert_20160517104247 近づいていくと、こちらを振り向いたりしながら、悠々と沖へ泳いでいきます。

かなり大きな鳥です。 とは言っても、アメリカシロペリカンよりやや小さいぐらい。 首から上が真っ黒で、クチバシの上に、赤い肉球があります。 変な奴だなぁ。 ひょっとして、逃げ出してきた、デブアヒルかな?

Img_3555a でもね、家禽にはない、しなやかな精悍さが感じられるのね。 うぬぬ、これは野生の鳥だな、と直感しました。

Img_3555aa拡大写真。  ともかく今までに見たことがない鳥です。

調べてみましたら、この鳥、ハクチョウの仲間で、クロエリハクチョウ、Cygnus melancoryphusでした。  現地では、シスネ・デ・クエジョ・ネグロ(CISNE DE CUELLO NEGRO、クロクビハクチョウ)と呼ばれているようです。 英名は、ブラック・ネックド・スワン(BLACK NECKED SWAN)。 南米大陸唯一の白鳥で、ブラジル、パラグアイから、パタゴニア地方全域で見られる。 南半球では最大の水鳥だが、ハクチョウの仲間では最小種とのこと。 そういう目で見れば、シックな装いで、なかなか優雅ですな。  なんだアヒルかよって、見逃さなくて良かった(^ω^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

ブラウンペリカン

Img_2321_convert_20160323025341 テアカパンの浜のブラウンペリカン、Pelecanus occidentalis
 
メキシコでも、アメリカでも、チリやアルゼンチンでも、海岸ならどこにでもいる鳥です。 特に漁船の船溜まりには、漁獲物のおこぼれを狙って、うようよいます。
 
Img_2318_convert_20160323025524 頭が白い奴は、成鳥です。 茶色なのは幼鳥。 上の写真のクチバシの下の袋が赤い奴は、婚姻色だと思います。
 
Img_2315_convert_20160323030641 左の子なんて、いかにも頼り無さげです、巣立ちしたばかりかな? 漁師が言うには、湿地帯の奥のマングローブ地帯の中にコロニーがあって繁殖しているそうな。
 
Img_2317_convert_20160323030238 翼を広げると2m以上ある大きな鳥です。 日本の公園の池にいるコブハクチョウより大きいと思う。
 
テアカパンには、このブラウンペリカンの他に、真っ白でクチバシと足が黄色いアメリカシロペリカンもいます。 アメリカシロペリカンは淡水や汽水のみにいます。 ブラウンペリカンは、海岸の鳥です。
 
Img_2358_convert_20160323024420 外洋に面した浜にもいます。 上空から海面にバチャンとダイブして、魚を獲ります。
 
ご覧のように、アヒルみたいに海面に浮くこともできます。 足には立派な水かきもあります。 でも陸上では、よちよち歩きです。
 
Img_2351_convert_20160323024848 飛翔中のブラウンペリカン。 もちろん飛べます。 なかなかの飛翔力で、海面すれすれに滑るように飛んだりもします。
 
もう30年も前のことだけど、初めてアメリカに行って、ロサンゼルス空港からサンタモニカの桟橋に連れて行かれた。 ブラウンペリカンがたくさんいて 、観光客から餌をもらっていた。 魚を投げると、クチバシで上手に受けて、ちょんちょんと持ち直すと、コクっと飲み込む。 可愛い~。 僕はてっきり、飼われてるんだと思った。 だって僕には、ペリカンは動物園の鳥、野生でいるなんて夢にも思ってなかったからね。 それから、あちこちの海岸に行っても、どこにでもペリカンがいる。 野生なんだと気が付いたとき、異国に来たなとしみじみ思ったもんです。 ペリカンがいる海岸の風景、なかなか良いなとも。
 
日本に移入してみればどうだろう? ペリカンで村興し、なんてね。 魚を根こそぎ食い荒らして、外来種ワーストNO1になったりしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧