南米の旅

2018年4月24日 (火)

サンチアゴの秋

075pukipukiチリの首都、サンチアゴ(SANTIAGO)にいます。

南緯33度。 人口約600万人。 標高約500m。 海岸から数十キロ内陸のアンデスのふもとにある街です。 新雪の雪山が遠くに見える。

地中海気候で、年中気候温暖。 降雪は極めて稀で、去年何十年かぶりに雪が積もったって大騒ぎになったそうな。 中秋の今は、朝方はひんやり涼しく、昼間は初夏の陽気。 快適そのものの気候です。 

078pukipukiサンチアゴは、大好きな街。 明るい空と乾いた空気。 広いスペース。

083pukipuki街並みも、そこそこ清潔で、そこそこ静かで、諸所にラテンの陽気さ、磊落さが散らばっていて。 とっても安らぐ街。 今のところ、南米の大都会では一番好きだ。 ただ、チリは今は通貨が強くて物価が高いし(ワインは安いけど)、食べ物がエクアドルやペルーに比べてバリエーションが乏しくてイマイチではあるんだけど。

073pukipuki色づく街。 紅葉らしい紅葉をみたのは何十年ぶりだろうか? 僕が住むメキシコにはないんだよな、こんな紅葉は。

029pukipukiカエデの類の紅葉も。 写真では冴えないけど、秋の日差しに輝いて、青空に溶けだしそうだ。

030pukipuki郊外に出ると、こんな風景。 チリもね、だいたい砂漠気候です。 野山は半ばハゲ山で、谷沿いには樹が茂る。 カリフォルニアみたいな風景だ。 そうそう、この辺りはブドウの大産地で、ワイナリーがあちこちにある。 チリワインを育んだ大地だね。

014pukipuki田舎でも道路は広く、家も立派、敷地も広い。 リンゴ畑はたわわに実り。 実りの大地だね。

022pukipuki川沿いにはポプラの仲間の森が続き、黄葉がきれい。 メキシコには絶対にない風景だ。 こんなところの小さな村なら、住んでみたいと思うな。 果樹園の奥の山裾の、暖炉のある小さなログハウスで...、なんてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

晩秋のパタゴニア

047pukipuki束の間の晩秋の入日に映える、プエルト・モント(PUERTO MONTT)の街。

チリに来て、4日になります。 今僕がいるプエルト・モントは、南緯41度。 パタゴニアの入り口になります。 4月の今は、日本の10月にあたる。 もう晩秋です。

035pukipukiいつも霧のような雲が空を覆い、小雨が降り続く。 風も強いです。
002pukipuki雪山が間近にそびえています。 カルブコ(VOLCAN CALBUCO)火山。 標高2003mの活火山です。

007pukipuki家並みも野山も、寒い地方の趣です。

031pukipukiレストランには、薪ストーブが赤々と燃える。

010pukipukiさらに南の、チロエ島にも行きました。

046pukipukiどこへ行っても、小雨と霧ばかり。 気温は10度ちょっと。 常夏のメキシコ楽園の住民には厳しい気候です。

055pukipukiプエルト・モントの安食堂。 仕事帰りの労働者たちが集い、ピールやワインを呷る。 チリでは、こういう庶民食堂が、量が多くて美味しい。 まあ、どこの国でもそうなんでしょうけど。

022pukipuki晩秋のパタゴニアの庶民食の白眉は、何と言ってもカスエラ(CAZUELA)でしょう。 これは、牛ばら肉のカスエラ。 ジャガイモやコーンも入った、熱々の野菜たっぷりスープ。

明後日には、北へ向かいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

砂漠の国

074pukipuki_2航空機より望む、ペルー北西部の町、チクラヨ(CHICLAYO)。

バナナだらけのエクアドルの海岸地方を巡り、標高2800mの首都キトの町に2日いて、今はペルーにいます。 緑豊かなエクアドルから一変して、ペルーの太平洋岸は完全な砂漠気候です。 砂と岩山と、日干し煉瓦の街並み。

078pukipukiチクラヨ郊外の、水田。 このあたりは近年、灌漑水路が整備され、大農業地帯になっています。 特に米とサトウキビの大産地です。

でもペルー西海岸には、大アンデスから河川が流れ下り、地下水も豊かです。 そして、南極海から北上する寒流、フンボルト海流の影響で、低緯度なのに暑くない、気候きわめて温暖。 地中海気候というやつです。 古代から人が住み、高度な文明が育まれた。

017pukipuki_2 ペルーの、セビチェ(CEVICHE)。 セビチェは、中南米の魚のライム絞め料理です。 ペルーのは、大喜利の生魚をたっぷりのライム汁で白くなるまで絞めて、紫玉ねぎを散らしてあります。 真ん中の白いところがそうですが、付け和わせが揚げコーンやらサツマイモやら、揚げジャガイモ餅やら煮豆やら蒸しユカイモやら、豪勢です。 ペルーもエクアドルも、食べ物が美味しいのが良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

バナナが主食

065pukipukis夕暮れ時のマチャラ市の中央公園。

エクアドル南部の海岸の町、マチャラ(MACHALA)にいます。 人口約50万人。 南に1時間走れば、ペルーとの国境です。

赤道直下の海岸の町ですから、暑いには暑いんですが、心地良い範囲の暑さです。 シナロアの夏の雨季のさなかに比べればはるかに過ごし易い。 夕方には涼風が吹いて、快適な夕涼みができる。 年中、気候に大きな変動はなく、むしろ5月から11月がやや涼しいそうな。 南米の町は、どこも気候が良いのよね。

050pukipukiマチャラの市場。 巨大スーパーもありますが、昔ながらの市場もあって、大きくて活気があります。 生鮮食品はメキシコより安いんじゃないかな。 例えばジャガイモが10パウンド(4.5キロ)で1ドルちょっととか(100円ちょっと)。 バナナ20パウンド(中ぐらいの房ひとつ)で1ドルとか。 ちなみにエクアドルでは、通貨はアメリカドルで、重量単位はパウンドです。

041pukipukiバーベキューの屋台。 大きな肉串が1本1ドル。 エクアドルでは屋台はあるけど、メキシコのように屋台が辻ごとにあって何でもそろうってことはないです。 それがちょっと寂しいかな。 そのかわり、安食堂が軒を連ねてて、満腹定食が2ドルからあります。

021pukipuki_2この地域で目に付くのは、何と言ってもバナナですな。 スーパーでも市場でも、バナナが山積みです。

006pukipuki延々と続く、バナナ畑。 写真悪くてすみません、大きな葉っぱ、みんなバナナの木です。 何十分走っても、バナナばっかり。

地元の人は、マチャラはバナナとカカオとエビだらけと言いますが、まずはバナナです。 そしてね、果物としてじゃなくて、緑で固い未熟のバナナを調理して、まるで芋みたいな感じで食べる。 まあ、調理に使うバナナは、果物バナナとは品種が違うんですが。 もっと大きくて、少し角張ってていかついです。

ともかく、どんな食事にもバナナがついてきます。 ここの人たちの主食は、バナナです(きっぱり)。

027pukipuki揚げジャガイモみたいですが、これは揚げバナナ。 緑の固いバナナを皮ごと縦に真っ二つに切って皮を剥き、切って油で揚げたもの。 甘みは無く、ホクホクしてます。 塩をふったり、ケチャップやマヨネーズを付けて食べる。 食事前の前菜や付け合せに必ず出て来ます。

030pukipukiこれは、生魚介の酢絞め、セビチェですが、マチャラでは揚げバナナがついてきます。

Pukipukiこれは、揚げユカイモ(キャッサバ)とサツマイモを蒸したもの。 これらもバナナほどじゃないですが、料理についてきます。

026pukipukiこれはね、レペ・マリノ(REPE MARINO)って言うこの地方の名物料理、魚介の濃厚スープなんですが、クリームソースみたいなのがベースでしょう? これね、バナナのソースなんです。 ええっと思いましたが、こってりさっぱり、美味しいです。 そしてほのかにバナナの香り、驚きの味です。

052pukipukiこれは軽い昼食のメニューですが、豚バラの煮込みに白いご飯(エクアドルは稲栽培も盛ん)。 それから左の黄色い玉ね、ボロンシト(BOLONCITO)と言いまして、緑のバナナをつぶしてチーズをかませて揚げたもの。 テニスボールぐらいあります。 ご飯に乗ってるのも、緑バナナの揚げ餅です、名前忘れちゃった、ごめんなさい。 これらはイモにはない旨味と香気があって美味しいです。 それから、特にボロンチトは、これだけで満腹するボリュームです。

バナナだらけのマチャラ、ここはバナナの国ですね。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

赤道直下の町の冬

006pukipuki航空機より望む、パナマ運河の太平洋側の入り口。

009pukipuki南に隣接するパナマシティ。 凄い高層ビル群です。 中南米の大都会のスケールには圧倒されます。

028pukipukiグアヤキルに来ました。 エクアドルの、人口300万を超える港湾都市です。 南緯2度の、ほぼ赤道直下にあります。

エクアドルの人たちは、1月から6月が冬、7月から12月が夏と季節を分けていますが、グアヤキルは年中暑いです。 赤道直下で標高ゼロですもんね。 むしろ冬の今が雨が多く気温も若干高くて蒸し暑いそうです。 それでも最高気温はせいぜい30℃ぐらい、朝方には25以下になります。 僕が住むシナロアの夏よりずっと過ごし易いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

ブラジルのジュース

019jigopukiブラジルって、果物が豊富のイメージでしょ。 今回は忙しくて、残念ながら見て回れなかったんだけど。 車の窓から、椰子の実や果物が山積みされた露店や、フルーツで埋もれてしまいそうなジューススタンドを横目で見て、悔しい思いをした程度で。

フルーツを味わったのは、ホテルの朝食のバッフェぐらい。 カットフルーツは、パパイヤにマンゴー、メロン、スイカ、パイナップル程度だけど、どこでもジュースが4種類ぐらいあって、オレンジ、マンゴー、パパイヤ、スイカなんかのの定番に加えて、珍しい種類もあった。

上の写真、左はピンクのグアバ、右はアセロラです。 他にもね、パッションフルーツとか、真っ赤なキイチゴ(モラ)とか、緑色のハーブミックスとか。 で、そのジュースがね、ほとんど果物だけをミキサーにジャーッとかけただけ。 だから果肉のかけらがいっぱいで、ドロリとしてる。 それから、砂糖が入っていない、果物だけの味だ。 どこのホテルでもそうだったから、これがブラジルのジュースの飲み方らしい。 普段飲んでるジュースに比べて甘みが足りなくて、最初は戸惑ったけど、慣れてくると美味しいんだな、これが。

朝食まえに、まずコップ一杯の果物そのもののジュースを一気に飲み干す。 ビタミンCで目がパッチリ開き、朝の光がきらきら水晶体に差し込んでくる。 種類を変えて、もう一杯。 胃袋が目覚め、フルーツの精気が体の隅々に満ちていく。 ブラジルの一日の始まり~( ^ω^ )。

184pukipukipuki街の食堂の、ジュースのメニューです。 なかなか種類が豊富。 なんだか分かります? 分かんないでしょ。 僕も、さっぱり分からなかった(≧ヘ≦)。

スペイン語で何とかなると思ってたんで、ポルトガル語は全然勉強してこなかったから、果物の名前、全然分かりまへん。

それでね、何か珍しいものを注文してやろうと思って、うん、このABACAXI(アバカシ)って何だろう、きっと見たこともない果物だぞ。 注文を取りに来たお兄さんに、コレナンダ? あ~、ABACAXIね、こんなに大きくて、でこぼこで、ガサガサしてて、上に王冠みたいな葉っぱがあって、凄い良い香りなんだ...。 お兄さんのポルトガル語、良く分からないんだけど、どうもそんな感じ。 うむ、ではそれにする! 期待に胸が高まります。

186jugopuki出てきたのは、これ。 うん?、この味には憶えがあるぞ、もしや...。 あとで、キッチンで確認しましたら、やっぱりそうでした。 ABACAXIって、パイナップルのことだったのね(´・ω・`)。

197jugopukiさて、これは何でしょう? そうです、噂のアマゾンのスーパーフード、アサイーです。 僕は知らなかったんですが、日本でブームなんですって?

椰子の仲間の銀杏ぐらいの実の果肉だそうで、こんなふうにジュースみたいになったのが、道端のスタンドや食堂で飲めます。 甘酸っぱくて、ちょっと粉っぽい、たぶん砂糖や酸味で飲みやすくしてあるんだと思います。

027jugopukiこれは、街道のガソリンスタンドの軽食喫茶の販促ですが、各種アサイーデザートが目玉です。 アサイーって飲料以外にも、いろんな利用方法があるようです。 話によれば、料理にも使うらしい。 まあ、他にも知られざる食材、いろいろあるんでしょうな。 ブラジルの地方都市に住んで、季節の食材の郷土料理をマスターしてみたいもんです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

椰子の実オープナー

146pukipukiサンパウロの公園の、椰子の実売り。

ブラジルでは、ちょっと郊外に出れば、広大な椰子の畑がありました。

004pukipuki椰子の実の水は、凄く一般的な飲み物です。 観光客向けじゃなくて、普通の地元の人が行くレストランでも、こうして椰子の実にストローを突っ込んだのが出てきます。

でね、よく見ると、きれいに真ん丸の穴があけてあるのね。 いえね、僕が住むメキシコ西海岸でも、もちろん椰子の実はあるんですが、マチェテでがりがりやって開けるんで、穴は円形でないし、マチェテの錆で汚れてたりする。

う~む、ブラジルは進んでるなぁ、どうやって穴をあけてるんだろうか?

020pukipukiなんてしげしげと見てたら、同行の御嬢さんが、簡単よ、ほら、と実演してくれました。 椰子の実の片方をマチェテで削って、穴あけ道具をポンと刺して、スポンと抜いて、はい一丁上がり。

おお、凄い凄い。 こんな道具、メキシコでは見たことないぞ。

013pukipukiと言うわけで、椰子の実オープナー、買って来ました。 ブラジルでは、普通に家庭でも使われてる道具で、荒物屋にも売ってます。

008pukipukiメキシコに戻って、さっそくやってみました。 椰子の実を、茶色の内殻が出るまでマチェテで削る。 ここでオープナーを差し込もうとしたんですが、内殻が固くて突っ込めない。 ブラジルでは、殻ごとポンと穴が開いていたのに。 ブラジルの椰子の実は、若い実だったのか?

仕方がないんで、内殻をマチェテでカチカチ削って白いコプラを露出させる。 普通はここに、マチェテの切っ先を当てて穴を開けます。   

001今回は、写真のように、椰子の実オープナーをあてがいます。

002poグイと突っ込む。

011pukipukiくるっと回して、スポンと抜く。

003pukipukiほらね、まん丸に、きれいに穴が開きました。

012puさっそく、ストローを突っ込んで、ちゅうちゅう、ブラジルの旅を偲ぶ。

しかしね、これでは労力は同じです。 穴はきれいに開くけど、あんまり意味がないなぁ。 まだ内殻が柔らかい、若い実で試してみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

ブラジルのレストランで食べたもの

今回のブラジルの旅で、レストランで食べたものを、ざっとお見せしますね。

071sonotaフォルタレザ郊外の漁村にて。

手の平サイズのカニなんですが、ハーブを利かせて蒸してあります。 ハサミを叩き割り、足をしごき、甲羅を外して身をせせる。 有るような無いような僅かな身です。 黄色いスープもカップにとって、ちびりちびりと飲みます。 スープは濃厚な味で美味しい。

ところでね、僕が住むメキシコ西海岸にも、マングローブの湿地にそっくりなカニがいます。 たまに我が家に迷い込んでくるぐらい。 でも、だれも見向きもしないのね。 だから、このカニが出てきたときは、ぎょっとしました。 これ、食べられるのかねって。

003sanotaでもこのカニ、ここいらの名物らしくて、レストランの前には巨大なカニが。 所変われば、ですなぁ。

076sonota羊肉のホットプレート焼き。 これも、チュラスコと呼びます。

166sonotaこういう鉄板で焼いた焼肉もチュラスコです。 ブラジルでは、焼いた肉なら何でもチュラスコと呼びます。 単に、焼肉って意味みたい。

ブラジルの焼肉は、しっかりと脂が残してあって、塩味もしっかり効かせてある。 それを、薄味のご飯とか、揚げイモや揚げマンディオカ芋と食べる。

167sonotaローストチキン。 ちゃんと丸ごとを、炭火のオーブンで焼いてあります。 写真を撮ろうと思ってるはなから、ドンドンと解体されてしまった。 これも、塩味しっかりです。 皮がパリッと焼けてて、肉はシューシー。 美味しいです。 ブラジル人は、炭や薪での焼き物は、慣れてるなぁって感じで、外れなし。

077sonota_2ブラジル人は、ご飯をよく食べる。 なんにでも、こんな風にご飯が付いてきます。 ほんの少し味がついた白ごはん、ハーブが効いたご飯、黄色くてチャアハンみたいなのとか、いろいろある。  それに豆とか肉の煮物とかソースとかを絡めて、がつがつ食べるのね。 そういえば、エクアドルやペルーも、米食が多かった。 対してアルゼンチンやチリはパン食寄り、向こうは白人が多いからでしょうかね?

007sonotaフライドポテトみたいですが、これ、揚げマンディオカ芋です。 何にでも、付け合せとか別皿で出て来ます。 ブラジルでは、ジャガイモよりこちらが主流。 ホクホクして美味しいです。 僕はジャガイモより、こちらが好き。

008sonota海岸地方では、魚介も食べます。 これは、ハタのフィレーの鉄板焼きに小エビを絡めたハーブソースをトッピングしたもの。 オリーブオイルとニンニクが効いてます。

015sonotaこれは、干し肉の炒めサラダだそうです。 普通の焼肉とは違った、乾いて締まった風味がありました。

103sonotaこれなんですがね、ファロファと言いまして、マンディオカ芋から作った、特に特徴のない味の、ポロポロした粉なんですが、何の料理にもついてきます。 ブラジル人は、こいつを肉にまぶしたり、ご飯にごっそり乗せたりしてます。 僕にはぜんぜん美味しくないんですが、ブラジル料理には絶対に欠かせないものらしい。 こういうのも、食べつけてるうちに、好きになるんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

マンディオカ

012mandiocaフォルタレザ郊外の、マンディオカ畑。

マンディオカって、馴染みのない名前でしょうか? 日本では、キャッサバのほうが、通りがいいんですかね? 学名、Manihot esculenta、 トウダイグサ科イモノキ属の熱帯低木。 メキシコや中米、エクアドル辺りでは、ユカと呼んでいます。 熱帯気候の海岸地方で栽培され、地下茎を利用します。 準主食になっている地方もあります。

034mandiocaブラジルでは、スーパーにも売っています。 下の、切り口が白い芋がそうです。

166mandiocaフレンチフライみたいですが、これ、マンディオカ芋の揚げたのです。 ブラジルでは、ジャガイモより、このマンディオカ。 どこの食堂でも、こんな風に出てきます。 ジャガイモに比べると、少し繊維質で、ポクポク荒いでんぷん質で、ほのかに苦いような風味がある。 僕は断然、揚げマンディオカの方が好きです。

025mandioca茹でたのも、料理の付け合せで出てきます。 写真悪くてすみません、右下の白いのがそうです。 ジャガイモよりホクホクしてて、それでも野菜っぽくて、じつにさっぱりしてます。 かつお節をふって出し汁をかけても美味しそう。 これも僕の好みです。 メキシコでも、もっと普及すればいいのにね、マンディオカ。

089tapiocaマンディオカからとったデンプンは、タピオカという名前になるようです。 スーパーにどっさり売ってます。 純白の粉を水でちゃちゃっと溶いて、鉄板に流すと、クレープみたいに固まります。 純白で無味無臭、まるで梱包に使うクッションシートみたいに泡が入っていて、ゴムみたいに伸び縮みし、フニャフニャです。 これ、ブラジルの、朝飯の定番だそうです。

101tapiocaトルティージャみたいに、具を包んだり。

125mandioicaチーズを挟んで半分に折ったのが、朝食に出てきたりします。 残念ながら、グニャグニャしてて、プ二プ二してて、僕にはちっとも美味しくないです。

他にも、タピオカのパンとかお菓子とかも、いろいろあるようです。 僕は麺とトルティージャ以外の粉物は好きじゃないので良くわかりませんが、ブラジルの食べ物は、タピオカだらけのようです。 タピオカのパンもお菓子も、やっぱりプヨプヨグニャグニャしてて、苦手。 これは、いつまでたっても、好きになりそうもないなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

フェイジョアーダ

フェイジョアーダは、ブラジルの、黒豆と豚肉の煮込み。 僕の予備知識は、それだけだった。

中南米では、豆をよく食べる。 僕が住むメキシコでも、フリホレスと言って、主にインゲン豆だが、膨大な種類の煮豆やペーストの料理があって、3度の食事に必ずついてくる。 豚やソーゼージ、ベーコンが入った煮込みスープも普段から食べている。 だからまあ、フェイジョアーダって豆料理、そんなに関心はなかった。 機会があったら食べてみようかな、ぐらい。 フリホレスは、メキシコでも特に好んで食べはしないしね。

ブラジルも最終日、サンパウロの中途半端な待ち時間に、日替わり定食がある軽食食堂に入った。 水曜日はフェイジョアーダの日となっている。 同行の部長殿に、これはブラジルの名物料理だからと説明し、オーダーした。 自分の分は、料理人が勧めた、やっぱりブラジル郷土料理の肉の煮込み料理を頼んだ(名前忘れた)。

193fejioada部長殿に運ばれてきたのがこれ。 右の土鍋の黒い奴がフェイジョアーダです。 あと、軽く味が着いたライス、青菜の炒め物、焼いた豚ロースが別皿。 黄色いのは、ファロファというマンジョイカ芋の粉。 このコンビが定番らしい。

193fejioadaaaaフェイジョアーダ。

黒豆と骨が入った豚の皮、たぶん豚足と顔の部分だと思う。 豆も豚皮も煮崩れ一歩手前まで煮込まれている。 ご飯にかけて、ファロファをまぶしていただくとのこと。 この料理は、元々小食で旅で疲れた胃袋には重すぎたようで、部長殿は半分以上残してしまった。

194feijyonこちらは、僕のほう。

こちらも大盛りだったので、平らげると満腹になったが、部長殿のフェイジョアーダにスプーンを伸ばしてみた。 どろどろの黒豆と豚皮をすくって口に含む。 塩味が口に広がり、次に豆の紛質とニンニクの香り、豚皮の濃厚な風味。 けっこうさっぱりした味だ。 なかなか旨いぞ。 やや強い塩味が、ご飯に合うなと直感した。 これは、がつがつ食べられそうだ。

でも、そこまでだった。 それ以上を食べるスペースは、僕の胃袋には残っていなかったから。

フェイジョアーダは、僕のブラジルの忘れ物になった。 こんど行ったら、豚の頭も鼻も内蔵もぶち込んだフェイジョアーダを、必ず食ってやろう。 労働者や学生でごった返す、庶民の安食堂でね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧