農業見習い

2016年2月 9日 (火)

春の花園

Img_1993_convert_20160207102759 我が家の隣の空き地ですが、野の花がいっぱい、見事なお花畑です。 春ですからな。
 
と言うかですな、これね、僕のトマティージョ畑なんです。 

http://teacapan.cocolog-nifty.com/blog/cat63906966/index.html

花を咲かせてるのは、雑草ばかり。
 
11月に苗を植え、12月から今までに、3回収穫しました。 その間、暇を見て除草してたんですが、雑草ども灌水するたびに勢いを増し、とうとうこんな具合です。 畑を歩くこともままならないありさま。 OTTOおじさんのトマティージョは雑草に埋もれ瀕死の状態。 まあもう寿命でもあるんですけどね。 おまけに、トマティージョ、大暴落。 キロ6.5ペソだったのが、今は2.5ペソ。  摘み子さんの労賃払ったら赤字です。 と言うわけで、これにて終了、来週はトラクターを入れます。
 
Img_1998_convert_20160207102956 お別れに、一人で最後の収穫をしました。  約10キロ。 自家消費用です。 サルサにして、冷凍保存します。
 
収穫総量、2.2トン。 売り上げ、10500ペソ(約7万円)。 肥料代、農薬代、灌漑チューブ、それから灌漑ポンプ借り賃、トラクターと馬の代金、積み子さんへの支払い、ピコロ師匠へのお礼など、支出が総額10800ペソ。 300ペソの赤字となりました。 う~ん、残念。 
 
ピコロ師匠、あと2週間、値段が保ってれば儲けが出てたのにね。 まあそんなもんだよ、OTTO、お前が採れてるときには、他所でも採れてるんだよ、もうちょっとこまめに手入れしてたらあと500キロほど上がっただろうけど、値段がこうなら仕方ないよ。 まあ、この3か月ばかり、毎日楽しかったです。 またチャレンジしようと思います。
 
Img_2011_convert_20160207103527 最後に、トマティージョをご存じない方、これがそうです。 上のようにホオズキみたいに皮を被ってますが、中身が大きくなってくると皮が破れます。 日が当たるところは紫色になることもあります、ナス科の植物ですからね。 味は、思いっきり酸っぱいトマトって感じです。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

トマティージョ初収穫

Img_1124_convert_20151228073757トマティージョ、一回目の収穫。 11月19日に苗を植え、48日目です。 師匠のピコロさん、収穫を手伝ってくれたロビンさんファミリーと記念撮影です。 見習い農夫OTTOおじさんの、記念すべき初収穫。 いやいや、感激ですな、むはは。

Img_1118_convert_20151228074403僕のトマティージョちゃん、こんな感じで、成ってます。 ホオズキみたいに皮をかぶっていまして、中に小さなトマトみたいな実があります。 指でプヨプヨと皮の上からつまんでみて、実の大きさを確かめる。 大きくなっていれば摘み取ります。

Img_1111_convert_20151228074153枝葉をかき分けて、一つ一つ摘んで、バケツに貯めて行きます。 バケツがいっぱいになったら、緑の網袋にざらざらっと流し込む。 バケツ4杯で、袋がいっぱいになります。

Img_1113_convert_20151228074725これが、トマティージョです。 日本にはなじみのない果菜ですが、メキシコでは、緑のサルサに欠かせない材料でして、どこの八百屋でも売ってます。

Img_1115_convert_20151228074954収穫には、師匠のピコロさんの知人のご夫婦が来てくれました。 3人のお子様たちもお手伝い。 一袋に対して28ペソ(220円ぐらい)の歩合給です。 半日がかりで13袋。 

Img_1116_convert_20151228074542ロビンさんご夫婦の3子息。 こいつらとんでもない悪ガキでしてね、畑の中で追っかけっこはする、苗は引っこ抜く、踏んづける、上に寝転がる。 目が離せなくて、疲れた~。 おっ、めずらしく真面目にやってるじゃん、よしよし、と見に行ったら、あぎゃ~、まだ小さいも実もみんな摘んでる~。 お前ら、ちゃんと仕事せんかい、こら待て、逃げるな...、痛てっ(トマティージョが飛んできて鼻に命中)。 逃げ足は速いのね、日頃から逃げ慣れてるようですな、く~(ρ_;)。

本日の収穫は、375kgでした。 早速、隣村の仲買さんに来てもらう。 現金払いです。 キロ6.5ペソ(約50円)。 初売り上げは、締めて2437.5ペソ(2万円弱)になりました。 ロビンさんに給料を払い、ピコロ師匠にお礼を渡したら、手元に残ったには1000ペソです。

今までに3000ペソ少々投資してまして、あと雑草を抜いたり、薬を撒いたり、けっこう手もかかってます。 あと2~3回収穫できるそうで、次回は1月の第2週に予定してます。 今回の農地面積は2000m2ですが、豊作ならトータルで2トンほど収穫できるとか。 だいたい半分のペースです。 当初の予想通り、今回は投資回収がやっとで、タダ働きになりそうです( ^ω^ )。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

トマティージョ初成り

Img_0884_convert_20151207085344隣の空き地(いちおう農地ですな)にトマティージョの苗を植え付けて、もうすぐ一か月になります。 http://teacapan.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-4a2a.html

大きな実は金柑ぐらいになったので、試しにちょっと摘んでみました。 記念すべき初成り、初収穫ですなnote。 ずっしり重くて良い感じ。 今夜、サルサにしてみよう。 倍ぐらいになれば、収穫適期です。 一回目の収穫は、新年あたりを考えてます。

Img_0885_convert_20151207090049ほらね、あんなヒョロヒョロだった苗が、ずいぶん大きくなったでしょう。 今までに、根切り虫対策として農薬散布一回、それから配合肥料を一回施肥。 来週、2回目の施肥を予定。 あと先々週、師匠のピコロさんが馬を引いてきて、中耕をしてくれました。 結構手がかかります。

Img_0886a_convert_20151207090921トマティージョの花です。

Img_0881_convert_20151207085829まあね、ご覧のように、ちっとも揃って育ってないんですけどね。 数メートルも全滅してるところもある。 敗因は、苗が徒長気味だったこと、それからやっぱり植え方にも問題があったか? 僕が植えたところのほうが、欠株が多い~(ρ_;)。 あと、かなりの苗が根切り虫にやられました、被害が目立ってから農薬散布したんですが、植え付け直後にしとくべきだったかな。

まあ、こんなもんだよ、OTTO、最初だからな、豊作とは言えないけど、一応収穫はできるよ。 ピコロさん、いくらぐらい儲かるかな? うむ、今のままの値段だと、苗代や農薬代とトントンだな。 はぁ? タダ働きってことだよ、でもお前の畑だ、毎日楽しいだろ。 く~(-_-X)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

百姓見習い

我が家の横隣りの空き地で、農業をやってみることにしました。 農業って大げさですが、農地の広さはほんの2000m2ほど。 こちらの農業って、最低数ヘクタールが単位なんで、遊びみたいなもんですが、大きなチャレンジです。 OTTOおじさん、実は農学修士なんです、でも今まで実践の農業経験は皆無、百姓は長年の夢だったんですゥ~(o^-^o)。 

作るのは、初心者向けの強健作物、トマティージョ(TOMATILLO)です。 トマトの仲間ですが、緑色でホオズキみたいに皮を被ってる奴で、緑のサルサに使う。 トマティージョについては、以前に記事にしていますのでご覧ください。

Img_0486_convert_20151121063437近くの圃場で、苗を買ってきました。 なんだか葉ミツバ、みたいにひょろひょろです、心配だなぁ。

Img_0498_convert_20151121063215でももう花が咲いてます。 心強くもあり、さらに不安でもあります。

Img_0495_convert_20151121073832農業経験豊富なアミーゴ、ピコロさんに教えてもらうことにしました。 ピコロ師匠、一本ずつ手で穴を掘って植えて行きます。

こんな具合に植えるんだ、オレがやってやるから、とりあえずオマエは見ときな。 へへへ、ありがたいですな。

半日がかりで、約2000本の苗を植えました。 と言うか、植えたのはピコロさんがほとんどで、百姓見習いのOTTOおじさんは、周りをウロウロしてただけなんですけどね。

Img_0666_convert_20151121062923休む間もなく、灌漑のためのチューブをセットします。

今日はここまでだ、OTTO。 明日ポンプを持って来て、井戸から水を引こう。 ピコロさん、苗しおれて頭を垂れてるけど大丈夫なの? ああ、朝には起き上がってるよ、まあ枯れる苗もあるから少し残してあるんだ、根っこを水に浸して日陰に置いときな。 はい師匠! ピコロ師匠のおかげで、初日無事(たぶん)終了です。

いやぁ、疲れました、何にもしてないのにね。 宮沢賢治への道は厳しいですな、こりゃ。

ああOTTO、水を引く前に肥料を入れるから、明日はクワを用意しときな。 みんな手作業でやるんだ、こんなちっぽけな農地だからな。 はい、師匠\(;゚∇゚)/。 う~、ぎちぎちと鳴る汚い掌を、持つことになりそうです。

収穫開始予定は、1月半ばであります。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)